看護学生のための総合情報サイト

宮城病院 ※採用窓口は国立病院機構 北海道東北グループ【合同募集】

  • 病院所在地:宮城県
  • 病床数:344床
  • 看護師数:182人

宮城病院 ※採用窓口は国立病院機構 北海道東北グループ【合同募集】
  • "choice"すると、病院からパンフレットや見学会などの詳細が受け取れます。
合同募集病院
病院データ
名称
宮城病院 ※採用窓口は国立病院機構 北海道東北グループ【合同募集】
名称フリガナ
ミヤギビョウイン
病院種別
公的病院
設置体
国立病院機構
診療科目
内科、神経内科、呼吸器科、消化器科、循環器科、歯科、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、アレルギー科
開設年月日
昭和14年2月28日
病床数
344床
職員数
267人
看護師数
182人
院長
永野 功
看護部長(総師長)
中野 良子
採用・待遇
雇用形態
正職員  
募集職種(取得見込)
看護師  
採用人数
15人
応募資格
2018年卒業見込み者
提出書類
履歴書等
初任給(手当込み)
看護師(大学卒)272,000~311,000円      
看護師(短大3年卒)263,000~299,000円               
看護師(短大2年卒)275,000~291,000円               
助産師275,000~312,000円 

※夜勤手当については、都度お支払いしております。
初任給(基本給のみ)
看護師(大学卒)200,600円                      看護師(短大3卒)191,000円                     看護師(短大2卒)182,900円                     助産師203,400円
手当
夜間看護手当・夜勤手当:二交替夜勤1回当たり手当額  概ね10,500円
            三交替夜勤1回当たり手当額  概ね5,000円
その他:住居手当、通勤手当、扶養手当、寒冷地手当、超過勤務手当(時間外
    勤務手当)、地域手当、救急呼出等待機手当、専門看護手当
    診療看護師手当、特殊業務手当など      

※夜勤手当については、都度お支払いしております。
昇給・賞与
賞与/年2回 4.1カ月 (6月、12月)
年度末賞与/最大 0.5カ月

昇給/年1回(基本給の約4%アップ)
※勤務成績優秀者にさらに加算
勤務地
宮城県宮城県亘理郡山元町高瀬字合戦原100
勤務地詳細地区
宮城県(県南エリア)
勤務形態
•4週8休の交替制勤務
〈勤務例〉三交替制
・日勤 / 08:30 ~ 17:15
・準夜 / 16:15 ~ 01:00
・深夜 / 00:30 ~ 09:15
※遅出シフトあり
休日・休暇制度
週休2日制、祝日代休制度あり(年末年始含む)、年次有給休暇 年間最大20日(繰越最大20日間)の他、夏季休暇、結婚休暇、産前産後休暇、忌引き休暇、子の看護休暇などの制度あり
福利厚生・加入保険制度
厚生労働省第二共済組合、厚生年金
研修制度・教育制度
あり  国立病院機構病院共通の育成計画に基づいて院内教育を企画しています。
新卒看護師の一年間の教育について述べます。
採用時研修・・・他部門の採用者と共に『社会人として』『国立病院機構の職員として』の研修を行います。
看護技術研修・・・採用研修後二日間に集中して行う研修と、その後4月中は週に1回午後の時間を使って行われます。これは多くの技術研修を全て集中して行うと新卒看護師の負担が大きくなるため分散して行っているものです。
病棟での新卒看護師・・・先輩看護師と共に行動して病棟の日勤としての一日の流れを学ぶところから始まります。また、病棟で教育委員が中心となり、集合研修での学びを深められるように丁寧に関わっています。各部署には新卒看護師の育成計画がありますが、一人ひとりの新卒看護師にあわせた育成を心がけています。一月ごとに、新人指導に当たる先輩看護師が集まり、新人を交えて育成状況について検討して次のステップに進むようにしています。
一年間の研修・・・5月以降も新人研修として毎月1回集合研修が企画されています。この研修は、新人同士が顔を合わせる機会でもあり、病棟から離れてホットする時間ともなっています。
ラダー制度・・・院内教育はラダー制度を採用しており、個人に合わせたスキルアップの支援を行っています。
育休対象者数(男性/女性)
※前年度
8名(男性1名、女性7名)
育休取得者数(男性/女性)
※前年度
育児休暇取得者(男性 1名/女性 7名 *27年度新規に育児休暇を取得した看護師)
育児休暇制度としては3年が保証されています。当院は毎年数名の女性看護師の妊娠出産があり、そのほとんどの看護師が約1年前後の育児休暇を取得しています。育児休暇明けの勤務では、育児時間や夜勤軽減の申請など行い、継続して働き続けられる環境の中で看護の力を発揮してくれています。又、看護師としてのキャリアアップを図り、自己成長に取り組んでいる看護師もいます。
育児休暇取得した看護師Bさん・・・出産前は、子どもを育てながら働くことに不安もありましたが、育児休暇を取って1年間しっかり子供と共に過ごした時間を持てたことは少し自信にもなりました。職場には子育て中の先輩がおり、子育ての悩みや、病気の時の協力など心強く感じています。
新卒採用者数(男性/女性)
※過去3年間
新卒者数(26年度男性 0名/女性 12名 ・ 27年度 男性1名/女性4名 ・28年度 男性3名/女性10名)
 男性看護師は毎年複数名の採用があります。現在、一般病棟には男性看護師が4~6名配置されており、プリセプターやエルダー看護師のサポートに加えて、同性として先輩の男性看護師がサポートしております。病院全体で副看護師長は14名おりますが、そのうち男性副看護師長は5名活躍しております。
 新卒看護師は、院内の看護師宿舎(ベルジュ)に入居することも多く、同期のメンバーが食べ物を持ち寄って食事会を開き、悩みを相談したり、お互いに励まし合って頑張っています。
男性看護師Aさん・・・病棟のプリセプターや先輩看護師も丁寧に教えてくれますが、他の病棟の先輩男性看護師も含めて、新人の男性看護師の歓迎会として食事会を開いてくれて、話を聞けた事がうれしかったです。
病院基本情報
採用問い合わせ先
事務部管理課 職員係長
菅原
メールアドレス:shomu-jinji@mnh.go.jp 
郵便番号
989-2202
住所
宮城県宮城県亘理郡山元町高瀬字合戦原100 宮城病院
地図を確認する
アクセス
▼自動車利用
・仙台方面から一般道利用の場合
国道4号線を南下して、岩沼で国道6号線に入り阿武隈橋から約20km
仙台市中心部から約40km
・仙台方面から高速道路利用の場合
山元インター(仙台東部道路-常磐自動車道)で降り、国道6号線を相馬方面へ南下約5km
・相馬方面から一般道利用の場合
国道6号線を北上して、福島県境から北へ約5km、相馬市内から約20km

▼電車利用 (JR常磐線)
・仙台方面から山下駅下車。タクシー又は町民巡回バス利用
・相馬方面から坂元駅下車。タクシー又は町民巡回バス利用
スマートフォン
画面URL

https://nurse.mynavi.jp/sp/hospitals/outline/100695
外出先やちょっとした空き時間にもスマートフォンでマイナビ看護学生を見てみよう!
  • "choice"すると、病院からパンフレットや見学会などの詳細が受け取れます。
Copyright (C) Mynavi Corporation