社会医療法人若弘会(若草第一病院・わかくさ竜間リハビリテーション病院・在宅医療)

合同募集 採用窓口

  • 所在地:大阪府
二交代 三次救急 寮・住宅補助あり 資格支援あり 退職金制度あり 奨学金制度あり 託児所あり マイカー通勤OK

緊急事態宣言が解除されたことを受け、病院見学と採用試験を再開いたします。

合同募集

社会医療法人若弘会(若草第一病院・わかくさ竜間リハビリテーション病院・在宅医療) 合同募集 採用窓口

●問い合わせ窓口

以下の病院は「社会医療法人若弘会(若草第一病院・わかくさ竜間リハビリテーション病院・在宅医療)」へお問い合せください。

トリプル・ナーシング

急性期、回復期・慢性期、在宅医療を一貫して提供する若弘会グループ。それぞれの現場で活躍する3名の看護師が、仕事・教育・成長のポイントを伝えます。

いろいろな部署での経験が、知識を広げ、次に繋がる!

急性期病院である若草第一病院の整形外科病棟で、骨折や人工関節置換等手術を受けられる患者さんの周術期ケアを主に担当しています。また、新人への教育や看護学生さんの実習指導も行っています。
当院に入職し、呼吸器内科、脳外科を経験してきました。骨折などで入院されている患者さんの中には、糖尿病などの基礎疾患を患っている方がいらっしゃり、それを鑑みた上で治療していく必要があるので、アセスメントに関して病棟で経験してきた知識が非常に役に立っています。また、手術後の患者さんが食事を摂取される場合、麻酔の影響で誤嚥性肺炎を引き起こす可能性があります。そのような時にも、呼吸器内科での経験から早期発見に繋げることができています。
指導に関しては、教える側の自分自身が知識やスキルをしっかりと備えておく必要があるので、必然と自分の勉強量も増えました。うれしいのは、自分が指導した看護師が、次の新人看護師に指導している光景を見た時です。私から後輩へ、そしてその後輩へと、知識やスキルが受け継がれていくことをとても誇らしく感じます。

若弘会グループの特長は、急性期病院とリハビリ病院、そして在宅医療を備えた「トリプル・ナーシング」にあります。看護サマリーの連携から退院支援、在宅看護まで一貫してスムーズに行えることは、患者さんにとっても大きなメリットになります。

皆さんの中で、コロナ禍での看護の仕事に不安を感じる方もいるでしょう。しかし、それ以上にリスクの高い病気の治療に携わるのも私たちの仕事です。夢を諦めず、看護に全力を尽くせる未来を目指していってほしいですね。
(正本 愛さん/若草第一病院 整形外科病棟職長/2009年入職)

指導の際は、どうすれば相手にわかりやすく伝えられるかを常に心がけています。

教えながら、学んでいく。指導を自分の成長の糧に!

主に若草第一病院から転院され、退院されるまでの回復期や慢性期の患者さんを担当しています。例えば、骨折や脳梗塞などでリハビリが必要な患者さんの在宅への退院が可能になるよう、体の機能を元の状態に近づけていく役割です。急性期病院と異なるのは、患者さんの日常生活のサポートが主な仕事であること。車椅子からベッドへの移乗や食事介助をメインとし、嚥下障害の患者さんに、どのようにして栄養を摂取していただくかを考えるなど、治療というより看護の本質に近い業務といえるでしょう。以前に勤めていた急性期病院ではオペがメインでしたので、患者さんの回復や退院まで関わることができませんでしたが、患者さんが元気になられ、笑顔で退院されるまで見届けることができるので、それが仕事のやりがいになっていますね。

学びについては、本来は外部研修などを受講する機会があるのですが、コロナ禍のためなかなか参加しにくい状況です。しかし、院内で嚥下機能の回復といった様々な研修が開催されており、ラダーごとの看護研修に加え、人工呼吸器や輸液ポンプなどの操作セミナーなどにも参加することができます。
また、今は新人教育を担当しています。指導の上で心がけているのが、仕事の基本とされる「報告・連絡・相談」の徹底です。当たり前のことですが、看護の重複や不備をなくすためにとても重要なことです。とはいっても、まだまだ私自身が学びの途中ですので、教えることで自分も学ばせてもらっている状態ですね。
(鈴木 麻由さん/わかくさ竜間リハビリテーション病院 回復期病棟/2019年入職)

教育体制がしっかり整っているので、自分の成長をきっと実感できると思います。

病院外の方々と協力。チーム医療の中で成長できる!

病院やリハビリ施設を退院され、自宅療養が必要な患者さんをケアするのが、私たちの役割です。病院では、科ごとに分野が細分化されていますが、在宅看護では全てを診なくてはなりません。また、特別養護老人ホームといった施設で終末期の患者さんをケアする場合もあります。その際は、点滴から服薬管理、人工肛門や褥瘡の処置、そして看取りに至るまで行います。看護師でありながら、時に薬剤師や栄養士等の役割を担います。また、ケアマネージャーと連携して福祉用具を考えたり、理学療法士と共に機能訓練を行ったり、さらにかかりつけのドクターと協力し、チーム医療として治療を進めていきます。業務は多岐にわたりますが、患者さんの容体が改善していく姿を見ると本当にうれしいですね。

初めは三次救急の病院に勤めており、そこで外科や内科、小児科まで、あらゆる疾患を経験したことが、今の仕事に役立っています。例えば、在宅の患者さんが入院する場合、サマリーにどのような情報が必要か、またオペ後の患者さんを自宅でどうケアすればいいかなど、経験をもとに病院との連携を深めることができます。
そういった点において、若弘会では病棟や病院の垣根を越えたジョブローテーションにより、幅広い看護を学ぶことができます。すぐに訪問看護の仕事に就きたいと思う方は少ないかもしれませんが、当ステーションでは、20~50歳まで幅広い世代の看護師が、やりがいをもって仕事に取り組んでいます。さらに、グループ病院と連携した研修をはじめ、内科や外科など得意分野を備えた先輩方が、一人ひとりの学びのペースに合わせた指導を行っていますので、ジェネラリストとしての看護師を目指したい方にはぴったりだと思いますよ。
(田中 成美さん/わかくさ老人訪問看護ステーション/2019年入職)

ご家庭をもたれている方が多いので、みんなで助け合いながら看護に取り組んでいます。

-3つの医療を担う「トリプル・ナーシング」-

社会医療法人若弘会には、急性期病院をはじめ、回復期・慢性期病院、在宅医療(訪問看護ステーション・介護老人保健施設)があります。地域ケアシステムを支える看護師の育成を目指し、施設の機能に応じた教育体制と独自の教育制度により、看護師に必要な能力の獲得に向けた教育計画も準備しています。
「トリプル・ナーシング」とは、3つの医療(急性期、回復期・慢性期、在宅医療)を担い、地域の医療を支える看護師。その実現に向けて、看護師が専門職として成長しながら、育み合える環境を大切にしています。

病院TOPへ戻る

資料
請求
インターン・
見学会申込
選考に
応募