鎌ケ谷総合病院

  • 所在地:千葉県
  • 病床数:331床
  • 看護師数:330名
二交代 三次救急 寮・住宅補助あり 資格支援あり 退職金制度あり 奨学金制度あり 託児所あり マイカー通勤OK

【WEB見学会or見学会選べます!】当院は、新鎌ヶ谷駅から徒歩5分!都内にも出やすい好立地な場所にあります!

【23卒募集中!!】見学会・WEB見学会どちらもお好きな方を選べます♪  (2022/09/22更新)

当院の見学会に参加してみませんか?事前に質問をアンケートに記入していただくので、何でも聞いて下さい!
仕事のこと、教育のこと、奨学金のこと、お休みのこと・・・。先輩ナースが答えます♪

エントリーとは
エントリーとは、その病院に対して今後の説明会情報や選考の情報が欲しいという旨の意志表示です。 情報を受け取れるように少しでも興味がある病院へは、エントリーをしておくことをお勧めします。 ※エントリーは説明会や選考を受けなければならないということではありません。

若手ナースに直撃取材

全国から集まるナースたちがイキイキと働く鎌ケ谷総合病院。入職1年目の新人と若手職員から話を聞きそれぞれの成長ぶりをお伝えするとともに、4年目を迎えた先輩の活躍も紹介します!

尊敬する先輩に支えられ、多くの気づきを得ています

独身寮はキレイで快適。都心も近いのでそろそろ遊びに行きたいです(H.Yさん)

鎌ケ谷総合病院は病院見学で感じた雰囲気の良さや、福利厚生の手厚さに加えて、県外から多くの新卒看護師を受け入れていることが魅力です。私も県外出身で同じ看護学校の先輩はほとんどいないのですが、同期の多くが同じ立場なのですぐに溶け込むことができました。新人研修も充実していて、配属に備えて看護実践が中心のカリキュラムを学んだので、不安もだいぶ解消されました。

現在は内科病棟に勤務し、その日の受け持ち患者さまのバイタルチェックや検査出し、清拭といった日常生活のケアを行っています。まだ入職1年目でできることも限られていますが、複数の先輩が教育担当として適切にやさしくフォローして下さるので安心です。気兼ねなく質問できる環境なので、何事も先輩に相談しながら「自立」に向けて頑張っています。また、先輩たちはどんなに忙しくても患者さまに笑顔を絶やさず、細やかに寄り添って元気や安心を与えています。私もそんな先輩たちを見て「誰からも頼られる看護師になりたい」と思うようになりました。入職後にあらためて感じた当院の魅力は、尊敬できる先輩がたくさんいらっしゃることです。

急性期病棟なので入院時にはベッドから起き上がれない患者さまもいらっしゃいますが、日々の治療と看護を通して回復され、一人でお手洗いに行けるようになったり、私たちと会話するようになったりと、ADLの向上が見られたときがやりがいです。一度、ナースコールに対応した際には、振り絞るように「ありがとう」と言ってくださったことが忘れられません。患者さまとの関わりを通してコミュニケーションの大切さを学びました。退院されるときは、「本当によくここまで」としみじみとした感動を覚えることも多いです。また、看護師は患者さまに最も近い存在なので、チームの仲間はもちろん他職種と連携するにあたり、しっかりと情報共有することが大切です。報告、連絡、相談という「報連相」を重視することが、よりよい看護につながるということも身に沁みて学ぶなど、沢山の気づきを得られる職場です!
(H・Yさん/2022年入職/内科病棟)

患者さまとの温かな交流にも、喜びを感じています

休日は美味しいものを食べて過ごす。プライベートも充実しています(O.Aさん)

就職先は関東の病院を希望し、そのなかでも地域に根ざした、患者さまに身近な病院で働きたいと考えていました。鎌ケ谷総合病院はインターン訪問を通じて感じた病院内の雰囲気がとても明るく、「ここならイキイキと働けそう」と好ましく思ったのが決め手です。駅に近い立地の良さや、看護師寮をはじめ福利厚生がしっかりしていることも魅力でした。

入職後は内科病棟に所属し、チームナーシングで患者さまのケアを行っています。4年目に入った今はリーダー業務を担当することも増えました。私自身も含めてチームの皆には、看護技術の向上はもちろん、患者さまの不安をできるだけ軽くし、ご家族にも安心していただくため、患者さまへのお声がけやご家族対応に力を入れるよう指導しています。患者さま一人ひとりを支える看護師の役割は学生時代に学んで理解していたつもりでしたが、日々の業務を通してさらに、「今日の受け持ち患者さまの命を、私が預かっている!」という責任をひしひしと感じるようになりました。それだけに患者さまが元気に退院されるときが一番のやりがいです。

また、人と関わることの楽しさも、看護師になってより感じています。入職前まではあまり縁のなかった高齢の患者さまから戦争中の体験を聞いたり、親世代の患者さまから昔ながらの「生活の知恵」を教わったりと、楽しく会話しながら様々なことを学ぶことで、人としても視野が広がった気がします。なかには気難しい患者さまもおられますが、日々接しているうちに少しずつ打ち解けてくださり、「今日はあなたが担当だから嬉しい」と言ってくださったこともあり、心が温かくなりました。認知症を併発していて、普段は会話もままならない患者さまと初めてコミュニケーションが取れたときも、「関わりを持てて良かったな」と強く感じました。

今後の目標は、さらに知識やスキルを高めて、患者さまに心から信頼される看護師になること。入職前に感じた通り、明るく元気で、相談できる先輩もたくさんいる職場だから、モチベーション高く仕事に打ち込めます。
【O・Aさん/2019年入職/内科病棟】

チーム医療を担うオペナースとして成長しています

休日をさらに満喫するため、今はお給料を貯めて車を買うことが目標です(H.Hさん)

鎌ケ谷総合病院を選んだのは立地の良さや福利厚生の充実度はもとより、手術支援ロボットのダヴィンチやハイブリッド手術室など、最新の手術設備が揃っていたからです。オペナースとして成長するには最高の環境だと思い、転職しました。

手術室に配属され、今年で2年目になります。手術があるときは手術器械や薬剤、部屋の準備から行い、手術中は器械出しを担当しています。他に手術で使用する器械や衛生材料の管理なども行っています。業務を通して学んだのは確認の重要性です。初歩的なことですが、手術室は特に確認を怠ってしまうと患者さまに与える影響が大きいため、常に細心の注意を払えるよう、集中力と緊張感を保ちながら臨んでいます。長時間の手術が無事に終わり、患者さまが病棟に帰室するのを見届けるとようやくほっとして力が抜けます。心地良い疲れとともにオペナースとしてのやりがいを感じる瞬間です。

手術というのは私たちには日常のことでも、患者さまにとっては人生の中でも大きな出来事です。入室される患者さまのほとんどは緊張や不安で一杯なので、少しでも安心していただけるよう、笑顔で寄り添うよう心がけています。オペチームの全員がそうした姿勢なので、実際に手術室の雰囲気は想像以上に明るいですね。学生の皆さんの中には、「手術室は怖い」「大変そう」といったネガティブな印象をお持ちの方もいるかと思いますが、私は手術室に勤務して病棟とはまた違った魅力を実感しています。なかでも大きいのは他職種との協働です。手術には担当医師をはじめ、麻酔科医、放射線科医、臨床工学技士など様々な職種が参加するので、それぞれの役目を全うしつつ、皆で手術の成功に向けて力を合わせるという、実践的なチーム医療を体験できます。そのぶん勉強しなければならないことも沢山ですが、成長実感も計りしれません。先輩たちもしっかりとフォローして下さるので、ぜひ手術室の仲間になってほしいと期待しています!
【H・Hさん/2021年入職/オペ室】

学生のみなさんへのメッセージ

鎌ケ谷総合病院には、北海道から沖縄まで全国から新人看護師が集まっています。新人看護師のおよそ半数が地方出身の方で、地元の看護学校から1人で入職されるケースが大半ですが、皆さんすぐに仲良しの同期ができるなど溶け込んでいます。また病棟の先輩はもちろん、看護部長や師長とも距離が近く、風通しの良い環境が自慢です。教育はラダーシステムを基本に柔軟に対応しています。特に、最近は病棟指導や勉強会に力を入れており、一人ひとりのペースに応じて実践力を高めています。一人前の看護師に着実に成長できる環境です。

問い合わせ先

問い合わせ先 看護部
TEL 047-498-8111(代)
E-mail:kango3@kamagaya-hp.jp
住所

273-0121
千葉県鎌ケ谷市初富929-6

地図を確認する

アクセス 新京成線・北総鉄道・東武野田線
新鎌ヶ谷駅 徒歩5分
URL

病院TOPへ戻る

エン
トリー
エントリーとは、その病院に対して今後の説明会情報や選考の情報が欲しいという旨の意志表示です。 情報を受け取れるように少しでも興味がある病院へは、エントリーをしておくことをお勧めします。 ※エントリーは説明会や選考を受けなければならないということではありません。
インターン・
説明会申込
選考に
応募