岐阜県総合医療センター

  • 所在地:岐阜県
  • 病床数:620床
  • 看護師数:829名
二交代 三次救急 寮・住宅補助あり 資格支援あり 退職金制度あり 奨学金制度あり 託児所あり マイカー通勤OK

【令和4年度実施 採用試験日確定‼】県民の皆様方に信頼され、患者さん本位の安全で良質な全人的医療を提供します。

令和4年度実施採用試験日が決まりました!(2021/12/20更新)

岐阜県総合医療センターでは、下記の通り令和4年度 助産師・看護師の採用試験を実施します。

【試験日時】
令和4年5月8日(日)
令和4年5月14日(土)
※いずれか選択制

【申込方法】
詳細が決まり次第、病院ホームページに募集要項をアップ致しますので、
そちらよりご確認ください。

教育・研修

PNSを始め、各部署でのサポート・指導体制が充実。チーム医療の中で疾患ではなく、「人」を看られる看護師を育て、患者さんのニーズに応じた看護を実践しています。

根拠を示しつつ、模範となる臨床業務をしています。

救命救急センターでは重症症例を受け入れ、救急医療の完結をめざしています。 その現場における患者さんへのケアは、テキストだけでは新人看護師には理解しにくいと思っています。
そこで集中ケア認定看護師である私が一緒に患者さんのところに行き、EBNに基づいた聴診や血圧測定等をしてもらい、看護ケアの方針を伝えています。
コンサルテーションに関しても、勉強会等で学んだことを実践の場で指導していきます。例えば呼吸フィジカルアセスメントを学んだ看護師に対し、患者さんの呼吸が著しく速いなどの症状が見られれば、どんな看護介入が必要かをその場で教えます。
さらに私自身は、患者さんが一般病棟に移ってからも訪問し、情報の共有、継続的な看護へ向けてのアドバイスやケアの評価を行っています。

看護師は患者さんやご家族の声に、お応えしていけるように努めるのが仕事です。その中で認定看護師は情報収集能力やアセスメント能力に長けている分、新人や若手看護師からの質問には、どんなことにも的確なアドバイスができると思っています。
昔のように「背中を見て、やって覚えなさい」の時代ではありません。根拠を持って学ばなければ、意味がありません。また患者さん同様、スタッフも1人の人間です。その看護師の承認欲求を尊重し、その上で「ここを直すともっと良くなるよ」と指導するよう心がけています。休憩時間に、プライベートの話などをしてコミュニケーションを図ることもしばしばです。

その他、新人の集合研修の呼吸器系のフィジカルアセスメントや、年に2~3回行われる勉強会でも、実際の人工呼吸器等を用いた擬似体験などで看護ケアの仕方を教えています。
こうした研修や臨床業務を通じて学んでほしいのは、チーム医療の中でいかに自主的、主体的に動くかということです。そして患者さんが早期回復をし、元の生活に戻るために何をすべきか考え、実践できるようになってほしいと願っています。
看護師のキャリアとしても、認定看護師の他に専門看護師や特定看護師など、さまざまなスペシャリストの道があります。そうした情報も提供し、自分なりの理想の看護師像を描いてもらうためのサポート役をしていくつもりでいます(天野元浩/救命救急センター 技術主査 集中ケア認定看護師/2003年入職)。

認定看護師をめざし、教育機関に通う期間は出張扱い。住宅手当の制度もあります。

新人の状況を熟知する立場で、スキル向上をサポート。

私たちも新人を迎えるのは楽しみ。教える側も勉強だと思って、取り組んでいます。

実地指導者は、入職4年目以上の看護師です。私たちは部署における新人教育プログラムに沿った実践教育、実地に対する評価を行い、新人看護師にフィードバックするという、部署と新人看護師の橋渡しをする役割を担っています。
教育プログラムに関しては、病棟ごとに年間計画が決まっているため、それを基本に、いつ頃、どの段階に進めるかを決めていきます。もちろん看護師によって技術の習得度も違えば、不安が大きかったり、逆にどんどんチャレンジしたいという人もいます。基本はチーム全体で見ていき、一人ひとりに合わせ、計画を変更するなどの対応もしていきます。
月に1度の新人支援会議でも師長、アドバイザー、実地指導者、エルダーが参加し、進捗状況を確認します。特に何ができるようになったかの部分を重視し、自信へとつなげられるよう支援しています。

新人看護師の精神面のサポートを行うのはエルダーであり、私たち実地指導者は、気づいた点の指導を行うのが務め。できるところを認め、伸ばしてあげることが何より大切だと思っています。
そのためエルダーにも、「こんな時には声をかけてあげてね」「こういう状態の時には気をつけてね」とアドバイスをしていますし、新人とPNSでペアを組んだ時には、私からも積極的に声をかけています。

新人の看護師は、患者さんとの接し方に戸惑うのももちろんですが、同じ病棟に何人もいる同期と自分とを比較し、悩むケースも少なくありません。でも一人ひとりの看護師に得意不得意があるのは当然ですし、1年が経てば全員が同じレベルに達します。その点は、しっかりと伝えていこうと思っています。
また私のいる病棟の例で言えば、週に1度の定期的なカンファレンスの他、小さなものも含めれば毎日何らかのカンファレンスが行われています。新人には1年の終わりに担当の患者さんを決め、看護展開をしていくカンファレンスもします。そうした場でも発言ができるよう、こちらから「どう思う?」と振ったりもしています。
当センターでは新人への教育体制が、とても充実しています。1から10まで手取り足取り教えてくれる先輩もたくさんいて、学ぶには最適な場だと思っています(小野千紗/7階東病棟 実地指導者/2017年入職)。

病棟のチームとPNSが、新人の成長を支えてくれます

当センターの新人看護師は、まず4月後半頃まで続く集合研修からスタートします。その場ではバイタルサインの見方や点滴、注射の方法などを人形等も使って体験的に学んでいきます。
その後も月に1度のフォローアップがあり、災害看護について学んだり、新人同士でリスクマネジメントについての話し合いをしたり。10月には半年間を振り返る場も設けられています。研修では他の病棟の同期と一緒に学ぶため、みんなの頑張っている姿を見て、自分の励みにしたものです。

私の病棟は新生児内科で、小さく生まれたり、病気を持って生まれた赤ちゃんのケアなどをしています。実務面の教育に関しては、当センターではPNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)を採用していて、2人1組でGCUなら3~7名ほどの赤ちゃんを担当します。
新人は、まず集合研修後に2日間のPNSシャドーがあり、PNS看護方式を見学して1日の流れを理解します。5月からは3人1組で動き、一般的なケアの内容や方法、患者さんと接する上での心がけ、バイタルサインの測定などを習得しつつ、できることを増やしていきます。私自身はこの時期、特に「報連相」を心がけていました。
そして6月には正式なペアとして活動。先輩に頼りすぎないようにしようという意識が芽生えたものです。また7月頃になると、お母さんへの育児指導なども任されるようになったり、夜勤でも独り立ちしました。

今は技術ラダーの項目で達成できたものも増え、脳疾患や消化器疾患などの赤ちゃんも看れるようになり、今後はプライマリーナースの体験も始まる予定です。
PNSはペアで動くため先輩に相談しやすい上、2人の目で患者さんを見ることで、より最善のケアができると思っています。
もちろん実地指導者やエルダーの方の存在も心強い限り。実地指導者の方は月に1度の振り返りの際に困っていることなどを聞いてくれますし、エルダーは3年目の先輩のため、気軽に相談ができます。私からも先輩たちや赤ちゃん、お母さんとはコミュニケーションを積極的に取るようにしています。
まずはこの1年で一連の業務をしっかりこなせるようになり、将来は新生児看護のスペシャリストをめざしたいと思っています(粥川茉祐/新生児センター/2021年入職)。

実習で新生児センターに行き、赤ちゃんの健康と成長を見守る仕事に興味を持ちました!

質の高い看護と充実の教育体制が自慢です!

当センターは、岐阜医療圏に位置する高度急性期医療を担う総合病院です。看護部では高度な医療技術・看護を提供するとともに、県民の皆様に信頼される病院であり続けるために、人材の育成・教育と活用に力を入れています。認定看護師なども院内で学習会を開催している上、部署へ足を運び個別性を重視した看護にも力を注いでいます。部署としてもPNS体制の中、実地指導者を中心に新人看護師の成長をサポートできるように頑張っています。新人看護師も、不安なことは先輩にすぐに相談ができ、安心して看護を行うことができる環境です。

病院基本情報

問い合わせ先 岐阜県総合医療センター 看護部
TEL:058-246-1111
FAX:058-248-3805
E-mail:info@gifu-hp.jp
住所

500-8717
岐阜県岐阜市野一色4-6-1 岐阜県総合医療センター

地図を確認する

アクセス バス
JR岐阜バス停(15番乗り場)
名鉄岐阜バス停(6番乗り場)
・尾崎団地線
B55諏訪山団地行き  岐阜県総合医療センター口下車(所要時間約20分)徒歩10分
B56各務原高校行き      〃
B57テクノプラザ行き 岐阜県総合医療センター下車(所要時間約20分)
B58諏訪山団地行き      〃
B59各務原高校行き      〃
・岐阜聖徳学園大線
B53水街道行き    岐阜県総合医療センター口下車(所要時間約20分)徒歩10分
電車
JR線  JR高山線長森駅下車(所要時間 岐阜駅から約5分)徒歩20分
名鉄線 名鉄各務原線切通駅下車(所要時間 名鉄岐阜駅から約5分)徒歩20分
タクシー
JR岐阜駅前または名鉄岐阜駅前から約15分
URL

病院TOPへ戻る

エン
トリー
インターン・
説明会申込
選考に
応募