山形大学医学部附属病院

  • 所在地:山形県
  • 病床数:629床
  • 看護師数:657名
制度待遇: 三交代 三次救急 寮・住宅補助あり 資格支援あり 退職金制度あり 託児所あり マイカー通勤OK

新人教育はローテーション制度を導入しています。新人の1年間は何がしたいのか、何ができるのか、何が求められているのか、多様な経験を通して看護観を育んでいきます。

2025年度看護職員選考試験について(2024/07/05更新)

マイナビにて選考試験日へ申し込み予約をしていただき、応募書類を各々の選考会日程の応募期間内にお送りください。
【選考会日程】
第一回目:受付終了    
第二回目:受付終了
第三回目:受付終了


※第四回および第五回は選考試験を実施しない可能性があります。

第四回目:応募受付期間:8月13日(月)~8月23日(金)必着
     適性検査(Web実施):8月30日(金)~9月4日(水)
     面接:9月14日(土)
第五回目:応募受付期間:9月17日(火)~9月27日(金)必着
     適性検査(Web実施):10月4日(金)~10月9日(水)
     面接:10月19日(土)
 

エントリーとは
エントリーとは、その病院に対して今後の説明会情報や選考の情報が欲しいという旨の意志表示です。 情報を受け取れるように少しでも興味がある病院へは、エントリーをしておくことをお勧めします。 ※エントリーは説明会や選考を受けなければならないということではありません。

先輩情報

放射線治療の現場からがん患者さんを支えたい

看護師/認定看護師 M.A(がん放射線療法看護認定看護師)

  • 職歴(キャリア):2002年〜
  • 出身校の所在地エリア:山形県
  • 出身校:山形県立山辺高等学校専攻科
  • 所属診療科目:その他(眼科、耳鼻咽喉科など)
がん放射線療法看護認定看護師になろうとしたきっかけは何ですか?

新人の頃からがん患者さんと関わる機会が多く、抗がん剤や放射線治療の副作用で苦しむ場面を何度も目にしていました。治すために治療は必要ですが、看護の力で患者さんの苦痛を和らげる方法はないか学びたいと思ったことがきっかけです。

がん放射線療法看護認定看護師の資格取得を活かした現在の活動内容について教えてください

放射線治療を受ける患者さんの不安や副作用を軽減できるよう、様々な職種の方と協力しながら心身のケアを行っています。

現在行っている看護のどんなところにやりがいを感じますか?

これまで苦しんでいた症状が改善したり、病気がよくなっていることを笑顔で報告してくれる患者さんと接したときにやりがいを感じます。

看護を行う上で心掛けていることは何ですか?

患者さん一人ひとりのその人らしさや生活を知り、患者さんの立場になって考えることです。

キャリアアップをめざす環境として山形大学医学部附属病院のおすすめポイントを教えてください

働きながら大学院や進学することが可能で、ライフスタイルに合わせて働き方を選択できます。また、認定看護師教育課程修学中にも給与や資格取得に係る費用などの支援があり、働いていても気軽に学ぶ環境が整備されています。

学生の皆さんにメッセージやアドバイスをお願いします

是非、たくさんの人と触れ合い、多くを経験してください。人との出会いや経験が、看護に活かされます。

病院TOPへ戻る

エン
トリー
エントリーとは、その病院に対して今後の説明会情報や選考の情報が欲しいという旨の意志表示です。 情報を受け取れるように少しでも興味がある病院へは、エントリーをしておくことをお勧めします。 ※エントリーは説明会や選考を受けなければならないということではありません。
説明会・
見学会申込
選考に
応募