中部ろうさい病院

  • 所在地:愛知県
  • 病床数:556床
  • 看護師数:534名
制度待遇: 三交代 寮・住宅補助あり 資格支援あり 退職金制度あり 奨学金制度あり 託児所あり マイカー通勤OK

社会へ幅広い貢献を目指す中部ろうさい病院

\\インターンシップ受付中//(2024/05/20更新)

この度は、当院のページをご覧いただき誠にありがとうございます!
25年卒学生さん向けの採用情報を公開いたしました!まずはエントリーをお願い致します!

エントリーとは
エントリーとは、その病院に対して今後の説明会情報や選考の情報が欲しいという旨の意志表示です。 情報を受け取れるように少しでも興味がある病院へは、エントリーをしておくことをお勧めします。 ※エントリーは説明会や選考を受けなければならないということではありません。

先輩看護師に直撃取材

ここでは入職1年目、8年目、13年目の先輩看護師にインタビュー!中部ろうさい病院へ入職した理由、現在の仕事、さらに看護師として目指している方向性についてじっくりと伺いました。

命に直結する診療科で多くを学び、成長を実感

病院の目の前の寮に住んでいて、休日は実家に帰って英気を養っています。(Sさん)

◆看護師としての第一歩は、学びの多い診療科を志願
私は、中部ろうさい病院の敷地内にある中部労災看護専門学校を卒業して入職しました。入職以来、呼吸器内科・呼吸器外科病棟で勤務しています。肺がんや肺炎、気胸、喘息などの疾患をお持ちの患者さんが多く、検査の送り出しや、治療後の副作用などの観察、さらにADLの低下が見られる患者さんには生活介助なども行っています。呼吸器疾患は、生命に直結することがあります。常に緊張感を持って看護にあたっており、看護師として第一歩を踏み出す環境としては、技術も心構えも学びの多い診療科だと思ったので自ら希望しました。実際、肺疾患の患者さんは長期の治療が必要なことも多く、患者さんの言葉に耳を傾けながら寄り添ったチーム医療を実践することに、やりがいを感じています。

◆新人看護職員研修ガイドラインに沿った新人教育体制で着実に成長
入職後1年間は、4年目以上の先輩が指導・評価してくれます。マンツーマンで看護技術のことはもちろん、ケアの一つ一つを丁寧に指導してくれます。どんなに忙しい状況でもこまめに声をかけてくれますし、成長具合に応じて仕事の割り振りを考慮してくれるためとても心強いですね。呼吸器内科・呼吸器外科病棟は病態が急変する患者さんが多く、先を読む看護が求められます。そのため毎朝その日の行動計画を立てており、その内容に関しても先輩からアドバイスがありますので、安心して看護に集中できます。またチーム医療という点では、毎日カンファレンスを実施し、チームの情報共有も欠かせません。もし自分がわからないことがあっても、チームの先輩にすぐに聞くことができる環境もとてもありがたいです。

◆患者さんの心の声に耳を傾けたい
今はまだまだ日々の看護をこなすことで精一杯の状態ですが、今後はもっと患者さんに寄り添い、思いやりのある心で接することができるようになりたいと思っています。そのために必要なのは、患者さんからの信頼です。まずは正確な知識と高い技術力を身につけることで、信頼される看護師にならなければと考えています。自分のペースでじっくり一歩ずつ。それを周囲の先輩たちが見守ってくれることに心から感謝しています。

(Sさん/呼吸器内科・呼吸器外科病棟/2023年入職)

自分なりのスタイルで、仕事と家庭の両立が可能

週末は子どもと過ごし、休みの日は銭湯へ。最高の気分転換になります。(Kさん)

◆新しい資格を取得し、自分なりの看護を志す
大学の看護学部を卒業後、奨学金を受けられる病院であったことと、急性期で多くを学べる環境であること、さらに病棟の雰囲気の良さに惹かれて当院への入職を決めました。2023年には「心不全療養指導士」の資格を取得し、現在はこの資格を活かして心不全や心筋梗塞に罹患した患者さんの生活指導も行っています。この資格は2021年にできたばかりのものですが、資格を取得したことで患者さんとの向き合い方が変わりました。最終的には自宅に戻って生活することが目標ですから、入院した時から退院後の生活を見据えた看護を実践するようになりました。担当した患者さんが元気に退院した時はもちろんのこと、患者さんのご家族にも喜んでもらえることがやりがいになっています。

◆産休・育休後も自分のペースで勤務
4歳と3歳の子どもがおり、現在は育児短時間勤務中です。産前・産後休暇と育児休業で2年弱休職し、2021年4月に復職。復職後は平日9時15分〜16時まで、現在も夜勤には月に4~5回入るというスケジュールです。これは私が希望した働き方で、ライフスタイルに応じた働き方を自ら決めることができる環境は大きな魅力です。復職直後は時間の使い方に苦戦する場面があったり、思うようにできないジレンマを感じたこともありました。ですが、受け持つ患者さんの人数を減らしてくれたり、同じように時短勤務しているスタッフと助け合うなど「みんなお互い様」という気持ちを持って考えてくれるのですごく助けられました。

◆4歳まで時短勤務が可能。その後はキャリアアップを目指す
フルタイムに戻ったら、患者さんごとに行っている生活指導を集団指導という形にしたいと考えており、少しずつ動き始めているところ。検査入院した心不全予備軍の方に予防のための生活アドバイスをするなど、より多くの方へ集団で指導できるようにパワーアップしたいと考えています。ただし、まだしばらくは子どもの生活が最優先。もう少し手が離れたら、キャリアップを目指して新しい勉強にもチャレンジしたいです。この病院は個人のペースに合わせて働くスタイルを全面的にバックアップしてくれるので、じっくり先のことを考えていきたいですね!

(Kさん/循環器内科・眼科病棟/2016年入職)

スペシャリストを目指せる体制が整備

4人の子どもたちの子育てに奮闘中!土日休みが多いのはありがたいです。(Kさん)

◆入職以来、手術室で12年。基幹病院ならではの経験が可能
母親が当院で医療事務の仕事をしていたため、以前から足を運ぶ機会がありました。その時に看護師が働いている姿を見て「看護師になりたい!」と思い、中部労災看護専門学校に入学。入職以来、12年間手術室に勤務しています。手術中、医師に必要な機器を渡したり、麻酔科の医師とともに体温の管理をするなど、手術によって仕事の内容はさまざま。当院には外科をはじめ産婦人科、脳外科、形成外科など幅広い診療科があるため、多くの経験が可能です。看護師としての知識やスキルの向上を目指すには最適な環境であり、手術室の担当になったおかげで、看護師としてキャリアアップを目指そうと思えるようになりました。

◆充実したサポート体制のもと、特定行為看護師の研修を終了
2021年「術中麻酔管理領域」の特定行為看護師の資格を取得しました。特定行為看護師になると、看護師免許だけではできない医療行為が医師の手順書に基づいて可能になります。例えば麻酔科の医師が挿管する前に必要な、動脈に針をさして血圧を測る導入部分の医療行為が可能です。これにより、麻酔科の医師が行う医療行為について理解が深まり、看護師としての視野が大きく広がりました。これまでできなかったことができるようになることで、仕事へのモチベーションも上がりました。この資格を取得するために1年間講義を受講し、さらに大学での研修に参加するなど、かなりの時間を費やしました。業務が多忙な状況にも関わらず勉強の時間を優先させてもらえたのは、師長をはじめ同僚や先輩のサポートがあったからこそ。学びに関して、全面的にバックアップしてくれる病院の環境が整っていることは大きな魅力です。

◆手術室の看護師としてスペシャリストを目指す
まだまだ特定行為看護師として活かしきれていないので、今後は人工呼吸器の設定や胃液調整、術後の鎮痛調整など、さらにできることを増やしていきたいです。そういう意味でもまだしばらくは手術室で勤務したいですし、手術中の看護に関しても知識をより深めていかなければならないと感じています。加えて、自分が学んできたことを後輩にも伝えていきたいですね。そのうえで大事にしていることはコミュニケーション。自分から声をかけ、積極的にサポートしていきたいです。

(Kさん/手術室/2011年入職)

看護師としての可能性を広げられる環境です!

看護提供方式は「デイペア固定チーム受け持ち」制を採用。新人教育は、実地指導者、教育担当者、管理者が多方向から見て、一人ひとりのペースとスキルに応じた指導を行っています。また、キャリア開発プログラムを毎年設定し、年に3回の面接では取得したい資格や希望する働き方などを伝えることができます。さらに附属の専門学校での教師という道も開かれており、専任教員の資格取得も可能。看護師としての可能性を広げていきたいとお考えの方に、ぜひチャレンジしてほしいですね。(Kさん/看護副部長)

問い合わせ先

問い合わせ先・雇用法人名 独立行政法人労働者健康安全機構 中部ろうさい病院  総務課
採用担当までお問い合わせくださいませ。

MAIL:bosyuu@chubuh.johas.go.jp
TEL:052–652–5511
住所

455-8530
愛知県名古屋市港区港明1−10−6

地図を確認する

アクセス 【地下鉄でお越しの場合】  
名城線「港区役所駅」で下車。1番出口より徒歩約7分です。
【市バスでお越しの場合】  
金山駅バスターミナル(市バス停留所)8番のりばより系統25(野跡駅または港区役所行き)にご乗車いただき「労災病院前」で下車してください。
URL

病院TOPへ戻る

エン
トリー
エントリーとは、その病院に対して今後の説明会情報や選考の情報が欲しいという旨の意志表示です。 情報を受け取れるように少しでも興味がある病院へは、エントリーをしておくことをお勧めします。 ※エントリーは説明会や選考を受けなければならないということではありません。
説明会・
見学会申込
選考に
応募