看護学生のための総合情報サイト

柏葉脳神経外科病院

  • 病院所在地:北海道
  • 病床数:144床
  • 看護師数:118名

当院では病院見学会を実施しております。
脳神経外科に少しでも興味がある方はまずはChoiceを!
【見学会・面接は随時行っております!】

柏葉脳神経外科病院
  • "choice"すると、病院からパンフレットや見学会などの詳細が受け取れます。
柏葉脳神経外科病院全景、札幌地下鉄東豊線終着福住駅、4番出口より徒歩5分。
柏葉脳神経外科病院全景、札幌地下鉄東豊線終着福住駅、4番出口より徒歩5分。
新人看護師リフレッシュ研修。仲良し同期で楽しいパン造りは思い出に。
新人看護師リフレッシュ研修。仲良し同期で楽しいパン造りは思い出に。
病院データ
名称
柏葉脳神経外科病院
名称フリガナ
カシワバノウシンケイゲカビョウイン
病院種別
一般病院
設置体
特定医療法人
病院の特徴
当院のページをご覧いただき、ありがとうございます。

当院は、昭和46年4月に開院しました。開院当初は東月寒の田園風景の中にありましたが、平成14年の世界的なサッカー大会を機会に、地下鉄と札幌ドームが近くに完成して月寒東は札幌の南東の中心地となりました。当初19床で始まった私どもの病院は地域の皆様のご要望に応じて昭和50年に60床、平成16年11月に144床となり、平成17年春には「患者さんのアメニティーと安全で安心いただける医療のサービスを提供できる病院」をコンセプトに行われた全面改築工事を終え、現在に至っています。

脳神経外科を中心に神経内科、精神科、循環器内科、リハビリテーション科、麻酔科、放射線科を標榜し、脳卒中や脳腫瘍、頭頚部の外傷をはじめ、緊急を要する患者さんのために24時間いつでも検査や手術ができる体制をとっております。また、最新型MRIやSPECTなどの医療機器を更新充実させ、血管内外科、覚醒開頭術や術中脳腫瘍蛍光診断法ならびに光線力学的療法など、新しい医療技術も積極的に導入しています。

私どもは、患者さんのQOLとその継続を大切にした医療サービスを考えております。それは患者さん一人一人の生き方をも含めた患者さんの医療ニーズにあわせて、過不足のない医療サービスを提供することともいえます。多くの正しい情報を患者さんとご家族に提供させていただく事によって、患者さんを中心とした医療サービスを提供し、“この病院に来て良かった”と言っていただけるような病院を実現したいと思っております。


<理念>
私たちは、安全で安心いただける医療のサービスに徹し、患者さんの幸せを守ります。


<基本方針>
●患者さんにとって思いやりのある最善の医療に全力を尽くします。

●医師とスタッフによる説明と、患者さんの理解と選択に基く医療を実践します。

●患者さんの意志とプライバシーを尊重します。

●医療従事者として、常に豊かな人間性の向上をめざします。

●救命・救急医療から心と身体のリハビリテーションまで、脳の総合病院をめざします。

●地域医療機関との強力な連携をはかり、よりダイナミックな医療のサービスを提供します。
診療科目
脳神経外科・神経内科・循環器内科・精神科・リハビリテーション科・放射線科・麻酔科
開設年月日
昭和46年4月
病床数
144床
職員数
268名
看護師数
118名
院長
金子 貞男
看護部長(総師長)
副院長・看護部長/田中 惠子
看護方式
チームナーシング(一部、固定チームナーシング)、一部機能別看護
看護体系
急性期・亜急性期病棟:7対1
回復期リハビリ病棟:15対1
外来患者数
1日平均外来患者数:134名
入院患者数
1日平均入院患者数:110名
看護部の理念
患者さんの生命を支え、安全で安心な生活の質に配慮した看護を実践します。個々の治癒力を高めるため、優愛明笑の精神で看護にあたります。
看護部の方針
●病院基本方針と看護部運営方針を理解し、一人ひとりが目標をもって看護する。

●看護の質を高いレベルに保つ。(救命救急・機能回復・自立への看護・終末期の看護)

●安全を第一に事故防止を徹底する。

●患者さん・ご家族へのインフォームド・コンセントを大切にする。

●地域連携を深め、効果的な継続看護をする。

●常に自己研鑽し自律した看護職員を育成する。
看護部長/田中より
柏葉脳神経外科病院は、急性期(51床)・亜急性期(49床)・回復期(44床)、それぞれ特徴をもった3病棟で運営しています。

医師をはじめとするリハビリ・MSW・心理療法士・音楽療法士・栄養士など、他部門の多くのスタッフと協働し、患者さんがより安全に安心して治療が受けられるよう、優しさと愛情をもって看護できるように努力しています。

衝撃的な発病の時期から回復まで患者さんの心と身体を支え、健康に向けて導く役割を、一人ひとりの看護師が自分の持てる力を発揮し、笑顔で看護していけるよう教育に力を入れています。
新人看護師のMさんより
脳はとても不思議です。例えば、目で見たり聞いたりして自分の考えを持ち、それを自分の言葉で話し相手に伝える。あるいは、自分の思うように行動する。脳には、他にたくさんの働きがあります。そのため、症状も様々で、幅広い看護が必要となります。そんな部分にやりがいや魅力を感じ、脳神経外科に興味がありました。

入職後、初めは不安や緊張の毎日でした。そんな中でも、プリセプターはじめ先輩スタッフに親身に指導していただき、日々吸収し学びを深めています。
 
プリセプターのHさんより
私の勤務する病棟は、新人さんの入職数が少なく、年上のスタッフばかりだったので、始めて年齢の近い新人さんが入ってくることを嬉しく思いました。
 
私が新人の時に指導してくださったプリセプターは、看護師経験が20年くらいのベテランの方で、疑問や質問にも全て答えてくださり、細かいところも丁寧に教えてもらいました。私の場合はまだ自分が勉強中なので、知識や技術を見直したり、復習したりする機会となり、また、新人さんから新たな視点を教えられることもあり、新人さんと共に自分も成長させてもらっていると思います。私はプリセプターとして、気軽に相談できる存在であり、上の立場の人との仲介役であり、新人さんのSOSに気付ける存在でいられるように心がけています。
採用・待遇
雇用形態
正職員  
募集職種(取得見込)
看護師  
採用人数
10名
応募資格
看護師資格見込み取得者
選考方法
面接
提出書類
履歴書
成績証明書
卒業見込み証明書
初任給(モデル月収例)
216,000円
※2015 年4月 実績
(職務手当 15,000円、精勤手当 8,000円含む)
※記載給料には夜勤手当は含んでおりません。
 出勤回数分、支給いたします。
初任給(基本給のみ)
193,000円
※2015 年4月 実績
手当
夜勤手当:深夜1回 7,000円
     準夜1回 5,000円
住宅手当:上限23,000円
通勤手当:上限30,000円
昇給・賞与
昇給/年1回(4月)
賞与/年2回(6,12月)
(2015年4月実績、約4.6カ月)
勤務地
札幌市豊平区月寒
勤務地詳細地区
北海道(道央)
勤務形態
日勤(3交代制) 8:30 ~ 17:00
準夜勤(3交代制) 16:30 ~ 1:00
深夜勤(3交代制) 0:30 ~ 9:00
夜勤(2交代制) 16:30 ~ 9:00 夜間2時間仮眠
休日・休暇制度
<休日>
4週8休、日曜・祝日

<休暇>
年末・年始 5日
夏休み 3日
年次有給休暇、特別休暇 など
福利厚生・加入保険制度
健康保険・厚生年金保険・雇用保険 など、各種社会保険制度完備
退職金制度
あり
被服貸与
あり
研修制度・教育制度
あり  <新人教育体制>
当院では、新人看護職員が「看護の仕事のすばらしさ」を実感しながら、「基本的看護技術」はもちろん、時代の要請に応える「脳神経外科看護の専門知識と専門技術」を習得できるよう、「新人看護職員研修」を更新・充実させています。
4月から7月までの「新卒者技術研修」と4月から翌3月までの「新人看護職員研修」のほかに、先輩看護職員がマンツーマンで指導する「プリセプター制」があり、新人看護職員が一日も早く自信を持って働けるようサポートしています。


■ラダー別研修
 新人にはガイドラインに基づく研修内容を専任教育科長が作成します。
有給休暇取得日数
※前年平均
1.1日
女性管理職の割合 ※前年度
80%
新卒採用者数(男性/女性)
※過去3年間
平成26年度採用 女性4名 男性2名
平成27年度採用 女性9名 男性1名
平成28年度採用 女性5名 男性2名
一人ひとりの看護師の成長を支える環境があります!
<1.新人看護職員を日常的にサポート>
1人の新人看護職員(プリセプティ)に、1人の先輩看護職員(プリセプター)が1年を通じて日常的に指導を行う教育体制「プリセプター制」で、心理的サポートや看護実践能力のスキルアップをサポートします。

<2.充実した教育体制を整えています>
新人看護職員研修(卒後1年間の看護職員者対象)や、レベルごとに設定されたクリニカル・ラダー別研修などで、看護知識や技術を確実に習得できる教育体制が整っています。

<3.スキルアップを目指す人にオススメです>
看護の質を高めることを目的に活動する各種委員会に参加できます。
また、高齢社会のなかで重要な役割を果たす「脳卒中リハビリテーション看護の認定看護師」の資格取得を目指して学ぶこともできます。
看護部教育理念
「優しさと知恵をもち、常に自分を磨く自律した看護職者を育てる」
看護部教育目標
●脳神経外科看護のスペシャリストとしての能力を獲得できる。

●看護実践能力の向上のために、必要な知識・技術の習得ができる。

●患者のニードを的確に把握し、患者中心の看護過程が展開できる。

●チームの中での自己の役割を認識し行動できる。

●主体的に学習・研究に取り組むことができる。

●後輩や学生の指導・教育ができる。
ワークライフバランスを大切にしています!
一人ひとりの看護職員の価値観やライフスタイルを尊重し合いながら、ともに働き続けることができる職場環境があります。さまざまな勤務体制の中から希望の勤務時間帯を選ぶことができるだけでなく、進学や子育ての支援制度が充実しているので、仕事もプライベートに豊かになる「ワークライフバランス」を実現できます。

<さまざまな勤務体制で実現する「ワークライフバランス」>
●進学学生へのフレックスタイム制の導入
●夜勤専従
●子どもの養育・介護を行う正規職員への夜勤回数の制限と免除
●短時間勤務者の採用
(子育てとの両立、再就職への不安、生活優先など)


<子育てしながら看護師を続けている先輩職員がたくさんいます>
●子どものための看護休暇の充実
●所定労働時間免除対象年齢の延長
●短時間勤務制度
●夜勤免除
●保育料の補助(最大80%)
病院基本情報
採用問い合わせ先
特定医療法人 柏葉脳神経外科病院
看護部長/田中(タナカ)
TEL:011-851-2333
郵便番号
062-8513
住所
札幌市豊平区月寒東1条15丁目7番20号 柏葉脳神経外科病院
地図を確認する
アクセス
【地下鉄】東豊線「福住駅」4番出口から徒歩5分
【中央バス】「福住バスターミナル」から徒歩5分
URL
スマートフォン
画面URL

https://nurse.mynavi.jp/sp/hospitals/outline/94740
外出先やちょっとした空き時間にもスマートフォンでマイナビ看護学生を見てみよう!
  • "choice"すると、病院からパンフレットや見学会などの詳細が受け取れます。
Copyright (C) Mynavi Corporation