アルメイダ病院

  • 所在地:大分県
  • 病床数:406床
  • 看護師数:368名
三交代 三次救急 寮・住宅補助あり 資格支援あり 退職金制度あり 奨学金制度あり 託児所あり マイカー通勤OK

新型コロナウイルス拡散防止のため個別での病院見学に変更しております。ご希望される方は随時予約よりお申込み下さい。

先輩情報

脳卒中リハビリテーション認定看護師としてチームで活動中

認定看護師 佐藤 恭平

  • 職歴(キャリア):2006年〜
  • 出身校の所在地エリア:大分県
  • 出身校:大分市医師会看護専門学校
  • 所属診療科目:脳外科/整形外科・形成外科
現在のお仕事について教えてください

私は脳卒中リハビリテーション認定看護師として活動しています。急性期の脳卒中患者様の病態予測を行い、重篤化を回避するため、知識・技術を駆使し看護援助を行っております。機能回復のための充分なリスク管理のもと、早期離床・早期リハビリテーションを行い、廃用症候群を防止しています。そして、これらを看護スタッフと共有し、技術の提供や相談・連携・指導を行い、さらには他職種とのコラボレーションによる強力なチーム医療を提供する事を目指しています。

あなたの仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

患者さんの先に生活がみえる看護ケアを展開するには、患者さんや家族の情報は不可欠です。疾病を罹患する前、生活者としてどのような環境で暮らしてきたのかを把握する必要があります。その情報をもとに、生活の再構築に向けた、早期離床、早期看護介入、早期退院支援へ結び、その看護過程や看護介入方法を在宅へ繋げていかなくてはいけません。患者さんの情報をもとに今後の生活を見据えた、早期離床、早期リハビリテーションのアプローチの実践、さらには高次脳機能障害や摂食機能、排尿自立への支援等を行っております。他職種と同じ目標に向かい、看護師独自の視点で患者様に接し、それが結果として現れた時に自己効力感が高まり、看護に対するモチベーションアップに繋がります。

当面の目標を教えてください

患者様の治療回復過程において、自立生活を見据えた看護を展開すれば患者様のQOLは大きく変わります。今現在脳卒中患者は200万人と言われ、寝たきり患者様の最大の原因は脳血管障害です。また介護認定3~5を受ける原因疾患も脳血管疾患が一位を占めます。当院は急性期病院でありますが、回復期・維持期においても脳卒中を伴った傷害を社会的不利と考えず、その傷害と向き合い、社会生活に適応でき、その人らしい生活ができるような援助を早期より提供したいと考えています。また、患者様の今までの人生・生活背景や役割等の全体像をとらえ個別性のある看護、全人的なケアを展開し、それらの情報を回復病院や在宅へしっかり繋ぐため当院オリジナルの「脳卒中ノート」を作成し、それをもとに患者様をバトンタッチしています。

その他アピールしたいことはありますか

私は救急医療も経験しており、その際は日本DMATの資格もとらせて頂きました。他の分野の認定看護師も多く、大学院に働きながら勉強する先輩方も多数おり、セカンドキャリアアップと意味ではすごく充実していると思います。男性看護師も多数おり、部署をこえて「アルメイダ男性看護師会」という飲み会が開催されました。ぜひ一度病院見学に来て頂き、雰囲気を感じてほしいと思います。やりかいを感じると思います。皆様と一緒に働ける事を楽しみしております。

病院基本情報

問い合わせ先 大分市大字宮崎1509-2
大分市医師会立アルメイダ病院 人事課 斉藤
TEL:097-569-3121(代表)
住所

870-1195
大分県大分市大字宮崎1509-2 大分市医師会立 アルメイダ病院

地図を確認する

アクセス http://www.almeida-hospital.com/access.html

電車の場合
JR敷戸駅より徒歩15分
JR大分駅よりタクシー20分

車の場合
高速道路より→光吉ICをおりて車で5分
大分中心街から→JR大分駅より10号線を走り、車で20分
URL

病院TOPへ戻る

資料
請求
インターン・
見学会申込
選考に
応募