• 所在地:愛知県
  • 病床数:500床
  • 看護師数:406名
二交代 三次救急 寮・住宅補助あり 資格支援あり 退職金制度あり 奨学金制度あり 託児所あり マイカー通勤OK

私たちは看護の力でできることを追求し続けています!

合同募集

あいちの県立病院【愛知県がんセンター、愛知県精神医療センター、あいち小児保健医療総合センター、愛知県医療療育総合センター】 合同募集 採用窓口

●問い合わせ窓口

以下の病院は「あいちの県立病院【愛知県がんセンター、愛知県精神医療センター、あいち小児保健医療総合センター、愛知県医療療育総合センター】」へお問い合せください。

先輩情報

Team(多職種)で患者を支える

看護師 Y.C

  • 職歴(キャリア):2005年〜
  • 出身校の所在地エリア:愛知県
  • 出身校:愛知県立看護大学
  • 所属診療科目:その他(眼科、耳鼻咽喉科など)
現在のお仕事について教えてください

今年度より、外来化学療法センターへ異動になりました。通院で抗がん薬治療を行う患者さん、ご家族への看護が主になります。がん化学療法看護認定看護師として、学生さんへ臨床講義を行ったり、院内研修やマニュアルの見直しなど、他の認定看護師と一緒に行っています。

今まで仕事をやってきた中で、特に印象に残っているエピソードや嬉しかったこと、苦労したことは何ですか?

臍帯血移植後の患者さん・ご家族が、定期受診毎に会いに来て(現在はコロナ禍でできませんが)下さる時は、私自身が笑顔と元気を受け取っています。
 パートナーシップで組んだ後輩スタッフが、退院調整ができることを目標としていました。最初は、どのように患者さんに声をかけたらよいのか、何を質問したらよいのか迷っていました。まずは一緒に、患者さんのところに訪室し、確認しなければならないことを振り返りながら、患者さんとも治療方針を共有することができました。退院調整における進捗状況を私と後輩スタッフ、さらにチームで共有しました。後輩スタッフは、患者さんと時間をかけて、残された時間をどう過ごしたいのか、看護師として患者さんのこんなところが不安に思っていると伝えながら、在宅・転院調整を行うことができました。後輩スタッフが1年を通して、目標達成できた時には嬉しく、誇らしく思いました。
 ライフワークバランスを整えることには、苦労しました。生活を充実させるためには、仕事をしなければなりません。仕事をちゃんとやるには、生活リズムが崩れやすい、と悪循環になることもありました。家族や先輩スタッフ、友人、患者さんがいてくれたことで、看護師を続けたいと思えるようになり、バランスをとることの大切さを実感しました。

あなたの仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

他のスタッフから相談を受けて、患者さんのケアを行い、症状コントロールをスタッフ、患者さんと一緒に行うことができた時に、がん化学療法看護認定看護としてのやりがいを感じます。

仕事をするにあたって心掛けていることは何ですか?

急変対応や投与管理、退院調整など様々な場面において感情が揺さぶられることが多くありますが、看護師としての役割は何か、自分自身が今できることは何か、判断しながら患者さん・ご家族、スタッフへの対応を心がけています。

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

学生の時に当院での実習があり、懸命に治療に取り組む患者さんの姿を見ることができました。また、入職後の教育研修が充実していると感じ、就職を希望しました。

当面の目標を教えてください

病棟から異動してきたばかりであることを活かして、外来化学療法センターと病棟との継続看護を充実させたり、それぞれの良いところが反映できるように取り組んでいます。

学生の皆さんにメッセージやアドバイスをお願いします

免許取得後は、同じ資格を持った看護師になります。チーム医療で働くこと、それは経験年数が違っても同じ看護師であり、仲間だと思っています。一緒にがんばりましょう。

問い合わせ先

問い合わせ先 看護部 
TEL:052-764-2946
住所

464-8681
名古屋市千種区鹿子殿1-1

地図を確認する

アクセス 名古屋市営地下鉄名城線「自由ヶ丘駅」2番出口より徒歩7分
URL

病院TOPへ戻る

採用窓口を確認する

【採用窓口】あいちの県立病院【愛知県がんセンター、愛知県精神医療センター、あいち小児保健医療総合センター、愛知県医療療育総合センター】