独立行政法人地域医療機能推進機構 九州地区事務所

合同募集 採用窓口

  • 所在地:熊本県
  • 病床数:0床
  • 看護師数:0名
三交代 三次救急 寮・住宅補助あり 資格支援あり 退職金制度あり 奨学金制度あり 託児所あり マイカー通勤OK

安心の地域医療を支えるJCHO JCHO九州地区は、山口県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県に14病院あります。

🌼第5回看護職員採用候補者選考(統一試験)は10月24日(月)に実施します。(2022/09/29更新)

🌼第5回の募集要項、受験願書はマイナビの「採用・待遇」欄や九州地区事務所のホームページからダウンロードできます。
🌼第5回看護職員採用候補者選考(統一試験)実施病院は、九州地区事務所のホームページでご確認下さい。
🍀資料請求時のお願い:宛先不明で郵送できませんので、住所は番地までご記入をお願いします。
🍀新型コロナウイルス感染症拡大のため、インターンシップ・見学説明会を一時中止・延期する病院があります。インターンシップ・見学説明会をご希望される病院にお問い合わせください。
🍀2022年1月~のインターンシップ・見学説明会の申し込みについて
 九州病院、久留米総合病院、福岡ゆたか中央病院、佐賀中部病院、松浦中央病院、諫早総合病院のインターンシップ・病院見学説明会の申し込みは、JCHO九州地区事務所のページからお申し込みください。

エントリーとは
エントリーとは、その病院に対して今後の説明会情報や選考の情報が欲しいという旨の意志表示です。 情報を受け取れるように少しでも興味がある病院へは、エントリーをしておくことをお勧めします。 ※エントリーは説明会や選考を受けなければならないということではありません。

先輩情報

人吉医療センター 糖尿病看護認定看護師

認定看護師 根笹 真由美

  • 職歴(キャリア):2011年〜
  • 出身校の所在地エリア:鹿児島県
  • 出身校:鳳凰高等学校衛生看護専攻科
  • 所属診療科目:内科/腎臓・泌尿器科/産科・婦人科/小児科
1)現在のお仕事について教えてください

糖尿病看護認定看護師として活動しています。

2)なぜ、この資格を取得しようと思いましたか?

名古屋で勤務していた頃にフットケア指導士資格取得しましたが、足病変のある患者さんのほとんどが糖尿病の既往がありました。そのため、足だけではなく、全身のアセスメント能力や、糖尿病に関する知識や技術を身につけたいと考えたからです。

3)資格を取得するにあたり、支援(病院・家族)はありましたか?

認定看護師を取得するためには、認定看護師教育課程の受けられる学校に通う必要があり、私は千葉の研修センターで教育を受けました。そのため、家族とは半年離れ離れになりましたが、私の夢を理解し応援してくれました。また、病院も退職することなく、在職扱いのままで、研修費等も支援して頂きました。

4)仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

糖尿病は一生をかけて治療しなければならないため、患者さんは多大な苦悩を抱えています。そのため、時には投げやりになってしまう患者さんもいます。しかし、そのような患者さんが、私と関わったことで行動変容を起こし、再度病気と向き合い、治療に前向きになっていく姿をみると、やっててよかったと感じます。

5)今まで仕事をしてきた中で、特に印象に残っているエピソードや嬉しかったこと、苦労したことは何ですか

糖尿病の既往があるターミナル期の患者さんが、血流障害から足壊疽となり、医師からは切断の必要性も説明されました。しかし、なんとか救肢したいと考え、代謝内科・循環器・皮膚科の医師に協力していただき、治療・看護を継続し救肢に成功しました。そのため、この患者さんはQOL低下することなく最期まで過ごすことができました。

6)当面の目標を教えてください

現在コロナの影響により、糖尿病の教育入院に制限がかかっており、認定看護師としての活動にも影響がでています。しかし、現在産婦人科の混合病棟で勤務しており、妊娠糖尿病の妊婦さんたちとも関わることが多くなりました。そのため、糖尿病管理だけでなく、リラクゼーション・リンパケアにも興味を持ち、アロマを使用したリンパケアマッサージの資格取得を目指しています。

7)学生の皆さんにメッセージやアドバイスをお願いします

看護師は命に係わる大変な仕事ですが、どんな看護師になりたいか、患者さんにこうなってほしいと考えることが大事だと考えます。これは基本の考えかもしれませんが、実際に現場で働いていると、日々の業務だけで精一杯になり、気持ちにも余裕が無くなることがあります。しかし、この考えを持ちながら業務を行うと、一つ一つの業務が自身の知識・技術の向上だけでなく、患者さんのために必要なことと理解でき、やりがいを持って仕事ができます。

8)その他アピールしたいことなど、自由にご記入ください

看護には終わりがないとよく耳にしますが、まさにそうだと思います。学ぶことを面倒だと思わず、研修など沢山受けてください。そして、身につけた知識や技術は、仕事だけでなく、家庭や子育てにも役立てられます。

問い合わせ先

問い合わせ先 ・JCHO下関医療センター  TEL:083-231-5811
・JCHO徳山中央病院    TEL:0834-28-4411
・JCHO九州病院      TEL:093-641-5111
・JCHO久留米総合病院   TEL:0942-33-1211
・JCHO福岡ゆたか中央病院 TEL:0949-26-2311
・JCHO佐賀中部病院    TEL:0952-28-5311
・JCHO松浦中央病院    TEL:0956-72-3300
・JCHO諫早総合病院    TEL:0957-22-1380
・JCHO熊本総合病院    TEL:0965-32-7111
・JCHO人吉医療センター  TEL:0966-22-2191
・JCHO天草中央総合病院  TEL:0969-22-0011
・JCHO南海医療センター  TEL:0972-22-0547
・JCHO湯布院病院     TEL:0977-84-3171
・JCHO宮崎江南病院    TEL:0985-51-7575

・JCHO九州地区事務所   TEL:0965-88-6212
             mail:kango@chikukyusyu.jcho.go.jp
住所

866-0862
熊本県八代市松江城町2-26 健康管理センター棟4階

地図を確認する

アクセス 鹿児島本線「八代駅」よりバスで10分
URL

病院TOPへ戻る

エン
トリー
エントリーとは、その病院に対して今後の説明会情報や選考の情報が欲しいという旨の意志表示です。 情報を受け取れるように少しでも興味がある病院へは、エントリーをしておくことをお勧めします。 ※エントリーは説明会や選考を受けなければならないということではありません。
インターン・
説明会申込
選考に
応募