関門医療センター

  • 所在地:山口県
  • 病床数:400床
  • 看護師数:420名
三交代 三次救急 寮・住宅補助あり 資格支援あり 退職金制度あり 奨学金制度あり 託児所あり マイカー通勤OK

「Innovation」「Community Link」「Learning&Training」 患者さま中心の『健康応援病院』に

先輩情報

私たちが患者さんをよくする!!

看護師 福田 真也

  • 職歴(キャリア):2011年〜
  • 出身校の所在地エリア:山口県
  • 出身校:宇部フロンティア大学
  • 所属診療科目:ICU/NICU/GCU/CCU
ICUの特徴

当院は重症患者を24時間受け入れる事の出来る3次救急の病院です。病床数は400床、32診療科あります。当院は山口県下関市にあり、目の前には源平合戦決戦の舞台である関門海峡が一望できます。駐車場にはヘリポートがあり、ドクターヘリはもちろんの事、自衛隊機のような大型の回転翼機も着陸することができ、地域の災害拠点病院となっています。私が配属されている集中治療室では、重症敗血症や交通外傷、ハイリスク手術後等の重症患者を看護しています。

大切にしていること

集中治療室に入院する患者は重症であり、人工呼吸器や持続透析、補助循環装置等特殊な機械を付けていることが多く、自分の意思を伝えられない方や、自由に動くことが出来ない方も多くいます。看護師は医療従事者の中で一番患者に近い存在であり、患者の変化にいち早く気づくことが出来る存在だと私は思っています。今この患者は何を必要としているのか、どう支援すればいいのかを常に考えながら看護するように心がけています。

今だから言えること

私は新人のころから集中治療室に配属されましたが、もともと希望した部署ではなく、やりがいを見いだせないでいました。新人の頃は知識も技術も未熟で、どのようなケアをしていいかもわからず、先輩看護師に怒られてばかりいました。配属から7年経ち、私にも少なからず知識と技術が身についてきました。私が行ったケアで状態が改善したり、元気になった患者さんが退院前に挨拶しにきてくれるのを見ると、集中治療室に配属されて本当に良かったと思います。最初のころは嫌いだった救急・集中領域が今では大好きになりました。

学生さんへメッセージ

皆さんが看護師を目指した理由は、国家資格だから、給料がいい、制服がかわいい等様々だと思います。しかし、看護師含め医療従事者は人の人生に深く関わる仕事であるため、専門的な知識や技術、責任感が必要とされます。私も偉そうなことを言える立場ではありませんが、看護師として働く以上「私たちがこの患者をよくするんだ」という意識を持って看護を行ってください。もし一緒に働くことになったら、微力ながら皆さんの力になれる様サポートしていきます。一緒に成長していきましょう。

病院基本情報

問い合わせ先 独立行政法人国立病院機構 関門医療センター
 管理課 庶務係長
住所

752-8510
山口県下関市長府外浦町1-1 関門医療センター

地図を確認する

アクセス kanmonkangoshi@kanmon-mc2.hosp.go.jp

病院TOPへ戻る

資料
請求
インターン・
見学会申込
選考に
応募