山形大学医学部附属病院

  • 所在地:山形県
  • 病床数:629床
  • 看護師数:625名
三交代 三次救急 寮・住宅補助あり 資格支援あり 退職金制度あり 奨学金制度あり 託児所あり マイカー通勤OK

新人教育はローテーション制度を採り入れています。新人の1年間は多様な経験を通して看護を学び、教え、育み、看護と向き合い、看護観を深めることを大切にしています。

先輩情報

いつも笑顔を忘れずに

認定看護師 S.T(皮膚・排泄ケア認定看護師)

  • 職歴(キャリア):2008年〜
  • 出身校の所在地エリア:青森県
  • 出身校:青森県立保健大学
  • 所属診療科目:精神科
皮膚・排泄ケア認定看護師になろうとしたきっかけは何ですか?

元々消化器外科に勤務していた頃から創傷治癒課程やストーマ管理に興味がありました。当時病棟には皮膚・排泄ケア認定看護師がおらず、医師が「病棟にも詳しい人がいたらなあ」と言ったひとことがきっかけでした。自分にもっと専門的な知識と技術があれば、患者さんのためだけではなく、病棟スタッフの看護の質の向上にも寄与できるのではないかと考え、資格取得を目指しました。

資格を活かした現在の活動内容について教えてください

病棟内外を問わず、褥瘡や創傷処置、ストーマ管理、失禁管理に問題を抱える患者さんを中心に、専門的な看護を提供できるように活動しています。褥瘡対策チームの一員として院内の褥瘡発生予防の啓蒙に努めたり、ストーマ外来を担当しており、患者さんがストーマを保有しながら退院後も安心して生活できるように支援しています。

現在行っている看護のどんなところにやりがいを感じますか?

患者さんの笑顔をみることがやりがいのひとつになっています。自分の知識や技術で患者さんの抱えている問題を解決できたときは勿論、自分の足で歩くことができた、お風呂に入ることができたなど、患者さんが自分の生活を少しずつ取り戻しすことができた笑顔を見た時に、看護師になって良かったと感じています。

看護を行う上で心掛けていることは何ですか?

全てのことに疑問を持つことです。患者さんの症状や現在の治療、自分たちの行っている看護に常に疑問をもち、日々見直すことで、患者さんにとってより良い、質の高い看護を提供できると考えています。

キャリアアップをめざす環境として山形大学医学部附属病院のおすすめポイントを教えてください

当院は専門看護師、認定看護師やDMAT隊員など、キャリアアップを成し遂げている看護師が多く在籍しています。自分が興味のある分野の先輩方の話を聞いたり、院内研修に参加できるので、自分が目指すべき姿をより具体的にイメージしやすくなります。

看護学生にメッセージをお願いいたします

私は大きな目標や高い志をもっていたわけではなく、自信もなく迷いながら今の道を選びました、その中で、高い水準の医療や看護を学び、仲間に支えられ、多くの患者さんの笑顔を見ることができたことが、今の自分につながっています。もしまだ自分の道を迷う人や自信がない人がいれば、ぜひ当院で一緒に働いてみませんか?

病院基本情報

問い合わせ先 山形大学医学部総務人事担当
 電話番号:023-628-5010(直通)
 E-mail:isojin@jm.kj.yamagata-u.ac.jp
住所

990-8587
山形県山形市飯田西2-2-2 山形大学医学部附属病院

地図を確認する

アクセス 山形駅前からバスで20分程度
URL

インターン・見学会/選考の一覧

病院TOPへ戻る

資料
請求
インターン・
見学会申込
選考に
応募