山形大学医学部附属病院

  • 所在地:山形県
  • 病床数:629床
  • 看護師数:625名
三交代 三次救急 寮・住宅補助あり 資格支援あり 退職金制度あり 奨学金制度あり 託児所あり マイカー通勤OK

夏季インターンシップ 募集を開始しました。 学年は問いません。先輩との交流会もあります。お早目にお申込みください

先輩情報

緩和の心 母ごごろ

看護師/認定看護師 T.K(がん性疼痛看護認定看護師)

  • 職歴(キャリア):1982年〜
  • 出身校の所在地エリア:山形県
  • 出身校:山形県立高等保健学院
  • 所属診療科目:その他(眼科、耳鼻咽喉科など)
がん性疼痛看護認定看護師になろうとしたきっかけは何ですか?

患者さんから、痛みで夜も眠れず「助けてー」と泣かれた時、手を握ることしか出来なかった苦い経験があります。その後緩和ケア病棟へ研修に行く機会があり、入院患者さんが最期まで穏やかにすごしている事に興味を抱き、学びを深めたいと思いました。苦痛の緩和方法を学び、苦しむ患者さんを救いたいと思ったのがきっかけです。

資格を活かした現在の活動内容について教えてください

緩和ケアチーム活動として、がん患者・家族の全人的な苦痛を緩和し、生活の質を維持向上できるように、他職種と協働し支援しています。外来看護においては、患者・家族のニーズに合わせた疼痛緩和の実践、安心して在宅療養が出来るような支援をしています。

現在行っている看護のどんなところにやりがいを感じますか?

患者さんに笑顔が戻ること。苦痛がやわらぎ、患者さんに自信が取り戻せるように支援をしていますが、問題が解決し、患者さんやご家族にに笑顔が見られた時は、「この仕事をやっていて本当に良かったな」と感じます。

看護をするにあたって心掛けていることは何ですか?

疼痛緩和方法を学び、緩和ケアチームで患者さんへ関わると、様々な痛みで我慢している患者さんが多いことを改めて痛感しました。痛みは緩和出来ることを伝えケアする事、病気だけを見ず、全人的な視点で患者さんを診て必要なケアを行います。がん患者さんの心に寄り添える看護を心掛けています。

キャリアアップをめざす環境として山形大学医学部附属病院のおすすめポイントを教えてください

当院は、専門看護師や認定看護師が多い理由として、進学することへの理解やサポートが手厚いので、仕事を続けながら安心して研修を受ける事ができる事です。専門職同士の連携もあるため、興味深い勉強会にお互いに参加しやすく、学ぶことができます。

学生の皆さんにメッセージやアドバイスをお願いします

笑顔は万人の薬だそうです。あなたの笑顔が患者さんを癒してくれます。患者さんが言っていたので間違いありません。

病院基本情報

問い合わせ先 山形大学医学部総務人事担当
 電話番号:023-628-5010(直通)
 E-mail:isojin@jm.kj.yamagata-u.ac.jp
住所

990-8587
山形県山形市飯田西2-2-2 山形大学医学部附属病院

地図を確認する

アクセス 山形駅前からバスで20分程度
URL

病院TOPへ戻る

資料
請求
インターン・
見学会申込
選考に
応募