昭和大学附属病院

合同募集 採用窓口

  • 所在地:東京都
二交代 三次救急 寮・住宅補助あり 資格支援あり 退職金制度あり 奨学金制度あり 託児所あり マイカー通勤OK

1.あなたにとって『生涯をかけてやりがいのある仕事』にするお手伝い 2.日本一のチーム医療を目指して 3.組織横断的な活動ができる107名の専門・認定看護師

先輩情報

屋根瓦方式で職場の先輩方が優しくフォローして下さる!

助産師 吉野 早紀

  • 職歴(キャリア):2015年〜
  • 出身校の所在地エリア:群馬県
  • 出身校:昭和大学
  • 所属診療科目:産科・婦人科
現在のお仕事について教えてください

私の働いている産婦人科病棟では、切迫早産や妊娠高血圧症候群など妊娠期で入院管理が必要になるハイリスクの妊婦さんや、婦人科疾患の手術目的の患者さんなどが入院しています。日々、症状の観察や日常生活援助、治療に伴う処置等を通して患者さんが安心して安全安楽に入院生活を送れるよう援助しています。

今まで仕事をやってきた中で、特に印象に残っているエピソードや嬉しかったこと、苦労したことは何ですか?

仕事をしている中で特に嬉しかったことは、手術後から連日担当していた患者さんに「手術のあとの一番辛い時期に優しく接してくれてとても安心しました。ありがとう。」という言葉を頂いたことです。手術を受けられる患者さんの中には、子宮を摘出される患者さんもいます。患者さんにとって子宮をとるということは、術後の痛み以上に色々な思いを抱えて手術に臨まれることも多いので、そのような女性心理に寄り添う援助を行うことも私達の仕事であると感じています。

あなたの仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

長期間の入院生活で関わったハイリスクの妊婦さんが無事に出産を迎えられ、元気な赤ちゃんと一緒に会いに来てくれたときがとても嬉しいし、「この仕事をやってて良かった!!」と思えるようなやりがいを感じます。

仕事をするにあたって心掛けていることは何ですか?

仕事中はどんなときでも笑顔でいることを心がけています。また、スタッフや患者さんにあいさつをしっかりすることも良好なコミュニケーションをとる上で重要と考えています。表情や声のトーンなど相手に与える印象を考えながら、日々援助を行うようにしています。

貴院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

助産学生のときに当院で実習をしました。大学病院であり、学ぶ環境が整っていること、そして何より優しい先輩方からの指導もあり入職を希望しました。新人研修などの学習する環境が整っていることと、屋根瓦方式で職場の先輩方が優しくフォローして下さることなど、入職後の教育体制に不安が強かった私にとって、安心して働くことができると感じたのもひとつの理由です。

当面の目標を教えてください

今の目標は、看護実践能力評価のラダー1を取得することです。そのために、日々わからないことはそのままにしないで、できだけその日のうちに解決できるように先輩から教わったり、自宅に帰って自己学習を行うようにしています。

将来の夢(仕事上・プライベート)を教えてください

私の理想とする助産師像は、対象者の気持ちに寄り添える助産師になることです。知識や技術もまだ未熟な私ですが、どんなときでも対象者の気持ち・精神面も援助できるような看護を行えるように日々精進していきたいと思っています。また、仕事だけでなくプライベートも充実させていきたいと思います。

学生の皆さんにメッセージやアドバイスをお願いします

入職してから覚えることや勉強しなければならないことがたくさんあって大変ですが、優しい先輩方にご指導頂きながら日々働いています。大変なことももちろんありますが、患者さんと接している中で嬉しいことや楽しいこともたくさんあります。学生の皆さんも実習や国試勉強など大変だと思いますが頑張ってください。

病院基本情報

問い合わせ先  昭和大学 統括看護部 
        採用担当 山口
 〒142-8555
  東京都品川区旗の台1-5-8
  フリーダイヤル:0120-703-831
          03-3784-8646
住所

142-8555
東京都品川区旗の台1-5-8

地図を確認する

アクセス 東急池上線・大井町線「旗の台」駅徒歩3分
東急目黒線「西小山」駅徒歩10分
URL

病院TOPへ戻る

資料
請求
インターン・
見学会申込
選考に
応募