イムス三芳総合病院

  • 所在地:埼玉県
  • 病床数:273床
  • 看護師数:261名
二交代 三次救急 寮・住宅補助あり 資格支援あり 退職金制度あり 奨学金制度あり 託児所あり マイカー通勤OK

「ふたば研修」で焦らず、ゆっくり、個々のペースで成長出来る!合言葉は「ほめて伸ばす」【インターンシップ随時開催中】【埼玉県内はもちろん、県外出身者も活躍中】

合言葉は『褒めて伸ばす』♪ あせらなくていい、ゆっくりでいい、みんなの頑張る気持ちを応援します♪(2022/07/25更新)

皆さん、こんにちは。
採用担当の新澤と申します。

私たちイムス三芳看護部は、『ほめて伸ばす!』を合言葉に、あなたの頑張る気持ちを支えていきます!
できないことを責めるのではなく、できたことを『ほめる!』未来に輝く看護師の原石を大切に育てます!


★インターンシップ・見学会も随時募集中です★—---------------------------------------------
【ご希望の日程が既にある方】→病院HPの応募フォーム:https://nurse.ims-miyoshi.com/
【調整して決めたい方】→マイナビ看護学生から随時予約をお願いいたします
—-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

☆point☆
■皆さんを大切に育てたいという想いから生まれた「ふたば研修」という、当病院独自の教育プログラム。
安心して最初の一歩を踏み出すための準備期間です。1年後の到達目標に向け、プリセプターや
教育担当者がサポートしながらチーム全体で育てます。

■埼玉県はもちろん、群馬/青森/新潟など全国各地から就職した先輩が大活躍中♪
(職員寮ももちろん準備しております♪)

■いちばんの魅力は、「雰囲気の良さ」
こればかりは、実際に見ていただかないと伝わらないと思いますので、ぜひ当院へ一度お越し下さい♪
(先輩の入職の決め手は「雰囲気がよかったから」という声が多数です!)

今現在、コロナ感染症の感染予防も実施し、現地での説明会・面接を実施中です。
ご興味のあるがある方は、インターンシップ、または病院説明会へエントリーをお願いいたします。

<インターンシップ・見学会についてのご案内>
【アクセス】
東武東上線「鶴瀬駅」西口より当院の無料シャトルバスが出ています。
9:30発に乗車すると間に合います。

【スケジュール】
[開始]9:50 [終了]13:30
※時間の変更は可能です。ご相談ください。
※感染状況によって変動することがございますが、ご了承下さい。

先輩情報

患者さんの変化を見逃さず、最適な看護ができるよう成長したい

看護師 A

  • 職歴(キャリア):2021年〜
  • 出身校の所在地エリア:東京都
  • 出身校:板橋中央看護専門学校
  • 所属診療科目:内科/循環器科
看護師を目指したきっかけ、イムス三芳総合病院に入職した理由は?

看護師を目指したきっかけは、子どもの頃から骨折で何度も整形外科に入院し、看護師さんに声をかけてもらった経験にあります。知人の看護師さんから仕事について聞く機会があり、私も病気やケガで困っている患者さんを助ける看護師になりたいと思いました。
イムス三芳総合病院は、見学やインターンシップに参加してみて、アットホームな雰囲気が感じられたためです。インターンシップで看護師の方が親身に指導してくださったことに加え、院内で看護師の皆さんが、先輩、後輩関係なく仲良く話している姿を見て、「ここで働きたい」と思いました。先輩看護師から教育体制が充実していると聞いたことも決め手の一つです。

配属先に循環器内科を選んだのはなぜですか? 現在のお仕事についても教えて下さい。

整形外科か循環器内科かで最後まで迷いましたが、心電図を読めるようになりたいと思い、循環器内科を選びました。心電図の読み取りができるようになれば、この先どの診療科に異動になっても役に立つと考えたのです。

現在は、カテーテル検査など、胸部の疾患で入院される患者さんの入院の案内や手続きを行っています。現在の症状や既往歴といった情報をお伺いし、治療につなげるとともに、ご本人やご家族に検査や治療の流れを説明します。急患の場合には、施設やご家族と連絡を取って情報収集し、ケアにつなげます。ほかには入院患者さんのモニター心電図のチェックや吸痰や内服、点滴治療も行っています。

入職から現在まで、どんな経験を積んできましたか?

入職後は、2ヵ月かけて行われる「ふたば研修」を通じて、全ての部署を回り、先輩看護師に付いて排泄の援助や食事の援助、吸引技術、採血技術といった看護の基本技術を学びました。その後、配属が決定。プリセプターの下で、循環器内科独自の技術について学んでいます。一つひとつ先輩に教わりながらできる項目を増やし、独り立ちを目指しているところです。

最初は声かけなど、患者さんとどう関わっていったらいいか、戸惑うことも多かったですが、先輩が患者さんと話しているのを見て、今では自分なりに考えながら対応できるようになってきました。

患者さんとの印象的なエピソードを教えてください。

初めての夜勤のときに、緊張して担当の入院患者さんに「わからないことがあるかと思いますが、よろしくお願いします」と正直にお伝えしたところ、「がんばってね」と声をかけていただきました。バッジのようなものをいただき、とても励みになったのを覚えています。

心臓の疾患では長期間入院されている方も多く、退院されるときに「ありがとう。お世話になりました」と涙ながらに挨拶される患者さんもいらっしゃいます。入院当初は話すこともできなかった方が、元気になって退院していく姿を見ると、少しはお役に立てたかとうれしくなります。

看護師として日々、心がけていることは?

看護師は、忙しいイメージがあるのか、話しかけづらいと思っている方が少なからずいらっしゃいます。患者さんの何気ない一言からケアの糸口がみつかることもありますから、患者さんにとって話しかけやすいようにすることを意識するようになりました。入院患者さんとは時間を取って、毎日積極的にコミュニケーションを重ねるようにしています。また、その際には、「いつでも呼んでください」「色々教えてください」など笑顔で話すことを心がけています。

今後の目標を教えてください。

まずは循環器内科で経験を積み、心電図の波形やカテーテル治療に精通して、患者さんの小さな変化にも気付けるようになりたいと思います。そのために、いまは先輩看護師から勧められた参考書を使って調べたり、病棟で先輩が開いてくださる勉強会に参加したりして知識を深めているところです。将来的には他の診療科目での経験も積んだうえで認定看護師になることを目指します。個々の患者さんの症状に応じたよりよいケアができるように成長していきたいですね。

問い合わせ先

問い合わせ先 総務課・採用担当

(直 通)  049-257-3830
(Eメール) miyoshi-kango.saiyo@ims.gr.jp
住所

354-0041
埼玉県入間郡三芳町藤久保974-3

地図を確認する

アクセス 東武東上線『鶴瀬駅』西口下車 病院シャトルバス乗車10分(無料)
車通勤OK(居住地と病院の距離が2km以上の場合に限ります)*入寮者除く
URL

病院TOPへ戻る

エン
トリー
インターン・
説明会申込
選考に
応募