米盛病院

先輩情報

「いつも笑顔で仕事が楽しそう」と言われます

看護師 本村

  • 職歴(キャリア):2015年〜
  • 出身校の所在地エリア:鹿児島県
  • 出身校:鹿児島県立野田女子高等学校
  • 所属診療科目:整形外科・形成外科
米盛病院で働きたいと思った理由は何ですか?

学校に置いてあった求人票を見て米盛病院を知りました。実際に病院に行き、当時まだ未完成だった建物を見学したり、実際に働いていらっしゃる先輩方の話を聞き、米盛病院で働きたいという気持ちが出てきました。最終的な決め手は「新しい病院」だからです。

現在、どのような仕事をしていますか?職場の雰囲気はどうですか?

脊髄チームのサブリーダー、褥瘡委員会として役割を担っています。
患者さまにはADL・セルフケア介助を要する方が多いため、「セルフケアを充実させるにはどのようにすればよいか」をチーム・委員会などで意見をまとめ、実践していく形をつくっています。
そうすることで、スタッフが患者さまのためによりよい看護を提供できると考えています。

仕事をするうえで心掛けていることはありますか?

患者さまの話をよく聞くこと・観察することを心掛けています。
4年目になり余裕もでてきたため、患者さまの話にしっかりと耳を傾けるようにしています。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

患者さまの話をよく聞くこと・観察することを心掛けています。
4年目になり余裕もでてきているため、患者さまの話にしっかりと耳を傾けるようにしています。

先輩から言われて心に残っている言葉はありますか?

先輩看護師に「いつも笑顔で仕事が楽しそう。」と言われました。忙しい中でも私のことを見てくれているんだとうれしく感じました。

スキルアップをはかるために何かしていることはありますか?

褥瘡委員会に所属しているため、褥瘡に関する勉強をしています。

今、頑張っていること、目標としていることは何ですか?

看護研究を頑張っています。将来の目標は、まだ探している途中です。

米盛病院に入職して印象に残っているエピソード、嬉しかったことがあれば教えてください。

四肢麻痺があった患者さまが、3回の手術を乗り越え杖歩行ができるようになり、無事自宅退院されました。1年以上もの長い期間、患者さまと関わってきたので、杖歩行で退院する後ろ姿が忘れられません。
入院中、患者さまは麻痺で思うように身体を動かせないもどかしさ、苦しさがあったと思います。そんな中、私の名前を覚えてくださり、何回も顔を見せに来てくださいました。私も患者さまと関わる中で、患者さまの抱えていたもどかしさや苦しさを感じていたのだと思います。だからこそ、患者さまが退院するときに嬉しさが込み上げてきたのだと思うし、あの後ろ姿が忘れられないのだと思います。

米盛病院の魅力、自慢できるところについて教えてください。

建物が、広くてきれいで、照明が明るく、ホテルみたいな病院とよく患者様方に言われますが、働いている私も同じことを思います。

看護師を目指す学生の皆さんにメッセージやアドバイスをお願いします。

今を頑張ってください。

病院基本情報

問い合わせ先 人材開発室
TEL/099-230-0114(直通) 099-230-0100(代表)
FAX/099-230-0101
E-mail/jinji@yonemorihp.jp
住所

890-0062
鹿児島県鹿児島市与次郎一丁目7-1 米盛病院

地図を確認する

アクセス 【バスでのアクセス】
 ●鹿児島中央駅からお越しの方
 〈市営バス〉16番線 鴨池港・文化ホール線「与次郎一丁目」下車
 〈鹿児島交通〉32-1番線 鴨池港行 「共月亭・米盛病院前」下車
  ※所要時間:約15分

 ●鴨池港からお越しの方
 〈市営バス〉16番線 鴨池港・文化ホール線「与次郎一丁目」下車
 〈鹿児島交通〉32-1番線 天文館・金生町行「共月亭・米盛病院前」 下車
  ※所要時間:約10分

【市電でのアクセス】
 〈市電1系統〉「荒田八幡」下車 徒歩15分

【お車でのアクセス】
 ●高速道路をご利用の方
  鹿児島ICで降り、与次郎方面に約15分。
  フレスポジャングルパーク前

 ●市街地からお越しの方
  与次郎 フレスポジャングルパーク前
URL

病院TOPへ戻る

資料
請求
インターン・
見学会申込
選考に
応募