神戸徳洲会病院

  • 所在地:兵庫県
  • 病床数:309床
  • 看護師数:160名
二交代 三次救急 寮・住宅補助あり 資格支援あり 退職金制度あり 奨学金制度あり 託児所あり マイカー通勤OK

【神戸市内2次救急の病院です】充実した、教育システム。更なるキャリア開発を強力にバックアップします!幅広いエリアの先輩看護師が活躍中!

先輩情報

ステップアップできる環境

看護師 R・Y

  • 職歴(キャリア):2018年〜
  • 出身校の所在地エリア:兵庫県
  • 出身校:神戸市医師会看護専門学校
  • 所属診療科目:外科
入職を決めた理由

私が神戸徳洲会病院へ入職を決めたのは、教育体制がしっかりしていて、1年目から様々な研修・実習を受けることができ、ステップアップしていくことができるところに魅力を感じたからです。
実際に臨床の現場に出てみると患者様と関わる中で、自分自身の技術不足では不安に思うところもありますが、研修を行うことで同期と共に学び、自分には切磋琢磨することで、自信につながっていくと思います。
また、配属された部署で1日の振り返りがあり、何が足りないのか、どうすれば克服していけるのかを先輩に指導して頂きながら、日々成長することができます。

病院を選ぶのに大切だと思うこと

私が病院を選ぶ要件として大事だと思うことは、スタッフ同士の人間関係です。
医療従事者同士の連携が大切で常にコミュニケーションをとっていかなければなりません。
その中で、人間関係が良ければ、円滑にコミュニケーションをとることができ、それにより、患者様により良い看護が提供できると思います。
また、先輩との人間関係が良ければ、質問もしやすく、自分自身のスキルアップにつながると思います。

入職後、苦労していることや良かったこと

技術がうまくいかないこと・時間の管理がうまく図れないことが現在の課題だと思っています。
技術に関しては、自分の毎日の振り返りや先輩からの指導を日々思い出しながら行っています。
もちろん研修で学ぶこともあるので、そういった場で同期と確認しながら振り返ることもできます。
時間の管理に関しては、毎日の振り返りの中で先輩に指導を受け、何がいけなかったのか、もっとここをこうできたのではと、一緒になって考えて下さいます。そういったところが私は嬉しかったです。

研修の特徴

1年目の新人看護師には、ローテーション研修があり、2つの部署を経験することができます。
私は1つ目が循環器病棟、2つ目が地域包括ケア病棟でした。2つの病棟は役割が違うため、それぞれの特徴があります。
2つの違った病棟の特徴を知ることもできますし、それぞれに必要な看護を学ぶことができます。
循環器病棟(急性期病棟)では、入院から治療を行っている患者様に対しての看護、地域包括ケア病棟(慢性期病棟)では、自宅退院方向のADLの向上に向けた看護を学ぶことができます。
また、研修の中では、新人同士でどういう看護をしていきたいか話し合うことがあります。
そのため、新人同士で情報交換をすることや、それぞれどのような看護をしていきたいのかを考えることができるため、自分の目標を再確認できます。

病院基本情報

問い合わせ先 【お問合せ部署】総務課
【担当者名】北浦または吉川
所在地: 神戸市垂水区上高丸1-3-10
お問合せ部署電話番号: 078-707-1110
E-mailアドレス: nurse@kobetokushukai.org
住所

655-0017
神戸市垂水区上高丸1-3-10  神戸徳洲会病院

地図を確認する

アクセス JR・山陽電鉄「垂水」駅下車。「垂水」駅より山陽バス(2・3・48・171)系統に乗車、バス停「千代が丘」下車すぐ
神戸市営地下鉄 「学園都市」駅より山陽バス(48・171)系統乗車、バス停「千代が丘」下車すぐ
URL

病院TOPへ戻る

資料
請求
インターン・
見学会申込
選考に
応募