福岡輝栄会病院

  • 所在地:福岡県
  • 病床数:259床
  • 看護師数:200名
二交代 三次救急 寮・住宅補助あり 資格支援あり 退職金制度あり 奨学金制度あり 託児所あり マイカー通勤OK

輝栄会病院で働く魅力

急性期から慢性期まで幅広い活躍フィールドを有する福岡輝栄会病院。仕事を通じて能力を伸ばし、自分らしく働ける場を見つけることができます。

手厚いフォロー体制と学ぶ意欲を後押ししてくれる環境

以前は、救命救急センターでくも膜下出血の患者様の看護を主に担当していたのですが、一般病棟に移ってから退院までの看護にも携わりたいと思うようになり、地元である福岡に戻るのを機に、そんな私のやりたいことがきる環境を探す中で見つけたのが福岡輝栄会病院でした。
入職後は、希望通り脳神経外科病棟に勤務。急変対応が絶えない病棟のため、患者様の小さな変化も見逃さない観察力が求められます。もともと人と話すことが大好きだったのですが、病状はもちろん、どういう性格の人なのか、普段はどういう生活をしているのかなど、会話を交わす中で、人物像まで把握するようにしています。患者様に名前も顔も覚えてもらって、いろいろ相談してもらえたり、感謝の言葉をかけてもらったりするとうれしくなりますね。急変対応を迅速に行ったことで大事に至らなかったり、小さな異変を医師に伝えることで未然に防止できた時には特にやりがいを感じます。

また、教育研修体制が充実していることや、スタッフの関係性がよいことも当院の大きな魅力です。
私は現在、プリセプターとして1年目職員の指導に当たっているのですが、プリセプターにもサポーター役としてアソシエイトがつくなど、手厚いフォロー体制があります。実は私自身、教えることには苦手意識をもっていたのですが、進捗状況の確認やメンタル面のフォローなども行ってくれるため、自信をもって指導することができています。教えたことが役立ち、成長に貢献できていると手ごたえも感じられるようになり、私のモチベーションも上がっています。もちろん1年目だけでなく、継続的にフォローアップ研修などもあり、他病棟の仲間と交流し、いろいろと情報交換をしたり、刺激を受けたりしています。
さらに、気管カニューレの交換なども行える特定看護師を目指したいと、勉強を始めたところです。特定行為研修の受講など簡単なことではありませんが、学ぶ意欲を後押ししてくれる環境があるからこそ、目指せることでもあります。しっかりと学び、技術を身に付けて、病棟にしっかりと還元していける人材へと成長していきたいと思います。
(安部香織さん 脳外科病棟/2019年入職)

医師による勉強会も毎月あり、職種を超えたコミュニケーションも盛んです。

幅広い知識と経験を身に付け、着実にステップアップ

同世代が多く、また医師など他職種とも気軽に話せる風通しのよい環境です。

新人のうちは急性期病棟で幅広い手技や処置法について学びたいと考えていました。福岡輝栄会病院は3つの急性期病棟があることに加え、新病院に建て替えを行う予定で、きれいな施設や高度な設備であることも魅力に感じ、入職を決めました。
入職当初は内科病棟に勤務。高齢の患者様が多く、認知症の方もいる中、できるだけ不安を和らげられるよう、例えば処置の際にも丁寧に声をかけながら行うようにしていました。また、新病院に切り替わる際に、新たに循環器病棟も新設され、循環器の患者様も担当するように。循環器病棟には40~50歳代の患者様も多く、理解度も高いため、治療内容についてもできるだけ詳しく丁寧に説明するなど、対応の幅も広がりました。もちろん使用する薬剤や求められる処置も異なるため、新たに勉強して知識を増やし、日々の対応や状態観察に当たっています。なかでも医師が直接、研修をしてくれたことは、今でも役立っています。さらに、心電図についてもっと知りたいと院外の研修にも参加するなど、自己研鑽に努めています。

教育研修体制が充実しており、豊富な知識を身に付けられるのは、当院の大きな魅力です。1年目の時は経験豊富な先輩がプリセプターとして丁寧に指導してくれ、その時に学んだことは今も私の基盤となっています。3年目の時に、今度はプリセプターとなった時には先輩に教えていただいたことをしっかりと後輩に伝えられるようにと考え、取り組んできました。指導をするにあたって、自分の知識の再確認につながり、また足りないところは一緒になって勉強し、ともに成長することができたと思います。さらに4年目にはアソシエイトとして、プリセプターを支える経験もしました。
入職5年目となる今年からは、当院の教育システムのラダー3のレベルにも到達。主任の不在時には、私が病棟メンバーを束ねる役割を担うことになり、責任の重さを実感しているところです。主任をしっかりと支えられる存在になれるよう、病棟全体を見て、適切な判断ができる人になっていきたいと思います。
(上垣内笑夢さん 循環器・内科病棟/2017年入職)

多職種で連携し、病棟全体のレベルアップにも貢献

以前は急性期病院で勤務していたのですが、退院までの過程についても知りたいと思うようになり、転職を決意。福岡輝栄会病院は同じ病院にいながら急性期から慢性期まで幅広くかかわれるフィールドがあるのが魅力でした。
入職後は、希望していた回復期病棟で勤務。脳神経外科や整形などの病棟から移ってきた患者様に対して、自宅に帰るにはどうすればいいか、ご家族にもお話を聞きながら、目標を設定し、リハビリを進めています。
急性期で看護をしてきた経験から、カルテを見れば、入院した経緯や治療内容などについて理解できる一方、これまでとは違う関わり方に戸惑うことも。例えば、着替えや食事などの行動1つひとつが回復期の患者様にとってはリハビリです。そのため、“頑張ればできそうなこと”については、手を貸すのは最小限にとどめ、自立を促すサポートをしていくことが求められます。リハビリスタッフや薬剤師、ソーシャルワーカーなどと定期的にミーティングを行うなど、多職種がチームとなって取り組み、徐々に成果が出てきた時はうれしいですね。回復期病棟に来たばかりの頃は、車イスでトイレに行けなかったが、杖をついて1人で行けるようになったり、自宅退院できるまでに機能回復したり…。毎日のリハビリでこんなに変わるんだと驚くとともに、モチベーションも高まっています。

また教育委員として、新入職員の指導やプリセプターへのメンタルケアに加え、ラダー研修の企画なども行っています。入職1年目から3年目くらいの若手職員は、急性期の治療に対する知識や理解が十分ではなく、不安を抱えている人もおり、急変対応の時に適切な処置を迅速に行えないケースも見られます。そんな不安をできるだけ払拭し、自信をもって急変対応に当たれるようにするためには、どのような研修を行えばいいか。先輩と一緒に考え、学習カリキュラムに反映させていきたいと考えています。これからも自分自身はもちろん、病棟全体のレベルアップにも貢献できるように力を尽くしていきたいと思います。
(稲田優衣さん 回復期病棟/2021年入職)

回復期病棟の半分の看護師は育児経験者。アットホームな雰囲気で長く働ける職場です。

看護部長から学生の方へメッセージ 

急性期から慢性期まで幅広く学べる当院では、結婚、出産後も長く働き続けられる環境を整えています。新人教育では、プリセプターを中心に年間を通じてサポート。「いつも笑顔で」を理念に掲げる看護部では、スタッフ全員がいつも笑顔でいられるように、現場目線をいちばんに考えた職場づくりに力を注いでいます。社会人1年目は何もかもが大変だと思いますが、仕事を楽しく毎日笑顔で出勤できるように支援していきます。信頼できる仲間や先輩と“人と人の関係”を築きながら職員同士のつながりを大切に育む温かい職場でお待ちしています。

問い合わせ先

問い合わせ先 福岡輝栄会病院 総務課 草場
TEL:092-681-3115
【E-mail】soumu@kieikai.ne.jp
住所

813-0044
〒813-0044  福岡市東区千早4-14-40

地図を確認する

アクセス ■JR鹿児島本線/西鉄貝塚線「千早駅」から徒歩4分
URL

インターン・説明会/選考の一覧

病院TOPへ戻る

エン
トリー
インターン・
説明会申込
選考に
応募