履歴書&エントリーシート作成Checkポイント

就職活動に役立つ!
履歴書&
エントリーシート
作成の仕方

この記事は約5分で読めます。

就職活動が実際に始まると、必ず必要になるのが履歴書&エントリーシート。
意外と見落としがちなチェックポイントから、実際に記入する際に役立つシートを公開します!

履歴書CHECKポイント

履歴書は「自分の魅力を表現するためのもの」です

一般的にアルバイトやパート、派遣社員などの経験は職歴に書きませんが、「この人に会ってみたい」と思わせるものであれば、積極的に記入しアピールするのもひとつの方法です。限られたスペースを十二分に活用してください。

フリー記入欄は「読みやすい」「理解しやすい」「印象に残りやすい」を意識

読みやすい

文字は適切な大きさで丁寧に/文章を詰め込みすぎず少なすぎず(8割記入)/アンダーラインや箇条書きを活用

理解しやすい

必ず結論から書く/伝えたいことは基本1つ/どうしても複数あるときは先に「○点あります」と書いておく

印象に残りやすい

必ず具体的なエピソードを盛り込む/内容だけでなく、文字や言葉遣いで相手がどのような印象を持つか確認を

1.日付

郵送の場合:投函する日の日付
持参の場合:持参する日の日付

2.写真

  • 3ヶ月以内に撮影した写真
  • 正装・髪型を整える
  • 裏に氏名と大学名も記入

3.捺印

まっすぐ綺麗に! 最初に押しておこう

4.住所

省略せずに 都道府県から書く

5.メール

読み間違いがないように注意!
【注意する文字の例】
英大文字のオー:O 数字のゼロ:0
英大文字のアイ:I 英小文字のエル:l 数字のいち:1
ハイフン(―)とアンターバー(_)など

6.学歴

  • 小中学校は卒業のみでOK
  • 「同校卒業」と省略するのはNG
  • 国公立は記載が必要(例:○○県立~)
  • 私立の場合は学校名のみの記載でOK
  • 学部や学科、専攻などがある場合は記入
  • 学歴の最後の行は1行空ける(見やすさのため)

7.職歴

  • 職歴はすべて記入
  • 株式会社の場合は「入社」「退社」、病院等それ以外の場合は「入職」「退職」と記入
  • 退職の場合は「一身上の都合により退職」と記入
  • 現在も勤務している場合は、記入した現在の年月で 「現在に至る」と記入

8.免許・資格

  • 取得年次順に記入
  • 正式名称をきちんと調べる
  • 取得予定も記入OK
  • あまりに取得が容易な資格はマイナスの印象を与える恐れあり

※仕事に関係のない資格は「アピールとなるか否か」を考えて記入

9.研究・科目

卒業研究はテーマだけでなく、一言添える (熱意、丁寧さ、積極的であることをアピールできるため)
例:選んだ理由、研究の進め方、困難だったこと、得たことなど

10.学生生活

  • 必ず結論から書く(何の話か、何が言いたいかがすぐわかるように)
  • アルバイトでの経験も、良い印象を与えるものであればOK
  • 「経験」や「行動」、「その理由」などの具体的エピソードを添える

11.趣味・特技

  • 単語で終わらせず、一言添える(読書であれば、好きなジャンルや作家など)
  • 特技と言っても立派なことを書く必要はありません。人より少しでも得意なこと、自信のあることを書きましょう。

12.自己PR

以下の質問に回答し、それを参考に自己PRを考えてみましょう

  • あなたの長所は?
  • なぜそう思うのですか?
  • あなたは人からどのような人だと思われていますか?
  • あなたを一言で表すと?その理由は?

13.志望動機

以下の質問に回答し、それを参考に志望動機を考えてみましょう

  • その病院で何をやりたいと思っていますか?
  • 入職したらどのように貢献していきたいですか?
  • どのような看護師になりたいと思っていますか?

マナーチェック

  • 誤字脱字はありませんか
  • 名称は正式なものですか
  • 言葉遣いは適切ですか(○貴院×当院、○私×自分)
  • 尊敬語と謙譲語は正しく使われていますか
  • 学生言葉や省略言葉(バイトなど)をうっかり使っていませんか

※ダウンロードには会員登録が必要です

エントリーシートCHECKポイント

あなたの分身でもあるエントリーシート。思いを伝えるためにはマナーも重要。記入・提出前にこのチェックリストで確認しよう!

1.記入の前に
  • 提出期限を厳守(期限ギリギリよりも余裕を持った提出を)
  • 数枚コピーして下書きをしてから清書する
  • 証明写真はスピード写真不可
2.下書きのときに
  • スペース内におさまるように記入する
  • 記入欄の8割は埋める(蟻のような小さな字でビッシリと記入するのは避ける)
  • タイトル化、冒頭結論、箇条書きなどの工夫で読みやすく
  • ダラダラ長く書かない(1文20~30字が目安)
  • 抽象的表現を避ける(「様々な~」「しっかりと」「きちんと」など)
  • 省略語を使わない
    (例)×バイト→○アルバイト、×学祭→○学園祭、×コンビニ→○コンビニエンスストア など
  • 学校名は正式名称を記入(高校は高等学校と記入)
  • 学部・学科・専攻名も正確に記入
  • 職歴にアルバイトは含めない
  • 資格は正式名称で記入する(取得予定も記入可能)
  • 誤字・脱字を確認(変換ミスにも注意)
3.清書のとき
  • 下書きの誤字・脱字を再確認
  • 印鑑は一番最初に押し、写真は最後に貼る(押し損じ、書き損じに備えて)
  • 筆記用具は黒の万年筆か水性ボールペンを使用する
  • 丁寧に書く
  • 修正液は使用しない
  • 「ふりがな」欄はひらがな、「フリガナ」欄はカタカナで書く
  • 日付記入欄は提出日もしくはその前日の日付を記入
  • 住所は都道府県から全て書く
  • 写真の裏に学校名・名前を記入
4.提出直前に
  • 記入漏れ、誤字脱字がないか確認する(書き直せない場合は、二重線と訂正印で訂正する)
  • 大きめの封筒で送る(目安は2つ折りまでで入るサイズ)
  • 宛名の敬称は会社・部署名には「御中」、個人名には「様」
  • (株)と略さず「株式会社」と記入する
  • 封筒左下に「エントリーシート(履歴書)在中」と赤字で書く

★ワンポイント★ 「貴院」「御院」の使い分け

「貴院」は書き言葉、「御院」は話し言葉。エントリーシート記入時には「貴院」、面接時は「御院」を使用。

病院情報を探す

就活・実習マナーBOOK

ハンドブックイメージ

ポケットに入る大きさのお役立ちハンドブック。
いつでもどこでも、敬語や身だしなみチェック項目などを確認できます!
印刷して実際にハンドブックとして活用してみてくださいね。

※ダウンロードには会員登録が必要です

就活・実習マナーBOOKの作り方

※就活・実習マナーBOOKを出力したら以下の要領で完成させてください

  • 作り方1図のように、点線は山折り実線は谷折りに折る
  • 作り方2真ん中部分に切り込みを入れる
  • 作り方3図のような状態になります
  • 作り方4折り目通りにたたんでいきます
  • 作り方5折り目通りにたたんでいきます
  • 作り方6「持ち物チェック」が表紙「面接の流れ」が最終ページになるよう折りたたみ、形を整えます
先輩の履歴書と小論文添削を大公開!

先輩の履歴書と小論文添削を大公開!

あわせて読みたい

動画で解説!就活マナー講座