市立池田病院

  • 所在地:大阪府
  • 病床数:364床
  • 看護師数:324名
制度待遇: 二交代 寮・住宅補助あり 資格支援あり 退職金制度あり 託児所あり マイカー通勤OK

病院見学会・インターンシップは毎週お受けしています。ご参加頂く方には、検温、マスクの着用と簡単な問診をしております。ぜひ体験してください。

★病院見学会・インターンシップ随時受付中★(2022/12/01更新)

コロナ禍ではありますが感染予防対策を実施しながら病院見学会・インターンシップを実施しております。
日程が合わない方は、日程のご要望にもお応えできます。
病院のホームページよりお申し込みください。
https://www.hosp.ikeda.osaka.jp/nursing/

エントリーとは
エントリーとは、その病院に対して今後の説明会情報や選考の情報が欲しいという旨の意志表示です。 情報を受け取れるように少しでも興味がある病院へは、エントリーをしておくことをお勧めします。 ※エントリーは説明会や選考を受けなければならないということではありません。

共に成長できる環境

『安全文化のある職場環境づくり』に注力する市立池田病院。働きやすく教育にも手厚い当院の魅力を、さまざまなキャリアを持つ看護師と師長がお話しします。

【1年目】患者さま一人ひとりに寄り添える看護師に

相談しやすい環境なので新人も安心。一人で迷うことなく成長できます。(M.Kさん)

母が看護師だったため、看護師はとても身近な職業でした。祖父が入院した時に「優しい看護師さんのおかげでリハビリが頑張れた」と聞き、人を前向きに支える仕事に就きたいと思い看護師の道へ。実習で市立池田病院に行き、その温かな雰囲気と看護師の皆さんが互いに相談しあっている姿に「何でも相談できる環境がある」と感じて入職を決めました。

現在は5階北病棟(消化器外科・形成外科・口腔外科の混合病棟)で勤務し、主に消化器外科の周術期の患者さまを担当しています。患者さまが安全に手術を受けられるための準備や回復期の観察が仕事ですが、手術を受けられる患者さまはとても緊張されているもの。患者さまの気持ちに寄り添った心のサポートも大事にしています。また回復期においては、傷の痛みや回復のスピードが一人ひとり異なることを先輩から学びました。「患者さまに合わせた支援、退院後のことを考えたケアを大切に」とのアドバイスいただき、一人ひとりに合わせた看護を大切にしています。

消化器外科ではストーマ(人工肛門)を装着される方が多く、装具の管理や交換の仕方を指導するのも看護師の役割です。先輩について勉強するのですが、最初は患者さまの方が上手で逆に教えてもらうこともありました。今では一人でしっかりと説明できるようになったことに成長を感じています。こうした手技では先輩の現場指導と振り返りの時間が大きな力になりました。また当院では月に一度の面談があり、プリセプターの先輩と師長からさまざまなサポートがあります。目標が持てるだけでなく困ったことが相談でき、ポジティブレターとして心のこもったメッセージがもらえるのが嬉しいです。これからも経験を積んで、患者さまが前向きに治療に取り組めて、退院後も自分らしく生きていけるよう、心のサポートまでできる看護師になりたいと思っています。
(M.Kさん/2022年入職/5階北病棟 スタッフ)

【6年目】病棟全体で人を育てる恵まれた環境です

5階北病棟ではチーム制の看護を導入しており、私はサブリーダーを任されています。チームでの継続看護にはチーム内のコミュニケーションが何よりも大切で、若い看護師も遠慮なく話せる環境をつくることが私の役目です。私は入職6年目ですが、看護師歴は24年。中堅の視点になりがちですが、新人看護師の言葉に初心を気付かされることも多く、互いに高めあえる関係を築きたいと思っています。また当院では多職種とのチームカンファレンスがあり、例えば退院支援ではケースワーカー、ストーマの問題には認定看護師に相談できる体制が整っています。チームだけでなく、病棟一丸となって患者さまに向き合える職場環境だと思います。

当病棟は消化器外科・形成外科・口腔外科の混合病棟で、外科ならではのスピードの速さが特徴です。密なスケジュールの中でも、大切なのは患者さまの心に寄り添うこと。患者さまがどんな気持ちで手術に臨み、術後はどんな不安を抱えておられるかを学ぶ姿勢が大切だと考えています。私が指導において重視しているのは「人に興味を持つ」ことです。その患者さまがどう生きて来られて、何を大事にされているか。それはベッドサイドでのちょっとした会話で分かります。私自身、何気ない声掛けを続けた患者さまからの「あなたに会えて良かった」という言葉に救われたことがあります。患者さまの身近にいる看護師だからこそ、病気でなく人を見ることの大切さを教えていきたいと思っています。

さまざまな患者さまがいるように、看護の姿もさまざまです。新人看護師も成長のスピードが違います。人と比べて悩むことなく、失敗もみんなのサポートで乗り越えて、看護という仕事を好きになってほしい。これからもそんな思いで新人へのアプローチを続けていきたいと思います。個人的には循環器に興味があり、いつかは地元である池田市の心不全患者さまに貢献したいと思っています。
(W.Yさん/2017年入職/5階北病棟 サブリーダー)

心の支えになる先輩がたくさん。多くの診療科でキャリアが築けます。(W.Yさん)

【師長】安全文化が根付く職場で成長をサポート

「人を大切に」がモットー。互いを思いやる温かな職場環境が自慢です。(M.Kさん)

市立池田病院は『安全文化のある職場環境づくり』に力を注いでいます。患者さまの安全を最優先に、インシデントを最小限にする職場環境を根付かせることを目標としています。

学生さんから多く寄せられる質問が、「入職1年目のインシデントが怖い。どう対応しますか?」というものです。患者さまに一番近いケアを行う看護師は、誰もがインシデントやヒヤリとした経験をするでしょう。新卒者にとって、怖いという感覚は当然のことです。私たちはインシデントへの対応だけでなく、未然に防げたグッジョブ事例をみんなで共有する環境づくりに注力しています。誰もが何でも言い合える風通しのいい職場環境こそが情報共有につながり、安全を最優先した文化がつくれるのです。これは、私たちがずっと取り組んできた「働きやすい職場環境づくり」とリンクしています。新卒者も中途入職の方も、他の病棟から異動してきた看護師も気軽に話し合い、悩む前に解決する職場づくりを心がけています。

一方「教育」においては、コミュニケーションを重視し、学ぶことが楽しいと思える環境づくりを大切にしています。月に一度は、実地指導者であるプリセプターと私が同席する面談を実施。無理のない目標設定や一ヶ月の振り返り、抱える不安や悩みをしっかり聞いています。忙しい急性期病院において、こうした機会は安心した成長に欠かせないものだと思っています。また病棟の誰もが新人看護師に声をかけ、病棟一丸となって育てることを大切にしています。

そんな当院が求めるのは、どんなことも前向きに捉えて行動できる人です。コミュニケーションの上手下手は関係ありません。自ら進んでコミュニケーションを取ろうとする姿勢、患者さまを知ろうという思いやりが大切なのです。今の学生さんはコロナ禍で実習ができなかった人もいると思います。それを引け目に感じることはありません。臨床でしっかり補う体制と充実した教育で成長をサポートします。
(M.Kさん/2004年入職/5階北病棟 看護師長)

人としての資質を磨き、信頼される看護師へ

「社会のニーズに対応でき豊かな人間性と倫理観を持った看護職員を育成する」ことが看護部の教育コンセプトです。なかでも目指す看護師像の1つである、専門職としてあるべき姿を常に考えて行動できる「基本的資質・態度」を重視しています。看護師としての高度な技術はもちろんですが、患者さまに安心感を与え、信頼していただける礼儀やマナー、笑顔、優しい言葉掛けはそれ以上に大切です。

問い合わせ先

問い合わせ先 市立池田病院 事務局総務課
〒563-8510
大阪府池田市城南3-1-18
072-751-2881
住所

563-8510
大阪府池田市城南3-1-18

地図を確認する

アクセス 阪急宝塚線池田駅より徒歩10分
URL

病院TOPへ戻る

エン
トリー
エントリーとは、その病院に対して今後の説明会情報や選考の情報が欲しいという旨の意志表示です。 情報を受け取れるように少しでも興味がある病院へは、エントリーをしておくことをお勧めします。 ※エントリーは説明会や選考を受けなければならないということではありません。
インターン・
説明会申込
選考に
応募