湘南美容クリニック

  • 所在地:東京都
  • 病床数:0床
  • 看護師数:2372名
二交代 三次救急 寮・住宅補助あり 資格支援あり 退職金制度あり 奨学金制度あり 託児所あり マイカー通勤OK

新卒から美容看護師へ 〜湘南美容クリニックでやりたいことをやろう〜

★★ 2023年卒向け/オンライン説明会追加しました!★★(2022/05/02更新)

お問い合わせも多数ございましたので、オンライン説明会を追加致しました!
好評につき、枠が残りわずかです!ぜひお早めに予約してくださいね。
皆さんにお会いできるのを楽しみにしております!

※選考に進むには会社説明会の参加は必須となります。

教育・研修

SBCメディカルグループ/湘南美容クリニック(以下SBC)では専門の研修センターにて、美容と基礎看護の知識を教わることができます。そんなSBCの教育・研修についてお話を伺いました。

学びの機会が充実した、働きがいのあるクリニックへ

医療と美容の両方に興味があり、美容医療への道を検討していました。SBCは様々な事業を展開しているため、いろいろなことを学べそうだと感じ、入職を決意しました。

入社後は東京のクリニックにて集合研修に参加。4名のチーフの方がつきっきりで指導してくださったので、安心して業務を習得することができました。最初に配属された名古屋院は、スタッフだけで約100名がいる大型院。手術のサポートに加え、レーザー照射などの施術も担当できる点は魅力の一つでした。多くのお客様と関わる中で、リピーターの方が増えていき、日々やりがいが大きくなっていきます。 また、マニュアルが揃っているので、技術面も心配なく覚えていけましたね。「先客後利(お客様のためを思って動いていれば、利益は後から付いてくる)」という理念が浸透している職場で、接遇面もしっかりと磨くことができました。

2年目以降はプリセプターやリーダーとして、後輩指導も担うようになりました。初めての指導は不安でしたが、事前に行われたリーダー研修でティーチングやコーチングなどの“教える技術”をしっかり学べたことで安心して指導が出来ました。も大変役立ちました。

入社5年目には、現在の辻堂アカデミア院へチーフとして異動。スタッフ30名弱のアットホームな院ですが、SBC全院の技術教育院という大きな役割を担っているため、医師の手術サポートに入る機会が格段に増えました。また医師だけでなく看護師も全国から技術向上のために当院に来るので、その教育も行っています。

副主任になって以降は運営面にも参加し、受付主任とも協力し合いながら、人や数字面のマネジメント管理に従事。「全員が働きがいのあるクリニックにしたい」という目標のもと、特に力を入れてきたのは、従業員エンゲージメントの強化です。毎月必ず一人ひとりと面談を行い、次の目標や興味のあること、悩みなどをしっかりヒアリング。すぐに結果は出ませんでしたが、他院から来たスタッフにも意見をもらいながら地道に改善を重ね、1年後には従業員満足度の項目で、全国6位という結果を出すことができました。新卒で入社してから、これまで様々なことにチャレンジ出来ているのは、教育サポートがあり、学ぶ機会が沢山あったからこそだと思います。

(田邊 百合子さん/湘南美容クリニック辻堂アカデミア 主任/2015年入職)

田邊さんは6つのクリニックを経験。「新たな技術やスキルを習得できました!」

基礎看護も美容医院ならではの技術も身に付けられます

年々、顧客層が広がっている美容医療。「幅広い接遇力も身に付きます」と梶本さん。

SBCは、来院数の多い美容医療グループため、教育環境が整っています。2021年春には、新しく豊洲に研修センターを開設。私は現在その施設にて、新卒入社の方向けの研修カリキュラムの企画・運営を担当しています。

当院ではお客様の数も多く、現場ではスピーディーかつ的確な看護技術が求められます。そのため、基礎看護技術の指導にも力を入れており、看護師としても人としても成長できるような、しっかりした教育プログラムが組まれています。

入職後はまず2カ月弱、一般教養や美容医療の知識技術を入職研修にて学んでいきます。中でも基礎看護の分野では清潔操作や感染防止、点滴や注射の打ち方などの技術を、一通りしっかりと学びます。

現場配属後は一人ひとりに「プリセプター」と「メンター」が付き、OJTによるマンツーマン指導を実施しています。 配属後も定期的に研修センターにてフォローアップ研修を実施します。各自の習得レベルに合わせ、現場の復習や尿管留置などの新しい基礎看護技術の習得し、約1年かけて技術の維持向上を支援します。

安全にサービスを提供できるよう、豊富なマニュアル資料や動画なども活用することができます。医療を提供するスタッフとしての誇りを持ちながら、一人前の美容看護師へと成長できる環境を整えています。

看護学生の皆さんの中には「美容クリニック医院では基礎看護が学べないので、新卒ではまず病院を経験したほうがいいのでは」と考える方もいるかもしれませんが、医療教育部があるSBCでは、その心配は無用です。

また、新人看護師の皆さん方は、配属後、不安や焦りを感じる場面もあるかと思います。 私たち医療教育部は相談窓口としても機能していますので、何か気になることがあれば気軽に頼っていただき、不安や疑問を解消するサポートをさせていただきます。現場のプリセプターやメンターと共に、皆さんが一人前になるための成長を手助けいたしますので、ご安心ください。

(梶本 由梨さん/医療教育部 看護グループ/2017年入職)

多様なやりがいがある職場。皆さんの成長が楽しみです

SBCでは経歴や年次に関係なく評価をしてくれるため、意欲があれば誰でもキャリアアップが可能です。私も入職6年目には主任に昇格し、先生や他職種と連携しながら一つの目標に向かって院全体で取り組んでいます。マネジメント研修では、あるべきリーダー像なども教えていただき、直近でとても役に立ったのは責任意識に関する講義です。他責的になりがちな考え方に留意し、責任を持つ意識を学ぶことができました。

入職前は人に教えることに不向きな自覚がありましたが、効果的な教え方を学び、人に教えることが好きになりました。後輩がしっかり成長した、という成功体験をさせてもらえたことが理由だと感じています。

今後も従業員エンゲージメントを一層向上させつつ、一人ひとりがリーダー意識を持って働ける環境づくりに励んでいきたいです。また、コロナ禍で一部中断している教育研修をいつでも再開できるような体制を整えておき、一人でも多く教育や指導を担えるスタッフを育てていくことが目標です!
(田邊さん)

「すべては『お客様おひとりおひとりのお悩みの解決や希望の実現』のために」というバリューを掲げているSBC。私たち教育部門も「お客様の気持ちに寄り添える看護師」の育成を、一つの目標としています。

アンチエイジング意識の広がりで近年はお客様の層が広がっていますが、一般の病院と比べれば若い世代のお客様が多い点も美容クリニック医院の特徴。お客様が自分の殻に閉じこもることなく「気軽に相談したい」と思える雰囲気を作れる、そんな技術と接遇の意識を備えた美容看護師の育成を目指しています。

キャリアパスも、本人の意欲や希望次第です。私は入職後4年間、池袋の院にいましたが、多くのお客様と出会い、またプリセプターとして後輩たちの成長を見られる喜びを感じる中で、教育を極めたいという思いを抱くようになりました。そうして現部署に来るチャンスをいただき、現在は教育担当としてやりがいを持って業務に励んでいます。
(梶本さん)

全国にクリニックがあり配偶者の転勤などにも対応可能な、働き続けやすい環境です。

楽しみながら挑戦をしたい方に最適なクリニックです

SBCでは美容皮膚科・審美歯科・婦人科(不妊治療)・薄毛治療・整形外科・眼科などを全国114 院で展開しており、クリニックごとに診療科目や特徴が異なります。(2022年1月現在)その分、看護師としてスキルアップできる機会も豊富。2050年のビジョン達成に向けて成長を続けているので、「挑戦を楽しみたい」という方には、とてもやりがいのある職場だと思います。また、理想を求めてご来院されるお客様のお手伝いができ、綺麗になっていく過程やその喜びを一緒に共有できることも、SBCで働く醍醐味の一つです。

問い合わせ先

問い合わせ先 湘南美容クリニック新卒採用担当窓口
TEL:050-5865-5964(10:00~19:00/月~土)
MAIL:recruit@sbc.or.jp
住所

163-1312
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー12F

地図を確認する

アクセス 西新宿駅より徒歩3分
URL

インターン・説明会/選考の一覧

病院TOPへ戻る

エン
トリー
インターン・
説明会申込
選考に
応募