日本赤十字社医療センター

  • 所在地:東京都
  • 病床数:701床
  • 看護師数:975名
制度待遇: 二交代 三次救急 寮・住宅補助あり 資格支援あり 退職金制度あり 奨学金制度あり 託児所あり

【看護師・助産師 / ワンデー看護体験受付中!】看護の「こころ」と「スキル」が確かに身につく。

【3月2日看護イベントに出展します!】看護師・助産師 看護体験実施中です!ご予約お待ちしております。(2024/01/23更新)

日本赤十字社医療センター 採用担当です。
25卒採用を開始いたしました!
現在は看護師・助産師それぞれの看護体験を実施しております。

・看護師 2月5日(月)~3月8日(金)
・助産師 1月9日(火)~1月26日(金)

皆様のご参加をお待ちしております!

★お知らせ★
3月2日 看護セミナー【MEGA】 東京会場 に出展いたします!
是非当院のブースへ足をお運びくださいね🌷

エントリーとは
エントリーとは、その病院に対して今後の説明会情報や選考の情報が欲しいという旨の意志表示です。 情報を受け取れるように少しでも興味がある病院へは、エントリーをしておくことをお勧めします。 ※エントリーは説明会や選考を受けなければならないということではありません。

概要・採用データ

説明会・
見学会/選考情報

病院データ

病院名 日本赤十字社医療センター
病院種別 公的病院(国家公務員、独立行政法人、赤十字等)
病院機能 高度急性期 急性期
病院の紹介 都心の閑静な住宅街に位置する赤十字の基幹病院。がん診療、周産期医療、救命救急医療を診療の柱とする急性期病院です。 赤十字の「人道」、人々の尊厳を守ることを事業の礎とし、チームで患者中心の医療を展開。看護職はコーディネーターの役割を担っています。
診療科目 内科 呼吸器内科 呼吸器外科 消化器科(胃腸科) 消化器内科 消化器外科 循環器内科 小児科 精神科 神経内科 整形外科 脳神経外科 心臓血管外科 小児外科 産科 婦人科 眼科 耳鼻いんこう科 皮膚科 泌尿器科 こう門科 リハビリテーション科 放射線科 麻酔科 歯科口腔外科 腎臓内科 新生児科
血液内科、膠原病・アレルギー内科、緩和ケア科、糖尿病内分泌科、感染症科、乳腺外科、内視鏡診断治療科、小児保健、化学療法科、集中治療科、救急科、健康管理科
開設年月日 1887年5月1日
病床数 701床
職員数 1718人
(2023年4月1日時点)
看護師数 975人
院長 中島 淳
看護部長(総師長) 川上 潤子
看護方式 チームナーシングプライマリーナーシング(モジュール型)
看護配置基準 7対1看護配置
外来患者数 約1351人/日
入院患者数 約454人/日

採用・待遇

雇用形態 正職員
募集職種(取得見込) 看護師 助産師
採用人数 未定
募集対象 3月に看護師・助産師の資格取得見込みの方。またはすでに資格をお持ちの方。
募集学部 看護系学部・学科
応募・選考方法 未定
提出書類 履歴書、卒業見込証明書、学業成績証明書

※詳細につきましては、当センターHPをご覧下さい。

給与関連

初任給 2023 年 4月 実績
条件 合計 基本給 諸手当(一律)
看護師(大卒)、助産師 262,320円 262,320円
諸手当内訳:※募集する全職種は同一給与体系となります。
夜勤手当 あり / 都度支給
夜勤1回あたり 10,080円
(新卒1年目実績)
その他手当 時間外勤務手当、通勤手当、住居手当等
昇給・賞与 昇給年1回、賞与年2回(6月、12月)
勤務地 日本赤十字社医療センター(東京都渋谷区広尾4-1-22)
勤務形態・勤務時間 二交代制
変則2交替制(日勤) 8:00~16:30
      (夜勤)16:00~翌9:00

1カ月単位の変形労働時間制(週平均40時間以内)
休日・休暇制度 4週8休制
4週8休、国民の休日、年末年始(6日間)、日本赤十字社創立記念日(5月1日)*交替制勤務者は月々のシフトによる

年次有給休暇24日
その他特別有給休暇制度あり
福利厚生・加入保険制度 健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金、企業年金基金、日赤グループ保険、日赤積立年金、財形貯蓄、育児休業制度、育児短時間制度、介護休業制度、職員定期健康診断
奨学金制度 あり / 奨学生募集については、毎年1~2月頃に当センターホームページに掲載します。
退職金制度 あり / あり(日本赤十字社の規程による)
保育施設 あり / 「院内保育所さくらんぼ」職員の復職・就業を支援します。
被服貸与 あり / ユニフォーム貸与、シューズ支給(年1回)
看護宿舎 あり / 敷地内宿舎(最長3年間、独身寮)あり
就業場所における受動喫煙防止の取組 敷地内すべて禁煙
研修制度・教育制度 あり / 当センターには、新採用者向けに年間に14項目の研修プログラムがあり、みんなで学び、部署の実践に活かせるような工夫がされています。

●1年目の教育<プリセプター・エルダーシップ>
 3年目の看護師が「プリセプター」として、新人看護職員(プリセプティ)に最初の半年を寄り添います。プリセプターは、就職後の不安をできるだけ早くに軽減し、職場に慣れ、ガイドラインやマニュアルに沿って基本的な知識をもとに看護技術やケアを提供できるよう援助します。さらに、すぐれた看護実践能力と教育能力を持った看護師が「エルダー」として、プリセプターとプリセプティを支えます。エルダーは、新人看護職員が、対象の個別性に合わせてケア提供できるように、プリセプティの成長度合いに合わせてアドバイスしていきます。

●2年目の教育
 2年目は、部署で医療者として自立できることを目指します。他職種と連携し、看護職としての意見を持てるようになりましょう。各部署では、教育担当者がその部署で必要な専門的知識・技術に関する勉強会やカンファレンスなどの機会に、より実践的な教育を展開します。チームの中で日々の看護実践を続けるうち、知らず知らずに実力がついてくる、そんな教育システムになっています。
看護部でもさまざまな教育プログラムを用意しています。認定看護師・専門看護師によるフィジカルアセスメント研修では、より実践的で高度な内容のプログラムが待っています。

●3年目の教育
 3年目になると、経験豊かな職場のリーダーたちからアドバイスを受けながらプリセプターとして教育する側の立場を経験します。もちろん、看護専門職として視野を広く持って自律できるような支援が続いていきます。まだ自信はなくても、新人にとっては身近な先輩。曖昧な知識に気づいて復習したり、経験を積む必要に気づかされるかもしれません。また、救護員研修など赤十字プログラムに参加することで、赤十字職員としての社会的使命を自覚することにつながり、国内救護・国際救援といった道が身近に思えることもあるでしょう。
専門・認定看護師の就業状況 ■認定看護師が活躍しています
がん化学療法看護、感染管理、緩和ケア、皮膚・排泄ケア、集中ケア、救急看護、小児救急看護、新生児集中ケア、糖尿病看護、慢性呼吸器疾患看護、認知症看護、透析看護、手術看護、がん放射線療法看護、摂食・嚥下障害看護、脳卒中リハビリテーション看護

■専門看護師が活躍しています
がん看護、家族支援、地域看護、小児看護、精神看護、老人看護、急性・重症患者看護、慢性疾患看護、母性看護
平均年齢 34.0歳
前年度の新卒採用実績数 75名

働き方データ

女性管理職の割合※前年度 約4%(43名/1011名)
新卒採用者数(男性/女性) 2021年度 87名(男4名/女83名)
2022年度 75名(男6名/女69名)
2023年度 75名(男4名/女71名)

問い合わせ先

問い合わせ先・雇用法人名 日本赤十字社
日本赤十字社医療センター 看護部
(TEL)03-3400-1311(代表)
(e-mail)nurse@med.jrc.or.jp
※平日9:00~16:30にお願いします。
住所

150-8935
東京都渋谷区広尾4-1-22 日本赤十字社医療センター

地図を確認する

アクセス 渋谷駅東口から、都営バス「学03」日赤医療センター行き(約15分)終点下車
恵比寿駅西口から、都営バス「学06」日赤医療センター行き(約10分)終点下車
東京メトロ広尾から 徒歩10分
URL

公開期間:2023年12月1日~2024年11月

東京都の公的病院(国家公務員、独立行政法人、赤十字等)

病院TOPへ戻る

エン
トリー
エントリーとは、その病院に対して今後の説明会情報や選考の情報が欲しいという旨の意志表示です。 情報を受け取れるように少しでも興味がある病院へは、エントリーをしておくことをお勧めします。 ※エントリーは説明会や選考を受けなければならないということではありません。
説明会・
見学会申込
選考に
応募