みやぎ県南中核病院

  • 所在地:宮城県
  • 病床数:310床
  • 看護師数:338名
制度待遇: 三交代 寮・住宅補助あり 資格支援あり 退職金制度あり 奨学金制度あり 託児所あり マイカー通勤OK

新採用者を迎え、より看護の質の向上につとめます!!

桜のまちから、つなげたい、ひろげたい、私たちの看護(2024/05/31更新)

みやぎ県南中核病院は、仙南地域を中心とした宮城県南の救急医療、専門医療を担う急性期病院です。
患者さんにとって心身の負担が大きい急性期に、確かな判断に基づいた、適切で温かい看護が提供できる看護師の育成を目指しています。段階的な教育計画にもとづき、その方の成長に合わせた教育支援の中で経験を積むことによって看護師として成長できる環境があります。

エントリーとは
エントリーとは、その病院に対して今後の説明会情報や選考の情報が欲しいという旨の意志表示です。 情報を受け取れるように少しでも興味がある病院へは、エントリーをしておくことをお勧めします。 ※エントリーは説明会や選考を受けなければならないということではありません。

先輩情報

仙南地域の救急医療の中心で看護をしてみよう

認定看護師 M・H

  • 職歴(キャリア):2007年〜
  • 出身校の所在地エリア:宮城県
  • 所属診療科目:ICU/NICU/GCU/CCU
職歴

5年目以上

当院へ就職を決めた理由

元々地元の出身であり、学生時代の友人が県内に多く残るため私自身も県内の就職を希望しました。看護師として手技や知識を身につけるなら急性期がいいかな??と思い最終的に当院へ就職を決めました。

就職しての感想

新人の時、私が配属された病棟は外科・内科の混合病棟でとても忙しい病棟でした。疾患も多岐に渡り、毎日違う科、違う疾患の患者さんを担当しめまぐるしかった記憶があります。他職種との連携も多く、気軽に相談出来る雰囲気があると思います。現在は集中ケア認定看護師として院内の研修や部署の教育に携わっています。毎年個性豊かな新人看護師さんが入職しており、楽しく研修しています。地域に密着した病院であり、仙南地域の最後の砦であると?個人的には思います。

当院に勤務し心に残っている看護のエピソードについて

急性心筋梗塞で入院し致死性不整脈が何度も繰り返し起きていた患者さんがいました。全身管理のため補助循環や人工呼吸管理を行い、長期化したため気管切開となりながら筆談でコミュニケーションを取っていました。リハビリを頑張りたいとの意欲がとてもある患者さんで、時間はかかりましたが人工呼吸器を離脱しICUを退室されました。その後、退院され外来通院で当院を受診した際、ICUへ寄ってくださり顔を見せてくれました。リハビリを頑張った成果もあり、歩行出来るようになり会話も出来るようになった姿を見て、患者さんの意欲の素晴らしさを実感しました。ICUに勤務していると、患者さんが元気になった姿を見る機会が少ないため、継続的な看護の繋がりを知れて嬉しくなります。

学生さんへのメッセージ

私は当院で認定看護師の資格を取得しました。その際、看護部や部署のサポートをもらいながら勉強することが出来ました。現在、看護師の働き方も多様化しており様々な資格もあります。皆さんの目指す看護を後押ししてくれる病院だと思いますので、是非一度当院へ足を運んでみて下さい。お待ちしています!

問い合わせ先

問い合わせ先・雇用法人名 〒989-1253
宮城県柴田郡大河原町字西38-1
みやぎ県南中核病院企業団 事務部総務課人事係
電話:0224-51-5500
E-mail:jinji@southmiyagi-mc.jp
住所

989-1253
宮城県柴田郡大河原町字西38-1 みやぎ県南中核病院

地図を確認する

アクセス ・公共交通機関をご利用の方
東北本線大河原駅より宮城交通バス(川崎方面)で約7分 
「大河原町総合体育館前及び病院前」下車

・お車をご利用の方
東北自動車道「村田インターチェンジ」より南へ15分
東北自動車道「白石インターチェンジ」より北へ20分


URL

病院TOPへ戻る

エン
トリー
エントリーとは、その病院に対して今後の説明会情報や選考の情報が欲しいという旨の意志表示です。 情報を受け取れるように少しでも興味がある病院へは、エントリーをしておくことをお勧めします。 ※エントリーは説明会や選考を受けなければならないということではありません。
説明会・
見学会申込
選考に
応募