KKR札幌医療センターの採用情報

看護師・看護学生の就職情報サイト【マイナビ看護学生】トップ  > 北海道の看護師採用情報  > KKR札幌医療センターの採用情報  > KKR札幌医療センターの概要・採用データ

KKR札幌医療センター

  • 病院所在地:北海道
  • 病床数:410床(平成30年4月1日現在)
  • 看護師数:466名(平成30年2月1日現在)

KKR札幌医療センター
  • "choice"すると、病院からパンフレットや見学会などの詳細が受け取れます。
病院データ
名称
KKR札幌医療センター
名称フリガナ
ケーケーアールサッポロイリョウセンター
病院種別
公的病院
設置体
共済病院
病院の特徴
病院理念である「‘病院は人’のこころで活力ある病院、選ばれる病院を作ります」の実現を目指し、職員一丸となって取り組んでいます。チーム医療の提供は勿論、職員のコミュニケーションの向上による組織の強化を目指し、クラブ活動やレクリエーションなども積極的に行っています。また看護大学・専門学校の実習は勿論、医療専門職の実習も多く受け入れ学びの場を提供し、自分たちの提供している医療技術についての振り返りの機会ともなっています。「人を育てる力」が私たちの自慢です。
当院は質の高いがん診療と地域に信頼される救急医療を2本の柱に、日々医療に取り組んでいます。地域がん診療拠点病院としてがんの診断から手術・放射線治療・化学療法といったがんの治療は勿論、緩和ケア病棟や訪問看護室を有し、がんのどの時期にあっても高い質の医療が提供できる病院です。また、地域の医療者のがんに対する診療の質向上のための人材育成のための研修会等も行っています。救急医療の実践では各科が札幌市の2次救急やACSに参加し、2017年度は3015件の救急車受け入れ実績があります。また、入院前からの患者さんへのサービス向上を目指し2017年患者サポートセンターを設置し、入院前からの入院生活の説明やお薬の説明、退院後を見据えた情報収集とリスクアセスメントを行い、MSWを配置し介護保険や福祉サービスに関する相談にも対応しています。また、がん看護専門看護師やがん相談員の研修を受けたスタッフを配置し、がん患者さんの各種相談等にも対応できる体制を整えています。
診療科目
循環器内科、呼吸器内科、消化器内科、代謝・内分泌科、腫瘍内科
神経内科、呼吸器外科、消化器外科、腫瘍外科、乳腺外科、人工透析外科、
小児外科、内分泌外科、小児科、脳神経・内分泌外科、心臓血管外科、
心臓外科、血管外科、整形外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、
耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科、放射線診断科、病理診断科、
麻酔・集中治療科、緩和ケア科、精神科、臨床検査科
開設年月日
昭和27年11月幌南病院の名称で、国家公務員と家族の結核療養所として開設され、平成18年4月よりKKR札幌医療センターとして医療を提供しています
病床数
410床(平成30年4月1日現在)
職員数
908名(平成30年2月1日現在)
看護師数
466名(平成30年2月1日現在)
院長
磯部 宏
看護部長(総師長)
岩谷 敦子
看護方式
PNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)を導入し、看護師が安全・安心で質の高い看護を共に提供するために、スタッフ一丸となって取り組んでいます。主任をコアとしたグループの中で年間パートナーを組み、互いが良きパートナーとして対等な立場で、互いの特性を活かし、相互に補完し協力し合い、日々の看護を二人一組で行うことは勿論、委員会活動や病棟の係の仕事に至るまで、年間を通じて活動し、成果と責任を共有するシステムになっています。受け持ち患者の入院から退院までを責任をもってケアするのは当然ですが、パートナー間で互いの受け持ち患者の情報を共有し、パートナー不在時には相手の受け持ち患者についても責任をもって看護を行います。また、日々の業務は師長とコーディネーターがペアを組んで把握・調整し、チーム(その日協働するペアの看護師)の看護業務の不十分な点を補い、業務の負担の偏りを予防し、みんなが定時に業務が終了できるように調整します。
 これらの仕組みがうまく機能するためには、パートナーシップマインド(自立・自助の心、与える心、複眼の心)を互いが持ち合って、信頼し、尊重し、慮る気持ちをもって日々活動することが重要と言われています。
 私たちは看護専門職としてPNSによって看護師が安全・安心で質の高い看護を提供し、患者満足に貢献し、看護にやりがいを感じ活き活きと働ける職場を目指しています。
外来患者数
900名
入院患者数
350名
採用・待遇
雇用形態
正職員  
募集職種(取得見込)
看護師   助産師  
採用人数
30名程度
応募資格
既に看護師・助産師免許を取得済みの方、平成31年3月取得予定の方
選考方法
一般常識や専門知識を問う筆記試験、小論文試験、面接試験を予定しています。
提出書類
当院様式の履歴書(ホームページよりダウンロードして使用してください)成績証明書、卒業証明書、すでに免許取得済みの方は免許証のコピーを提出してください
初任給(モデル月収例)
275,233円
初任給(基本給のみ)
219,645円
手当
住居手当、通勤手当、夜勤手当等が支給されます
昇給・賞与
年1回の昇給と、6月12月の年2回賞与が支給されます
研修制度・教育制度
あり 
自己啓発支援
あり 
メンター制度
あり 
院内検定制度
なし 
専門・認定看護師の
就業状況
がん専門看護師、緩和ケア看護認定看護師、皮膚排泄ケア認定看護師、感染管理認定看護師、がん化学療法看護認定看護師、放射線看護認定看護師、小児救急看護認定看護師、認定看護管理者等多くの専門・認定看護師が活躍しています。
所定外労働時間(月平均)
※前年実績
部署ごとに多少差がありますが、月平均16時間(平成29年9月)となっています
有給休暇取得日数
※前年平均
有給休暇取得率は43%です。
育休対象者および取得者数(男性/女性)
※前年度
産休取得者が30名程度おり、全員が育児休職を取得しています
女性管理職の割合 ※前年度
師長14名のうち男性が3名となっており、女性管理職は78%です
採用実績校
札幌市立大学、北海道大学・大学院、札幌医科大学・大学院、旭川医科大学、名寄市立大学、天使大学・大学院、日本赤十字北海道看護大学・大学院、北海道文教大学、
札幌保健医療大学、北海道科学大学、北海道医療大学、北海道医療大学・大学院、
山形県立大学、岩手県立大学、宮城県立大学・大学院、青森県立保健大学、新潟青陵大学、静岡県立大学、北海道医療センター付属札幌看護学校、仙台医療センター付属助産師学校、国立大蔵病院看護助産学校、北海道厚生連旭川厚生専門学校、岩見沢市立高等看護学院、王子総合病院附属看護専門学校、市立小樽病院高等看護学院、砂川市立病院附属看護専門学校、滝川市立高等看護学院、釧路赤十字看護専門学校、釧路労災看護専門学校、美唄労災高等看護学院、小樽昭和学園小樽看護専門学校、市立函館病院高等看護学院、市立室蘭看護専門学校帯広高等看護学院、伊達赤十字看護専門学校、琴似看護専門学校、日鋼記念看護学校、日本福祉看護学院、函館厚生院看護専門学校、北海道医薬専門学校、北海道立衛生学院、北海道ハイテクノロジー専門学校、北海道美唄聖華高等学校北海道立旭川高等看護学院、北海道立紋別高等看護学院、稚内高等学校など
新卒採用者数と離職者数
※過去3年間
3年間の新卒看護師採用数は116名で、1年以内の離職者は1名です
新卒採用者数(男性/女性)
※過去3年間
3年間での男性新人看護師は9名で、全員現在も在職しています
平均勤続年数
6.5年
平均年齢
31.5歳
病院基本情報
採用問い合わせ先
総務課人事係
百瀬幸恵
郵便番号
062-0931
住所
札幌市豊平区平岸1条6丁目3-40
地図を確認する
アクセス
札幌市営地下鉄平岸駅 下車徒歩3分
スマートフォン
画面URL

https://nurse.mynavi.jp/sp/hospitals/outline/228529
外出先やちょっとした空き時間にもスマートフォンでマイナビ看護学生を見てみよう!
  • "choice"すると、病院からパンフレットや見学会などの詳細が受け取れます。
Copyright (C) Mynavi Corporation