くみやま岡本病院(旧伏見岡本病院)※2025年4月開院予定

  • 所在地:京都府
  • 病床数:107床
  • 看護師数:92名
制度待遇: 三交代 寮・住宅補助あり 資格支援あり 退職金制度あり 奨学金制度あり 託児所あり マイカー通勤OK

いつくしみの心で、責任ある看護に努めます。

インターンシップなど、イベント開催中。採用試験は4月13日~開始いたします。(2024/01/09更新)

★新人看護師や先輩看護師の働く姿を間近で体験し、病院の雰囲気を直接感じてみてください。
<オンライン説明会> 2024年1月~3月開催予定掲載中
           いずれも土曜日、9時30分~11時まで
<インターンシップ> 2024年1月~3月開催予定掲載中
           いずれも土曜日、13時30分~16時00分まで
<採用試験>     4月、5月の試験日程をご確認ください。

★2024年2月23日(金)のマイナビ看護学生 就職セミナー京都(京都産業会館)に出展いたします。是非お立ち寄りください。

ご質問・ご相談などお問合せ・お申し込みをお待ちしております。

エントリーとは
エントリーとは、その病院に対して今後の説明会情報や選考の情報が欲しいという旨の意志表示です。 情報を受け取れるように少しでも興味がある病院へは、エントリーをしておくことをお勧めします。 ※エントリーは説明会や選考を受けなければならないということではありません。

概要・採用データ

説明会・
見学会/選考情報

病院データ

病院名 くみやま岡本病院(旧伏見岡本病院)※2025年4月開院予定
病院種別 民間病院
病院機能 回復期 慢性期
病院の紹介  当院は京都市南部の「水と歴史の街」でもある京都市伏見区にあり、地域には有名な酒蔵も多く、歴史建造物である寺田屋や水運も栄えた港町として古い街並みをとどめる住宅街に位置しています。
明治39年(1906年)に診療所として開院したことが当院の始まりです。その後5床の有床診療所となり昭和29年に岡本病院に改称しました。現在は医療療養病棟、障害者病棟の2単位となり、平成28年在宅療養支援病院を届け出ました。
 当院の特徴としては、急性期治療後の社会復帰や在宅療養移行を支える病院として、慢性期医療の提供をしております。リハビリテーションに注力し、患者様おひとりお一人の残存機能の維持向上に対し多職種で支援しています。また毎年少人数の新人看護師が入職しますが、この3年間離職者は0名です。個別性を尊重しながら「新人看護師プログラム」に則り人材育成を行い、卒後1年目からプラチナナースまで幅広い年齢層の看護師が勤務しています。
 法人の岡本病院憲章には「この人はわが子、わが親、わが兄妹」といった気持ちで患者様に接する事とされ、「地域を支え、地域に支えられる病院」を方針とし、長年地域医療への貢献に尽力してまいりました。ただ建築物の老朽化が進んでいることから、この度同法人である急性期病院に隣接する久御山町佐山への移転が、2025年4月(春)に予定されております。移転後は回復期リハビリテーション病棟50床、地域包括ケア病棟50床の2単位100床の病院が開院します。今後新たな地域で更なる発展を目指し、引き続き地域医療に貢献してまいります。
診療科目 内科 呼吸器内科 循環器内科 神経内科 外科 整形外科 脳神経外科 在宅診療
開設年月日 1906年
病床数 107床
(障碍者病棟36床 地域包括ケア病床18床 医療療養病棟53床)
職員数 189人
看護師数 92人
院長 岡本 豊洋
看護部長(総師長) 岩田 裕花
看護方式 患者受け持ち制を取り入れたチームナーシング方式
看護配置基準 療養病棟入院料1 20:1
障害者施設等入院基本料 10:1(地域包括ケア病床入院料 13:1)
外来患者数 約96人/日
入院患者数 約105人/日
岡本病院憲章 岡本病院の使命は、医療を以って地域住民に奉仕することにある。
そのために職員は「この人はわが子、わが親、わが兄妹」といった気持ちで患者に接しなければならない。
この言葉は「いつでも、だれでも、よい医療を」ということに通ずる。
従って職員は、医療内容の充実と向上のためのたゆまざる研鑽に励まなければならない。
同時に病院も、そうした職員の努力と期待に応え、医療設備の充実はもちろん職員の待遇と福祉の向上に努めなければならない。
過去二十五年岡本病院はこの精神を貫き通して地域住民の期待に応えて今日の発展を見たが、医療の荒廃が叫ばれる昨今、我々は思いを新たにして地域住民の医療に奉仕せんとするものである。
看護部理念・基本方針 看護部理念
「岡本病院憲章」「病院理念」に基づき地域連携の下、患者中心の信頼され、満足される温かな看護サービスを提供します
基本方針
1.私たちは患者様の意見と権利を尊重し、信頼関係を築きます
2.私たちは快適な療養環境を整え、安全で安心できる看護サービスを実践します
3.私たちは他職種との相互連携を図り、チーム医療の中での役割を果たし、創造豊かな看護サービスを提供します
4.私たちは医療人としての自覚と責任を持ち、心身の健康の保持増進と自己啓発に努めます
5.私たちは組織の一員として、自ら良い人間関係を築き、後輩の育成に努めます
看護部教育理念・教育目的・教育目標 看護部教育理念
患者の生命・人権を尊重し、快適な療養環境を整え、信頼され満足される安心・安全な看護サービスの提供ができる看護職員の育成を目指します
教育目的
看護部理念・教育理念に基づき、専門職業人として患者中心の看護サービスが主体的・継続的に実践できる能力を育成するための教育的支援を行う
教育目標
1.患者・家族及び医療チームに対して、倫理綱領に基づいた行動ができる
2.根拠に基づく安全な技術を用いた看護サービスの実践者として、看護基準・手順やマニュアルを守ることができる
3.患者の個別のニーズに対応した看護サービスの提供が実践できる
4.看護チームの一員として主体的に学び、共に成長し合い、自ら良い人間関係を築くことができる
5.リーダーシップを発揮し、チーム医療において求められる看護職の役割を果たすことができる
新人看護師プログラム 到達目標
1.基本的知識・態度を理解し安全・確実に業務を遂行出来る
2.病院及び看護の理念や組織を理解し組織の一員として行動できる
3.チームメンバーとしての役割を認識し指導下で実践できる
4.基本的な看護過程の展開ができる
5.専門職として自己研鑽の姿勢が持てる
成長段階
4~6月:職場の雰囲気や仕事に馴染み、チームの一員として周囲との人間関係を良好に保つことができる
    (職場への適応と職業人としての自覚の段階)
7~11月:日常生活援助や診断に伴う援助を中心とした直接的な看護ケアにおいて、知識や判断・コミュニケーション・看護技術が統合される段階
    (自立への準備段階)
12~3月:チームの一員として責任ある適切な行動と安全な看護技術の提供が一通り行える
指定状況 ■在宅療養支援病院

採用・待遇

雇用形態 正職員
募集職種(取得見込) 看護師
採用人数 5名
募集対象 大学生、専門学校生(4年・3年・2年)、短大生(3年・2年)、専攻科(2年)
看護師免許取得見込みの方
募集学部 看護系学部・学科
応募・選考方法 書類選考、面接、筆記試験(小論文)
提出書類 履歴書(写真貼付)当院指定の履歴書
※メールアドレスは必ず記載してください。
卒業見込証明書
成績証明書

給与関連

初任給 2023 年 4月 実績
条件 合計 基本給 諸手当(一律)
大学卒 271,900円 206,100円 65,800円
専門学校卒(4年) 270,312円 204,800円 65,512円
短大・専門学校卒(3年) 268,723円 203,500円 65,223円
専門学校卒(2年)・高専・専攻2年卒 267,134円 202,200円 64,934円
諸手当内訳:職種給調整手当(一律)20,000円、賞与月割給(1年間、毎月 賞与総額を月割支給、支給額は卒業学歴による。賞与月割給は入職1年目のみ、2年目より、2回/年での賞与支給となります。)
※賞与月割給
 ・大学卒45,800円
 ・専門学校(4年)卒45,512円
 ・専門学校(3年)・短大卒45,223円
 ・専門学校(2年)・高校専攻科卒44,934円
夜勤手当 あり / 都度支給
準夜手当    1回7,000円
深夜手当    1回8,000円

※夜勤手当の平均は準夜手当28,000円(4回)、深夜手当32,000円(4回)
その他手当 日祝日勤務手当 1回3,000円 ※都度お支払い。
通勤手当は月額上限15万円まで支給。
各資格手当あり。
昇給・賞与 昇給 年1回(4月)
賞与 年2回(6月、12月)
※入職初年度のみ賞与支給せず、支給賞与総額を月割で支給する。
勤務地 くみやま岡本病院

くみやま岡本病院は伏見岡本病院から名称を変更し、京都岡本記念病院(京都府久世郡久御山町佐山西ノ口100番地)の南側に隣接して2025年春開院予定。
勤務形態・勤務時間 二交代制 三交代制
二交代
日勤:8:30~17:00(休憩1時間)
夜勤:16:30~9:00(休憩2時間)(準夜+深夜)交代

三交代
日勤:8:30~17:00(休憩1時間)
準夜:16:30~1:00(休憩1時間)
深夜:0:30~9:00(休憩1時間)

1ヵ月単位の変形労働時間制(週平均37.5時間)
休日・休暇制度 4週8休制
年間休日111日(リフレッシュ休暇5日を含む)
初年度年次有給休暇10日(時間単位での使用可。)
福利厚生・加入保険制度 新年会、納涼会、職員健診(乳がん検診含む)人間ドック、インフルエンザ、B型肝炎ワクチン等の無料予防接種、院内保育所
健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険
奨学金制度 あり / 看護学生対象の奨学金制度。(入職時の年齢30歳未満が対象。)
1年間100万円(4年で最大400万円)貸与。
貸与額によらず看護師資格取得し当法人施設に5年勤務で返済免除。
退職金制度 あり / 勤続2年以上から支給。
保育施設 あり / 24時間利用可能な保育園完備(病院敷地内に別建物、運動場、プールあり)
病児保育あり(利用対象エリアの限定あり)
被服貸与 あり / ユニフォーム(スクラブ)、ナースシューズ支給
看護宿舎 あり / 3棟70室 独身寮(ワンルーム/冷暖房・冷蔵庫・洗濯機付)
就業場所における受動喫煙防止の取組 敷地内すべて禁煙
研修制度・教育制度 あり / ■ラダー研修制度 新人看護師は集合研修+OJT・e-ラーニング・階層別研修・各看護部委員会等主催の研修・病棟勉強会があります。
■院外研修・各学会参加(病院支援制度あり)
■認定・特定行為看護師支援制度あり
自己啓発支援 あり / ■認定・特定行為看護師支援制度あり
メンター制度 あり / ■新人には、プリセプターが支援します。日々の業務では、必ず先輩看護師と協働しながら行っています。部署では、看護部委員会から勉強会・OJTを実施して、新人が技能面・精神面でのサポートを行っています。
キャリアコンサルティング制度 あり / ■年1回キャリアニーズに関して、全員調査を行い、必要時は師長が面談をして、キャリア支援を行っています。
院内検定制度 あり / ■クリニカルラダー認定制度:認定申請後合格の審査あり
専門・認定看護師の就業状況 ■緩和ケア認定看護師1名を病棟へ配置
平均年齢 46歳 ※2022年度実績
前年度の新卒採用実績数 2名 ※2022年度
採用実績校 京都府立医科大学、佛教大学、京都橘大学、京都看護大学、京都先端科学大学、京都光華女子大学、明治国際医療大学、藍野大学、滋賀医科大学、滋賀県立大学、金沢大学、福井大学、姫路独協大学、梅花女子大学、太成学院大学、大和大学、聖泉大学、奈良学園大学、摂南大学、四条畷学院大学、新見公立大学、創価大学、宝塚大学、広島文化学園大学、京都中央看護保健大学校、大阪医専、白鳳短期大学、大阪信愛学院短期大学、京都第二赤十字看護専門学校、京都医療センター専門学校、呉医療センター附属看護専門学校、市立大津市民附属病院看護専門学校、京都府医師会看護専門学校、華頂看護専門学校、京都保健衛生専門学校、桂看護専門学校、洛和会京都厚生学校、近畿高等看護専門学校、関西学研医療福祉学院、滋賀県堅田看護専門学校、香里ヶ丘看護専門学校、阪奈中央看護専門学校、大阪保健福祉専門学校、武生看護専門学校、田北看護専門学校、九州リハビリテーション学院、四万十看護専門学校、愛媛聖カタリナ学園高等看護学校、金沢医療技術専門学校、石川県立田鶴浜高等学校、長崎玉成高等学校、熊本中央高等学校、創志学園高等学校
採用実績学部学科 看護系学部・学科
求める人材像 「いつくしみの心」を大切にしながら変化・進歩に対応し、常に考える事が出来る看護師の育成、教育に努めています。

働き方データ

所定外労働時間(月平均)※前年実績 6時間/月 ※2022年度実績
有給休暇取得日数※前年平均 15.6日 ※2022年度実績
育休対象者および取得者数(男性/女性)※前年度 育休対象者(男性0名/女性2名)、育休取得者(男性0名/女性2名) ※2022年度実績
女性管理職の割合※前年度 57.1% ※2022年度実績
新卒採用者数と離職者数※過去3年間 2022年 新卒採用者数2名 離職者数0名
2021年 新卒採用者数2名 離職者数0名
2020年 新卒採用者数3名 離職者数0名
新卒採用者数(男性/女性) 2022年 男性1名 女性1名
2021年 男性0名 女性2名
2020年 男性1名 女性2名
平均勤続年数 11年 ※2022年度実績

問い合わせ先

問い合わせ先・雇用法人名 社会医療法人 岡本病院(財団) 
京都岡本記念病院
法人事業部 人事部
TEL:0774-48-5550(直通)
住所

613-0034
京都府久世郡久御山町佐山西ノ口100番地

地図を確認する

アクセス 近鉄京都線「大久保」駅からバスで10分(病院直行バス、または「佐山」バス停下車)
第二京阪道路(大阪方面から)久御山南ICすぐ、(京都方面から)八幡東ICより5分
URL

公開期間:2023年12月1日~2024年11月

京都府の民間病院

病院TOPへ戻る

エン
トリー
エントリーとは、その病院に対して今後の説明会情報や選考の情報が欲しいという旨の意志表示です。 情報を受け取れるように少しでも興味がある病院へは、エントリーをしておくことをお勧めします。 ※エントリーは説明会や選考を受けなければならないということではありません。
説明会・
見学会申込
選考に
応募