地域医療機能推進機構(JCHO)京都鞍馬口医療センター

  • 所在地:京都府
  • 病床数:300床
  • 看護師数:219名
制度待遇: 二交代 寮・住宅補助あり 資格支援あり 退職金制度あり 奨学金制度あり

地域に貢献できる質の高い医療及び看護の提供と専門職としての成長を共に目指します。

エントリーとは
エントリーとは、その病院に対して今後の説明会情報や選考の情報が欲しいという旨の意志表示です。 情報を受け取れるように少しでも興味がある病院へは、エントリーをしておくことをお勧めします。 ※エントリーは説明会や選考を受けなければならないということではありません。

概要・採用データ

病院データ

病院名 地域医療機能推進機構(JCHO)京都鞍馬口医療センター
病院種別 公的病院(国家公務員、独立行政法人、赤十字等)
病院の紹介 *当院は京都市北部地域の中核病院であり、北区唯一の救急指定病院です。京都府立医科大学との包括連携協定の下、大学病院とクリニックとの間を取り持つ役割を担い、地域医療における効率的な医療連携・看看連携を推進しています。また、健康管理センター・訪問看護ステーションを併設しており、予防、健康の保持増進、入院治療から在宅看護までシームレスに医療・看護を提供しています。
*26の診療科を有し、多領域の内科系専門医が在籍しており、血液内科、スポーツ整形において豊富な診療実績を誇ります。
*看護部の教育体制はキャリアラダーに基づき、ラダーレベルに応じた研修計画を立案・実施しています。院内研修は勤務時間内に実施しており、院外研修への参加も積極的に支援しています。
*新人教育は厚生労働省が示す新人看護職員研修ガイドラインに則り、1年間をかけて集合研修、ローテーション研修を取り入れた研修計画を立案・実施しています。配属部署ではプリセプター制度に基づき、部署職員一丸となって新人看護師を支援しでいます。気候の良い時期には、気分転換と新人同士の交流を深めるために鴨川までの地域探索を計画しています。
*病院からは五山の送り火や京都タワーも見ることができ、利便性抜群でプライベートも充実します。
診療科目 内科 呼吸器内科 呼吸器外科 消化器内科 消化器外科 循環器内科 小児科 神経内科 リウマチ科 外科 整形外科 脳神経外科 婦人科 眼科 耳鼻いんこう科 皮膚科 泌尿器科 リハビリテーション科 放射線科 麻酔科 歯科 歯科口腔外科
血液内科、糖尿病内科、肝臓内科、乳腺外科
開設年月日 平成26年4月1日
病床数 300床
職員数 421人
看護師数 219人
院長 水野 敏樹
看護部長(総師長) 松原 栄子
看護方式 固定チームナーシング継続受け持ち制
看護配置基準 急性期一般入院基本料1、地域包括ケア病棟入院料2
外来患者数 約470人/日
入院患者数 約190人/日

採用・待遇

雇用形態 正職員
募集職種(取得見込) 看護師
採用人数 20名
募集対象 大学生、専門学校生(3年・2年課程)
募集学部 看護系学部・学科
応募・選考方法 マイナビよりまずは資料請求をお願い致します。

面接・小論文
提出書類 履歴書(当院指定の用紙を病院HPよりダウンロード)、成績証明書、卒業見込証明書
初任給 2022 年 4月 実績
条件 合計 基本給 諸手当(一律)
看護師 大学卒 230,780円 209,800円 20,980円
看護師 短大・専門学校卒(3年) 220,770円 200,700円 20,070円
看護師 短大・専門学校卒(2年) 211,640円 192,400円 19,240円
諸手当内訳:地域手当(基本給の10%)
手当 通勤手当(上限55,000円/月)、住居手当(上限28,000円)、扶養手当、夜間看護等手当、超過勤務手当、夜勤手当、医療専門資格手当(専門・認定看護師等)等。
夜間看護等手当と夜勤手当は都度お支払いしております。
昇給・賞与 昇給/年1回(4月)、賞与/年2回(6月、12月)※2021年実績 3.3ヶ月
勤務地 京都市北区小山下総町27
勤務形態 二交代制
日勤8:30~17:15(休憩60分)
ロング日勤8:30~21:00(休憩60分)
夜勤20:00~9:15(休憩90分)
夜勤16:15~9:15(休憩90分)
遅出10:15~19:00(休憩60分)
遅出11:15~20:00(休憩60分)
早出7:00~15:45(休憩60分)
早出8:00~16;45(休憩60分)
※1カ月単位の変形労働時間制( 週平均38時間45分勤務 )
バリエーションにとんだ勤務時間で就業でき、プライベートも充実します。
休日・休暇制度 4週8休制
4週8休、国民の祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
年次休暇 年20日(4月入職で15日)、繰り越し日数最高20日
夏季休暇3日(夏季休暇を含めた1週間程度のリフレッシュ休暇の取得を推奨しています)
福利厚生・加入保険制度 各種社会保険(健康保険、労災保険、厚生年金、雇用保険)、定期健康診断
財形貯蓄制度等、その他引越やレンタカー、ホテルの割引制度や各種クレジットカードの優待利用制度などが充実しています。
奨学金制度 あり / 看護師を目指し看護師等養成所や看護大学等に入学し、卒業後JCHO病院へ就職を希望する看護学生を対象に奨学金を貸与することで修学を支援しています。
貸与期間:入学年度の4月から卒業までの期間
貸与金額:月額50,000円(年度初めに一括(600,000円貸与します)
返済免除:免許取得後、JCHO病院において一定期間勤務したとき
※詳細についてはお問い合わせください。
退職金制度 あり / 勤続1年以上の者に支給
被服貸与 あり / ユニフォーム(上:白およびバーガンディ 下:ネイビーのパンツ)を無料貸与
看護宿舎 あり / 病院より徒歩2分 寮費10,000円/月(光熱費別途必要)
就業場所における受動喫煙防止の措置 敷地内禁煙あり
研修制度・教育制度 あり / *キャリアラダーに基づくラダーレベルごとの研修 
*厚生労働省が示す新人看護職員研修ガイドラインに基づく臨床研修
(1年間) 
*JCHO主催の研修受講(認知症看護研修・在宅療養支援研修・中堅看護師研修・看護管理者教育課程・実習指導者講習会など)、特定行為研修実習施設
*日本看護協会・京都府看護協会主催の研修・学会参加の推奨
*認定看護師教育課程への参加支援
自己啓発支援 あり / 各種研修会への参加を推奨(旅費の支援あり)
メンター制度 あり / 入職後1年間は、プリセプターと実践指導者が新人一人ひとりをサポート
キャリアコンサルティング制度 なし
院内検定制度 あり / キャリアラダー
専門・認定看護師の就業状況 認定看護師:皮膚・排泄ケア(1名)、がん化学療法看護(1名)、糖尿病看護(1名)
所定外労働時間(月平均)※前年実績 平均7.3時間/月 ※2021年度実績
有給休暇取得日数※前年平均 約10日 ※2021年度実績
育休対象者および取得者数(男性/女性)※前年度 育休象者 男性0名/女性9名、 育休取得者 男性0名/女性9名 ※2021年度実績
女性管理職の割合※前年度 55%(27名中女性15名) ※2022年度実績
新卒採用者数と離職者数※過去3年間 2021年 新卒採用者数19名 離職者数2名
2020年 新卒採用者数15名 離職者数0名
2019年 新卒採用者数12名 離職者数1名

新卒採用者数(男性/女性) 2021年 男性5名 女性14名
2020年 男性3名 女性12名
2019年 男性0名 女性12名

平均勤続年数 0~5年:37% 6~10年23% 11~20年19% 21年以上:21% ※2021年実績
5年以内の若い世代の看護師も多く勤務していますが、21年以上継続して勤務する看護師も多くいます。
ライフサイクルに合わせた働き方ができます。
平均年齢 37歳 ※2021年実績
前年度の採用実績数 26名 ※2021年実績(既卒者7名を含む)
採用実績校 関西看護医療大学、佛教大学、明治国際医療大学、福井大学、藍野大学、甲南女子大学、大阪府立大学、京都先端科学大学、長野県看護大学、関西国際大学、愛媛大学、京都看護大学、徳島文理大学、香川大学
京都中央看護保健大学校、JCHO大阪病院附属看護専門学校、京都府医師会看護専門学校、京都保健衛生専門学校、華頂看護専門学校、舞鶴医療センター附属看護学校、四国中央医療福祉総合学院、名張市立看護専門学校、公立南丹看護専門学校、滋賀県堅田看護専門学校、公立若狭高等看護学院、洛和会京都厚生学校
大津市民病院附属看護専門学校、京都聖カタリナ高等学校、聖ヨゼフ学園日星高等学校、兵庫県立日高高等学校
採用実績学部学科 看護系学部・学科
求める人材像 患者ファーストで看護を考え実践できる人
専門職として学び続けることができる人
柔軟な考え方のできる人

問い合わせ先

問い合わせ先 看護部
 TEL 075-441-6101
 E-mail kango1@kyoto,jcho.jp
住所

603-8151
京都市北区小山下総町27

地図を確認する

アクセス JR京都駅より市営地下鉄「国際会館行き」で『鞍馬口駅』で下車
2番出口より北へ徒歩1分(所要時間)
 京都駅から…約12分
 武田駅から…約18分
 山科駅から…約18分
 二条駅から…約10分
URL

病院TOPへ戻る

エン
トリー
エントリーとは、その病院に対して今後の説明会情報や選考の情報が欲しいという旨の意志表示です。 情報を受け取れるように少しでも興味がある病院へは、エントリーをしておくことをお勧めします。 ※エントリーは説明会や選考を受けなければならないということではありません。
インターン・
説明会申込
選考に
応募