• 所在地:大阪府
  • 病床数:263床
  • 看護師数:180名
三交代 三次救急 寮・住宅補助あり 資格支援あり 退職金制度あり 奨学金制度あり 託児所あり マイカー通勤OK

『18の診療科を有する地域密着型の中規模病院。』

合同募集

地方独立行政法人 大阪市民病院機構(大阪市立総合医療センター・大阪市立十三市民病院) 合同募集 採用窓口

●問い合わせ窓口

以下の病院は「地方独立行政法人 大阪市民病院機構(大阪市立総合医療センター・大阪市立十三市民病院)」へお問い合せください。

概要・採用データ

十三市民病院 5階病棟

十三市民病院 カンファレンス

新人看護職員臨床研修

病院データ

病院名 大阪市立十三市民病院
病院種別 公的病院(国家公務員、独立行政法人、赤十字等)
病院の紹介 各科が専門性の高い医療を行っていますが、市民病院として地域の方に寄りそう姿勢を大切にしています。地域の医療機関からの紹介や二次救急の受け入れなど、急性期・重篤な状態にある患者さんから慢性期に移行前の患者さんまで幅広いケアを提供しています。診療科間の垣根も低くアットホームな雰囲気も特色です。また内視鏡センターでの苦痛のない検査・治療を推進するなど患者さんから高い評価を得ています。地域住民のニーズに応えられるように常に病院機能の向上に努めています。
診療科目 呼吸器内科 消化器内科 消化器外科 循環器内科 小児科 外科 整形外科 産婦人科 眼科 耳鼻いんこう科 皮膚科 泌尿器科 リハビリテーション科 放射線科 麻酔科 総合診療科 病理診断科
糖尿病・内分泌内科
開設年月日 2002年5月1日(移転建替え)
病床数 263床
職員数 286人
(※2020年10月現在、正規職員のみ)
看護師数 180人
(※2020年10月現在、正規職員のみ)
院長 西口 幸雄
看護部長(総師長) 森坂 佳代子
看護方式 固定チームナーシングにプライマリー導入
看護配置基準 一般病棟 7対1
外来患者数 約491人/日
※2019年度
入院患者数 約191人/日
※2019年度
十三市民病院 基本理念 1.市民に信頼され、地域に貢献する病院をめざします。
2.人間味あふれる温かな医療を実践する患者中心の病院をめざします。
3.将来にわたり、市民の医療ニーズに応える病院をめざします。
看護部 理念 1.患者さんの人権を尊重し、QOLの向上をめざした看護を実践します。
2.患者さんの立場に立ち、優しさと思いやりをもって看護します。
3.専門職としての誇りと自覚を持ち、主体的に看護を実践します。
4.地域のニーズに合わせた、継続看護の充実をめざします。
看護部長メッセージ 当院は病床数263床と中規模で、スタッフ全員の顔が見えるアットホームな病院です。二次救急を行い、昼夜問わず救急患者を受け入れています。また、2020年から大阪府がん診療拠点病院として認定されました。看護部では「みんなに届け!笑顔、やさしさ、思いやり」をキャッチフレーズに、患者さんだけでなく職員にも思いやりを届けることをめざしています。患者さんの身体抑制の低減にも取り組み、地域に密着した病院として、訪問看護師とのカンファレンスや退院前後の訪問も積極的に行っています。病院スタッフが一丸となって地域の皆さまに信頼される病院をめざしてがんばっています。興味のある方は、ぜひ一度見学にお越しください。

採用・待遇

雇用形態 正職員
募集職種(取得見込) 看護師 助産師
採用人数 約10名
募集対象 国家試験において、助産師または看護師の免許を取得見込みの方、
又は助産師、看護師の免許を有している方
募集学部 看護系学部・学科
応募・選考方法 適性検査、小論文試験、面接試験
※内定時に配属病院が決定します。
提出書類 学業成績証明書、WEB上での採用申込書の登録
初任給 2020 年 10月 実績
条件 合計 基本給 諸手当(一律)
助産師 195,500円 195,500円
看護師 193,100円 193,100円
手当 地域手当・通勤手当・扶養手当・住居手当・夜間勤務手当・深夜手当など
※夜間勤務手当・深夜手当につきましては、実施回数に合わせて都度お支払いしております。
※各病院共通の事項です。
昇給・賞与 【昇給】年1回(4月)
【賞与(期末勤勉手当)】年2回(6月・12月)※2019年度実績4.5月分
※各病院共通の事項です。
勤務地 大阪市淀川区野中北2丁目12番27号
勤務形態 二交代制 三交代制
1カ月単位の変形労働時間制(週平均38.75時間以内)
○二交代
・日勤    08:30 ~ 17:00
・日勤ロング 08:30 ~ 20:30
・夜勤    16:15 ~ 09:15
       19:30 ~ 09:15
○三交代
・日勤 08:30 ~ 17:00
・準夜 16:00 ~ 00:15
・深夜 00:00 ~ 09:00
※上記は一例であり、部署・病棟によって異なります
休日・休暇制度 4週8休制
【休暇】年次有給休暇(年間20日)、夏季休暇(5日)、結婚休暇、生理休暇、産前産後休暇、育児時間休暇、子の看護休暇、忌引休暇など
福利厚生・加入保険制度 【福利厚生】
選択型福利厚生事業・資金貸付・各種保険取扱・会員制施設や特定割引施設など各種の福利厚生制度が充実しています。

【加入保険制度】
大阪市職員共済組合(医療保険・介護保険)
厚生年金保険
雇用保険
地方公務員災害補償基金(労災保険)
退職金制度 あり / 勤続6月以上
被服貸与 あり / ユニフォーム一式貸与、ナースシューズ支給
研修制度・教育制度 あり / 【与えられるのではなく、自ら学ぶ】
病院職員の現場研修(OJT)及び集合研修(Off-JT)については、対象のレベル・習熟度や研修目的に応じて対応するように体系化しています。
メンター制度 あり / プリセプター制度
院内検定制度 あり / キャリア開発ラダー
専門・認定看護師の就業状況 ●認定看護師
皮膚・排泄ケア、緩和ケア、がん化学療法看護、感染管理、糖尿病看護、摂食・嚥下障害看護、認知症看護、慢性呼吸器疾患看護
有給休暇取得日数※前年平均 10.9日
※2018年度実績、看護職員のみ
平均勤続年数 16.3年
※2020年4月1日現在、看護職員のみ
平均年齢 42.7歳
※2020年4月1日現在、看護職員のみ
前年度の採用実績数 12名
※2020年4月採用、看護職員のみ
採用実績校 愛媛県立医療技術大学
遠賀中間医師会立遠賀中央看護助産学校
摂南大学
千里金蘭大学
大阪医療センター附属看護学校
大阪信愛女学院短期大学
大阪青山大学
大和大学
東北福祉大学
梅花女子大学
姫路大学
北斗会看護専門学校
淀川区医師会看護専門学校
藍野大学
など
求める人材像 大阪市民病院機構では、地域に求められる病院であり続けるために、『人間味のあふれるあたたかな医療』を実践できる、意欲のある職員を求めています。

【大阪市民病院機構が求める人材像】~3つのC~
●チャレンジ(challenge)
 常に問題意識を持ち、変化をおそれずに目標に向かって行動できる人
●コミュニケーション(Communication)
 病院で働くすべての職員と協力し、課題解決にあたれる人
●クリエイティブ(Creative)
 既存の方法・慣習にとらわれることなく、自由な発想で仕事ができる人
モデル月収例 【モデル月給】
助産師 271,390円(基本給+地域手当+諸手当)
看護師 268,490円(基本給+地域手当+諸手当)
※諸手当に含まれるもの:夜間勤務手当・深夜手当(いずれも二交替で月4回夜勤の場合)
※夜間勤務手当・深夜手当につきましては、実施回数に合わせて都度お支払いしております。
※2020年10月実績
※各病院共通の事項です。

病院基本情報

問い合わせ先 地方独立行政法人大阪市民病院機構 大阪市立総合医療センター総務部総務課(人事担当)
TEL:06-6929-3687 FAX:06-6929-7099
E-mail:bosyu@osakacity-hp.or.jp
住所

532-0034
大阪市淀川区野中北2丁目12番27号

地図を確認する

アクセス 阪急電鉄神戸線「神崎川」駅から南東へ徒歩約8分。又は阪急電鉄「十三」駅から北西へ徒歩約12分
URL

病院TOPへ戻る

採用窓口を確認する

【採用窓口】地方独立行政法人 大阪市民病院機構(大阪市立総合医療センター・大阪市立十三市民病院)