総合病院 聖隷三方原病院

  • 所在地:静岡県
  • 病床数:934床
  • 看護師数:864名
三交代 三次救急 寮・住宅補助あり 資格支援あり 退職金制度あり 奨学金制度あり 託児所あり マイカー通勤OK

キリスト精神に基づく「隣人愛」 地域に根ざし、地域から信頼される急性期病院の看護を提供し、ニーズを解決するために何をするか、個々が考え、チャレンジしていきます。

先輩情報

病院全体の雰囲気が良いと感じていました!

看護師 鈴木 佐綾

  • 職歴(キャリア):2016年〜
  • 出身校の所在地エリア:静岡県
  • 出身校:聖隷クリストファー大学
  • 所属診療科目:小児科/整形外科・形成外科/その他(眼科、耳鼻咽喉科など)
今の病院へ、入職を決めた理由はなんですか?

私は当院で実習をすることが多く、病院全体の雰囲気が良いと感じていました。チームナーシングシステム(PNSと担当看護師)が導入されているため、看護師同士での意見交換が盛んに行われており、ペア、チームで支え合いながら患者さんの事を考えられる看護は、私に合っているのではないかと思いました。また、私は小児科病棟に興味があり当院のインターンシップを応募しました。当院の小児科は成人との混合病棟であるため、興味がある子どもへの看護に加え、高齢の方などさまざまな年齢に対応することができる看護師になれるのではないかと思い当院に入職を希望しました。

あなたが病院を選ぶ要件として、大事だと思うことは何ですか?

私が病院を選ぶ要件で大事だと思うことは、教育体制と職場環境です。教育体制について、1年目は覚えることも多く、知識や技術も大切になってきます。自分自身の成長や有意義な1年間にするためには、どのような研修がどのような時期にあるのかをしっかり知っておくことが大事だと思います。職場環境では、新しい環境で働き、夜勤と日勤などの不規則な生活の中で仕事をしていくことになるため、精神的にもきついことがあると思います。職場の雰囲気や環境を知り自分に合った病院を見つけることが大切だと思います。

看護師1年目のとき苦労したことや、嬉しかった・良かったことを教えてください。

看護師1年目は分からないことも分からず、戸惑うことが多い1年だったと感じています。知識や技術も乏しく、勉強や練習に苦労したことがたくさんありました。しかし、先輩や他職種の方達が開いてくれる勉強会に参加したり、何度も技術練習に付き合ってくれる先輩がいたりと周りの人達に助けてもらい、できることが増えた1年間でもありました。先輩にできた事を認めてもらえた時は自分の成長を実感でき、嬉しく感じました。また、患者さんが笑顔で退院していく時など、嬉しいこともたくさんありました。                                                                 

新人研修の特長や、「ここが役に立った!」という点を教えてください。

夜勤導入のタイミングで先輩から看護観や観察ポイントを学ぶ研修があることや、リカバリルーム導入のタイミングで全身麻酔の看護や人工呼吸器、心電図の研修などがあり、その時々で必要な研修が取り組まれていました。必要なタイミングで研修を受けることができ、すぐに臨床に生かせるため有意義な研修であると感じました。また、プリセプターシステムを導入しており、「看護を語ろう」という研修では自分の看護観や困ったことなどを先輩に言語化することで、自分の「看護」を見つめ直すことができました。

病院基本情報

問い合わせ先 聖隷三方原病院 総務課 人事担当 まで
住所

433-8558
静岡県浜松市北区三方原町3453 聖隷三方原病院

地図を確認する

アクセス JR浜松駅北口バスターミナル、15番ポール「三方原聖隷経由・気賀・三ケ日行き」乗車、「三方原聖隷」下車(所要時間約40分)
URL

病院TOPへ戻る

資料
請求
インターン・
見学会申込
選考に
応募