関門医療センター

  • 所在地:山口県
  • 病床数:400床
  • 看護師数:420名
三交代 三次救急 寮・住宅補助あり 資格支援あり 退職金制度あり 奨学金制度あり 託児所あり マイカー通勤OK

「Innovation」「Community Link」「Learning&Training」 患者さま中心の『健康応援病院』に

先輩情報

多職種の連携が大切

看護師 石川 瑞帆

  • 職歴(キャリア):2017年〜
  • 出身校の所在地エリア:福岡県
  • 出身校:公益財団法人健和会 健和看護学院
  • 所属診療科目:手術室
手術室の特徴

私の所属する手術室では、整形外科・外科・泌尿器科・産婦人科・眼科・脳外科・
耳鼻科の手術を年間約2,500件行っています。毎日、患者さんに最良の状態で手術を受けて頂けるように、日々努力しています。手術室内だけでなく、術前・術後に患者さんのもとへ訪室し、パンフレットを使用した手術・麻酔の説明や全身状態・心理状態の把握を行い、より良い看護の提供に努めています。また、定期的に勉強会や相談会を開いて、情報の共有を行っています。

手術室看護師として大切にしていること

手術室への配属が決定した時、知識や経験がない自分が働いていけるか多くの不安がありました。手術室での日々は、病棟と違った特殊業務が多く、慣れない環境への戸惑いや麻酔導入、気管内挿管の介助、手洗い・ガウンテクニックなど新しいことに追われる毎日でした。しかし、先輩看護師の方々が1つ1つ丁寧に教えてくださり、少しずつ慣れてきました。毎日、患者さんが安全に手術を受けられるよう頑張っています。
 私が、看護師として働く上で大切にしていることはコミュニケーションです。手術を受ける患者さんは様々な不安を抱えています。そのため、患者さんとコミュニケーションをはかり、不安の軽減に努めています。また、手術では多職種の連携が求められるため、積極的にコミュニケーションをとるよう意識しています。

看護エピソード

手術を受ける患者さんとの関わりや、日々学ぶことが多く悩むことも多くあります。
入職時、手術を受ける患者さんは精神状態も様々で、どのようにコミュニケーションを取ればよいか分かりませんでした。しかし、先輩方の患者さんとの関わり方や、自身の関わり方を振り返りから、声のかけ方や関わり方を学ぶことができ、少しずつ日々の看護に活かすことができています。受け持った患者さんから、「ありがとう。」と声を掛けていただいたとき、やりがいを感じとても嬉しかったです。
 また、辛いこともたくさんありますが、素敵な先輩方や同期と楽しく仕事ができ、喜びを感じています。

学生さんへメッセージ

学生の頃、勉強や実習が大変で、何度も辞めようと思いました。しかし、実習で患
者さんと関わる中で自分の学んだことが活かされたとき、とても嬉しくやりがいを感じました。また、家族や先生、一緒に学んでいる仲間に支えられ3年間を乗り越えることができました。
今学んでいることは、必ず看護師になって活かされます。悔いのないよう、1日1日を大切に頑張ってください。たまには息抜きをして、体調に気を付けてください。

病院基本情報

問い合わせ先 独立行政法人国立病院機構 関門医療センター
 管理課 庶務係長
住所

752-8510
山口県下関市長府外浦町1-1 関門医療センター

地図を確認する

アクセス kanmonkangoshi@kanmon-mc2.hosp.go.jp

病院TOPへ戻る

資料
請求
インターン・
見学会申込
選考に
応募