関門医療センター

  • 所在地:山口県
  • 病床数:400床
  • 看護師数:420名
三交代 三次救急 寮・住宅補助あり 資格支援あり 退職金制度あり 奨学金制度あり 託児所あり マイカー通勤OK

「Innovation」「Community Link」「Learning&Training」 患者さま中心の『健康応援病院』に

先輩情報

救急看護認定看護師

認定看護師 福本 知子

  • 職歴(キャリア):2005年〜
  • 出身校の所在地エリア:山口県
  • 出身校:国立岩国病院附属看護学校
  • 所属診療科目:救命救急センター
認定看護師を目指した理由

救急看護をもっと知りたい、もっと極めたいと認定看護師を目指しました。
突然発症し救急医療を受ける患者さんに対し、看護師としてエビデンスに基づいた知識技術で看護を行うこと、そしてその家族の悲嘆に根拠をもって関わりたいと思い、認定看護師教育課程を受験しました。
一年間毎週火・水曜日に大阪に新幹線で通わせて頂きました。勤務を続けながら通学ができ、知識をすぐに臨床に活かすことができました。この一年間が私の基礎となり今の救急看護に活きています。

認定看護師としての役割

日々の看護実践を通して救急医療に関わる医師・看護師・コメディカル・救急隊員などの同じ目的に向かった全てのスタッフがチームとして協働して行くことが重要です。『自分一人でできる事は限られています。』適切でより良い医療を提供していくためにチームワークを大切に働きやすい職場で救急医療に従事しています。
地域医療の推進をはかるため、病院内だけでなく院外での活動に力を入れています。市内の病院や企業・小中学生とその保護者や教師を対象に出張講座を行い心肺蘇生法の普及に努めています。
また、当院では全ての職員を対象に心肺蘇生法の講習を行い、し、院内で倒れてもすぐに手を差しのべる事ができる体制を作る企画や指導を行っています。

認定看護師として活動

当院では事務職や栄養科、メディカルクラークほか全ての職員を対象に年に12回、心肺蘇生法の講習を行っています。行動レベルに訴えるために講義を行った後に実際にあった事例とその家族の声の動画を流しました。映像をみて涙を流す姿もあり、その後の実技では真剣なまなざしで技術を習得し、全員の行動レベルを得る事ができました。次の一歩へつなげることができる講義を行っています。医療職に対しては定期的なICLSコースを開催し、倒れている人にすぐに手を差し伸べる事ができる病院をめざし日々奮闘しています。

学生の皆さんへメッセージ

救急に興味がある方、一緒に働きましょう!!

病院基本情報

問い合わせ先 独立行政法人国立病院機構 関門医療センター
 管理課 庶務係長
住所

752-8510
山口県下関市長府外浦町1-1 関門医療センター

地図を確認する

アクセス kanmonkangoshi@kanmon-mc2.hosp.go.jp

病院TOPへ戻る

資料
請求
インターン・
見学会申込
選考に
応募