北九州市立八幡病院の採用情報

看護師・看護学生の就職情報サイト【マイナビ看護学生】トップ  > 九州の看護師採用情報  > 北九州市立八幡病院の採用情報  > 北九州市立八幡病院の概要・採用データ

北九州市立八幡病院

  • 病院所在地:福岡県
  • 病床数:350床
  • 看護師数:238名

八幡市民病院として1943年に開所。24時間質の高い医療を提供し、総合救急医療提供の柱となっています。

北九州市立八幡病院
  • "choice"すると、病院からパンフレットや見学会などの詳細が受け取れます。
北九州地区の小児医療・救急医療の中核を担っています
北九州地区の小児医療・救急医療の中核を担っています
明るい雰囲気の中でコミュニケーションを大切にしています
明るい雰囲気の中でコミュニケーションを大切にしています
病院データ
名称
北九州市立八幡病院
名称フリガナ
キタキュウシュウシリツヤハタビョウイン
病院種別
公的病院
設置体
市区町村立病院
病院の特徴
当院は1943年に当時の八幡市民病院として総合病院の役目を開始し、1963年に現在の北九州市立八幡病院として生まれ変わりました。
その後、1978年に九州で2番目の救命救急センターを併設、2003年には日本初の小児救急センターを開設するなど、名実ともに北九州地区の総合救急医療提供の柱となっています。
歴史のある病院ですが、医療提供においては常に新しい分野に視点を置き、その拡充に努め続けている新しい病院と言えます。
新しい地域医療をリードする挑戦心を礎石に、住民にやさしい、住民のための医療提供を心がけ、その実現のために働く職員のやりがいと職場環境の充実に力を入れています。
「私たちは、24時間質の高い医療を提供し、皆様に、安心、信頼、満足していただける病院をめざします」を基本理念に、更なる地域貢献を果たします。

《病院の特徴》
■小児救急センター
子どもの総合診療、特に救急医療の実践を目標とし、温かい医療と看護の提供を目指しています。夜間休日急患センターを併設しているため、子どもの初期救急医療から高次救急医療まで24時間365日対応可能です。
内科系危急疾患に限らず、事故・外傷・虐待などの危急疾患も、スタッフが初診から関わっています。小児救急認定看護師を中心に、小児救急トリアージによる迅速な病態把握と、その後の安定した治療・管理により、総合的な視野で子どもに効果的・効率的に対応できるよう努めています。

■救命救急センター
救命救急センターは九州で2番目の救命救急センターとして1978年に当院に併設されました。
開設以来、北九州市及び近郊の120万人を対象にした3次救急医療体制の中核施設として、地域の医療、安全に貢献するべく、多発外傷、心大血管疾患、脳神経疾患、呼吸器・消火器疾患、急性中毒などの重症患者を24時間365日受け入れています。ドクターカーも導入し、搬送時から医師が同乗しています。

平成30年12月新病院に移転します。
診療科目
内科、循環器内科、精神科、小児科、外科、呼吸器外科、脳神経外科、整形外科、形成外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、放射線科、救急科、麻酔科、歯科
開設年月日
1963年2月
病床数
350床
職員数
402名
看護師数
238名
院長
市川 光太郎
看護部長(総師長)
中山 八重
看護方式
固定チームナーシング(受け持ち制とチームナーシングの併用)
看護体系
一般病棟  10:1
外来患者数
533名(1日平均)
入院患者数
231名(1日平均)
看護科理念・方針等
■看護科理念
救急医療の中核としての役割のもとに、生命の尊厳・人間性を尊重したこころ温かい看護を提供します。

■看護科基本方針
1.笑顔で相手の立場に立った看護を提供します。
2.自己研鑽に努め、知識・技術の向上を図ります。
3.事故防止、感染予防に努め、安全な看護を提供します。
4.快適な療養環境を提供します。
5.地域との連携を図り、継続した看護を提供します。
6.病院の健全経営に参画します。
併設医療施設・認定修練施設
■併設医療施設
救命救急センター 小児救急センター 消化器・肝臓病センター 災害医療研修センター

■認定修練施設

臨床研修指定病院
日本内科学会認定教育関連病院
日本循環器学会専門医研修施設
日本心血管インターベンション学会研修関連施設
日本神経学会認定教育関連施設
日本糖尿病学会認定教育施設
日本消化器内視鏡学会認定指導施設
日本気管支学会認定施設
日本外科学会専門医修練施設
日本消化器外科学会専門医修練施設
日本胸部外科学会認定施設
日本呼吸器外科学会専門医制度認定施設
日本小児科学会専門医研修施設
日本脳神経外科学会専門医訓練施設
日本整形外科学会認定医研修施設
日本形成外科学会認定医研修施設
日本眼科学会専門医研修施設
日本泌尿器科学会専門医教育施設
日本耳鼻咽喉科学会認定専門医研修施設
日本麻酔科学会麻酔指導病院
日本医学放射線学会専門医修練協力施設
日本超音波医学会専門医制度認定施設
日本救急医学会認定医指定施設
日本プライマリケア学会認定医
沿革
1930年10月 旧八幡市の前田京町(現西本町)に八幡市立診療所として開設
1943年 3月 尾倉の釜蓋町に総合病院として「八幡市民病院」を新築
1945年 8月 空襲にて消失
1945年10月 東鉄町の市営産院を市民病院仮病舎に仕立て診療開始
1949年 4月 荒生田地区において仮病棟を造設し診療を再開
      「国民健康保険直営八幡市立病院」と改称
1950年12月 現在地で「八幡市立病院」として本体新築完成
1963年 2月 5市合併により、「北九州市立八幡病院」と改称
1978年10月 現在地に全面改築、救命救急センターを併設
1983年 3月 救命救急センター増築完成 病床400床
1990年 3月 手術室増築
1992年 4月 循環器科新設 心カテ室整備
1994年 7月 ドクターカー運用開始
1994年 9月 一般外来診療部門増改築
1995年 7月 第2夜間・休日急患センター オープン
1996年 1月 精神科新設
1996年10月 第2夜間・休日急患センター 新棟完成
1997年10月 呼吸器外科新設
1999年 5月 立体駐車場完成
2003年10月 小児救急センター併設
2008年 6月 救急ワークステーション開設
採用・待遇
雇用形態
正職員  
募集職種(取得見込)
看護師  
採用人数
30名程度
※変更となる場合があります。
応募資格
看護学生
選考方法
小論文、面接
提出書類
履歴書 成績証明書
初任給(モデル月収例)
基本給+主要手当

◆看護師
 約232,000円

※基本給:経験に応じて加算有
※夜勤は都度払いです。
準夜2,900円
深夜3,300円
※2018年4月実績
初任給(基本給のみ)
大卒 218,000円
短2 199,000円
短3 208,000円
手当
地域手当、住居手当、通勤手当。扶養手当、夜間勤務手当、夜間特殊業務手当
昇給・賞与
◆昇給 年1回(4月)
◆賞与 年2回(6月・12月) ※2017年度実績:4.4月/年
勤務地
北九州市八幡東区西本町4-18-1
勤務形態
1日3交代制(週38時間45分勤務)
日勤 8:30~17:00
準夜 16:30~翌1:00
深夜 0:30~ 9:00
休日・休暇制度
◆休日 4週8休制、祝日、年末年始
◆休暇 年次有給休暇(20日)、結婚・忌引・産前産後・夏季・ボランティア等の特別休暇、育児休業制度
福利厚生・加入保険制度
定期健康診断、人間ドック、健康相談・カウンセリングなどの健康維持事業、健康保険、各種保険
奨学金制度
退職金制度
保育施設
有:24時間院内保育所
被服貸与
看護宿舎
看護師寮
研修制度・教育制度
あり  看護の基礎から、看護の質の向上のための研修まで、内容は様々。
研修等の内容は、実状にあわせてより良いものへ改善しています!
専門・認定看護師の
就業状況
認定資格取得のため、教育課程への派遣制度があります。
研修費は病院で負担しますので、安心して研修を受講できます。

小児救急看護…3名
救急看護…3名
感染管理…1名
脳卒中リハビリテーション看護…1名
集中ケア…2名
皮膚排泄ケア…1名
がん化学療法…1名
摂食・嚥下障害…2名
認知症看護…1名
有給休暇取得日数
※前年平均
14.1日
女性管理職の割合 ※前年度
100%
平均勤続年数
12.5年
病院基本情報
採用問い合わせ先
北九州市病院局総務課人事係
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
TEL 093-582-3051
郵便番号
805-8534
住所
北九州市八幡東区西本町四丁目18番1号 北九州市立八幡病院
地図を確認する
アクセス
■北九州市立 八幡病院
 …JR「八幡駅」下車 徒歩5分。
 …西鉄バス「市立八幡病院前」下車、徒歩すぐ
URL
スマートフォン
画面URL

https://nurse.mynavi.jp/student/hospitals/outline/100031
外出先やちょっとした空き時間にもスマートフォンでマイナビ看護学生を見てみよう!
  • "choice"すると、病院からパンフレットや見学会などの詳細が受け取れます。
Copyright (C) Mynavi Corporation