米盛病院

先輩情報

ヘリ当番の日はフライトナースとして勤務しています

看護師 坂上

  • 職歴(キャリア):2007年〜
  • 出身校の所在地エリア:鹿児島県
  • 出身校:鹿児島医療福祉専門学校
  • 所属診療科目:内科/外科/呼吸器科/循環器科/消化器科/脳外科/整形外科・形成外科
米盛病院に入職を決めたきっかけは何ですか?

病院主催の見学会に参加し、院内や先輩方の雰囲気がとても良かったため、入職を決めました。

現在、どのような仕事をしていますか?

現在は、主に脳神経外科疾患の患者様が入院されている4階HCUに所属しています。
以前はERに所属しており、民間医療用ヘリ・ドクターカーでのプレホスピタル活動や、脳梗塞・脳出血・くも膜下出血・脳挫傷などで病院に搬送された患者様の初期治療に携わっていました。
現在は初期治療が終わった後の、脳神経外科の専門治療と急性期における全身管理を学びながら、ヘリ当番の日はフライトナースとして勤務しています。

フライトナースを目指したきっかけや経緯を教えてください。

フライトナースを目指す前に救急看護師を目指したきっかけは、看護師としての経験年数が増えていくにもかかわらず、急変患者の対応がスムーズにできていなかったため、幅広く知識・技術を身につけ、経験を積みたいと思ったことです。自らERへの異動を希望し、ERで初期治療を学びながら救急の面白さを知っていく最中、鹿児島県と当院がドクターヘリの補完協定を結ぶこととなり、所属長から「フライトナースをしてみないか」と声をかけていただきました。当初は不安な気持ちが大きかったのですが、さまざまな研修に参加するなかで、フライトナースとして活躍する方々の話を聞き、私もその方々のように多くの経験を積みたいと思ったことがフライトナースを目指したきっかけです。1年ほど先輩と一緒にヘリに搭乗し、経験を積み、晴れてフライトナースになることができました。

フライトナースになるために努力したことを教えてください。

今までは、当院の診療科における疾患や治療についての知識を深めていましたが、ヘリで向かった先の現場で携わる患者様は、自分が経験したことのない診療科の疾患をもつ患者様であることも多々あります。患者様の症状から、どのような疾患の可能性があるか、どのような初期対応が必要かなどを見極める必要があるため、診療科に囚われず幅広く学習しました。
また、現場では他職種との連携や臨機応変な対応が非常に重要です。日頃から積極的にコミュニケーションを取りにいくことや、現場でのイメージトレーニングをして臨機応変さを養うことを心がけています。

フライトナースの仕事をするうえで心がけていることはありますか?

自分が看護師だということを忘れないことです。医師が診療・処置をスムーズにできるよう補助することはもちろんですが、患者様やご家族の羞恥心に対する配慮や不安を軽減させるための声かけなど、看護師としてできることを考え、少しでも早くケアができるよう努めています。

フライトナースの仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

さまざま症例を経験し、学べるところです。
また、救急の現場では、消防士や警察官など多くの職種の方々が目の前にいる傷病者のために全力を尽くしています。その内の1人として関わらせていただき、患者様の命をつなげられた時は、とても嬉しく思います。

今、頑張っていること、目標としていることは何ですか?

今頑張っていることは、重篤患者の全身管理についての学習です。全身管理と言っても、一言では言い表せないくらい学ぶことは多くあります。フライトナースは、技術・知識はもちろんですが、患者様の状態からアセスメントし、全体像を把握する視野の広さが必要です。そのためにも、今まで以上に深いアセスメントを心がけていきたいです。

米盛病院に入職して印象に残っているエピソード、嬉しかったことがあれば教えてください。

ERでフライトナースをしていた頃は、現場で初期治療に携わった患者様が病棟へ移られた後、患者様と関わる機会はほとんどありませんでした。
現在は、フライトナースとして現場での初期治療に携わった患者様が4階HCUに入院された際に、「あの時の看護師さんだ」と覚えていてくださることや、患者様が無事に回復し、退院されていくところを見られることが働く喜びとなっています。

米盛病院の魅力、自慢できるところについて教えてください。

自分のやりたいことや目標をサポートし、実現させてくれる環境であることです。

看護師を目指す学生の皆さんにメッセージをお願いします。

看護師は責任のある大変な仕事ですが、とてもやりがいがあります。看護師になって十数年経った今でも、この仕事に就いて良かったと思っています。今は国家試験に向けて机上での学習や実習など大変なことも多くあるかと思いますが、気持ちを強く持って頑張ってくださいね。一緒に働くことができる日を楽しみ待っています。

病院基本情報

問い合わせ先 人材開発室
TEL/099-230-0114(直通) 099-230-0100(代表)
FAX/099-230-0101
E-mail/jinji@yonemorihp.jp
住所

890-0062
鹿児島県鹿児島市与次郎一丁目7-1 米盛病院

地図を確認する

アクセス 【バスでのアクセス】
 ●鹿児島中央駅からお越しの方
 〈市営バス〉16番線 鴨池港・文化ホール線「与次郎一丁目」下車
 〈鹿児島交通〉32-1番線 鴨池港行 「共月亭・米盛病院前」下車
  ※所要時間:約15分

 ●鴨池港からお越しの方
 〈市営バス〉16番線 鴨池港・文化ホール線「与次郎一丁目」下車
 〈鹿児島交通〉32-1番線 天文館・金生町行「共月亭・米盛病院前」 下車
  ※所要時間:約10分

【市電でのアクセス】
 〈市電1系統〉「荒田八幡」下車 徒歩15分

【お車でのアクセス】
 ●高速道路をご利用の方
  鹿児島ICで降り、与次郎方面に約15分。
  フレスポジャングルパーク前

 ●市街地からお越しの方
  与次郎 フレスポジャングルパーク前
URL

インターン・見学会/選考の一覧

病院TOPへ戻る

資料
請求
インターン・
見学会申込
選考に
応募