昭和大学附属病院

合同募集 採用窓口

  • 所在地:東京都
二交代 三次救急 寮・住宅補助あり 資格支援あり 退職金制度あり 奨学金制度あり 託児所あり マイカー通勤OK

1.あなたにとって『生涯をかけてやりがいのある仕事』にするお手伝い 2.日本一のチーム医療を目指して 3.組織横断的な活動ができる107名の専門・認定看護師

先輩情報

インターンに参加して、当院を志望する決め手に!

看護師 佐藤 晃穂  

  • 職歴(キャリア):2016年〜
  • 出身校の所在地エリア:東京都
  • 所属診療科目:消化器科/腎臓・泌尿器科/整形外科・形成外科
現在のお仕事について教えてください

わたしの勤務している病棟は、整形外科をはじめとした消化器、泌尿器、化学療法等を含む混合病棟になっています。入職してから半年が経ち、独り立ちに向けて先輩方から知識・技術を吸収し、日々自己研鑽しています。はじめは混合病棟ということで、様々な疾患を抱える患者さんに対して各々に沿った看護ができるのか不安な面もありましたが、今では多方面から学ぶことのできる良い機会になっています。

今まで仕事をやってきた中で、特に印象に残っているエピソードや嬉しかったこと、苦労したことは何ですか?

手術を受けた患者さんが回復していく過程で、「あの時(手術直後)はワガママ言っちゃってごめんね、でもあなたのお陰でここまでよくなれた。」という言葉を頂いた時は、看護師として関わることが出来たのかなと感じました。整形外科では、患者さんの手術前から手術後、退院するまでの回復していく過程を身近に感じることができます。頑張っているのは患者さんなのですが、その姿をみてわたしも改めて看護師となって良かったと思った出来事でした。

仕事をするにあたって心掛けていることは何ですか?

初心を忘れないことです。入職して半年が経ち、受け持ち患者さんの人数も増たことで、どうしても業務に手一杯になってしまうことがあります。しかし、看護をしていくうえで患者さんと看護師の関わりを一番大事にしなければならない点だと実感しています。学生時代の実習のように1日中患者さんに付き添い、看護を考えるということは難しいですが、患者さんとケアの時間を作れるように今後さらに工夫して調整していかなければいけないと思っています。

貴院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

教育体制の充実と病棟や先輩方のとてもよい雰囲気がインターンに参加してわかったので、志望する決め手になりました。入職後はさまざまな看護に関する講義を受け、その後3回の技術チェックに合格して、初めて患者さんへ技術を提供しています。そのため確実な知識と技術を習得することが出来ています。院内研修も豊富なため、入職当初のまだ何から勉強を始めたらいいかわからない新人の私にとって、基礎から学べるとてもよい機会となりました。また、入職から半年間はフォローの先輩が必ずついてくださるので、自分の不足している視点などを場で指導してくださり、勤務中にも多くの学びがあります。10月まで新人は新人バッチをつけているので、その頃にインターンに参加すると自分が新人になるイメージがしやすいと思います。ぜひ一度インターンに参加してみてください。

当面の目標を教えてください

入職して半年のためまずは決められた業務を確実に行い、そしてそのなかで患者さんと関わる時間を増やしていきたいと考えています。入職当初より受け持ち患者さんの人数も増えたことで、どうしても業務に追われてしまい、患者さんとの時間が少なくなってしまっている時があります。まだまだ自己研鑽中ではありますが、柔軟な思考をもって臨機応変に対応し、患者さんとの時間を増やしていくことが今後の目標です。

将来の夢(仕事上・プライベート)を教えてください

混合病棟であることからも、様々な視点を持って患者さんと関われる看護師になることです。今は大枠な夢ではありますが、さまざまな患者さんを知り、多方面からの知識と視点を習得していく過程で、自分がさらに疑問に思うことや興味が沸くものを見つけていきたいです。その事柄に対して深く追求していけたらと思っています。当院には専門看護師や認定看護師も多い病院であり、参考にしていきたいと思っています。

学生の皆さんにメッセージやアドバイスをお願いします

学生の時は自分が看護師になるということをなかなか想像できませんでした。国試勉強や実習と卒業するまでにも大変なこともたくさんあると思います。看護師になってからも大変そうだな、と思う方もいるかもしれません。しかし、患者さんや家族からの感謝の言葉だったり、自分の努力が直接自分に返ってくるとても充実感のある仕事だと実感しました。わたしはもともと勉強に積極的に取り組まないタイプだったのですが、実習の時の指導者さんなど、身近な目標とする看護師がいることで、国試勉強が捗りました。国試直前に焦るより、落ち着いてコツコツやることがとても大事だと思います。わたしは国試前に焦ったところもあり、コツコツやっておけばよかったと今でも思っています。でも、学生時代にしかできないこともあるともいます。息抜きはとても大事です。今でも大学時代の友達や同期とご飯に行くことはとても大きなリフレッシュになっています。そのリフレッシュがあるからこそ、仕事を頑張ることができています。ONとOFFをしっかりつけてみるのも一つの方法だと思います。無理しすぎず、頑張ってください!応援しています。

病院基本情報

問い合わせ先  昭和大学 統括看護部 
        採用担当 山口
 〒142-8555
  東京都品川区旗の台1-5-8
  フリーダイヤル:0120-703-831
          03-3784-8646
住所

142-8555
東京都品川区旗の台1-5-8

地図を確認する

アクセス 東急池上線・大井町線「旗の台」駅徒歩3分
東急目黒線「西小山」駅徒歩10分
URL

病院TOPへ戻る

資料
請求
インターン・
見学会申込
選考に
応募