神奈川県立がんセンター

合同募集
採用窓口「地方独立行政法人神奈川県立病院機構」

  • 所在地:神奈川県
  • 病床数:415床
  • 看護師数:505名
二交代 三次救急 寮・住宅補助あり 資格支援あり 退職金制度あり 奨学金制度あり 託児所あり マイカー通勤OK

“私らしく 輝ける場所”二人にひとりががんになる時代。「がん看護」は看護の必須項目です。基本的な看護実践から、専門的な看護まで学ぶことができます。

合同募集

地方独立行政法人神奈川県立病院機構 合同募集 採用窓口

●問い合わせ窓口

以下の病院は「地方独立行政法人神奈川県立病院機構」へお問い合せください。

概要・採用データ

がんセンターの教育体制のご案内…

3S病棟 夜間緊急入院に対応しています

外来 化学療法室のカンファレンスです

7W クリーン病棟

看護教育科

病院データ

病院名 神奈川県立がんセンター
病院種別 公的病院(国家公務員、独立行政法人、赤十字等)
病院の紹介 横浜にあるがん専門病院。
都道府県がん診療連携拠点病院、神奈川県がん診療連携指定病院。
平成25年11月に新棟に移転しました。治療環境・療養環境・職場環境も充実し、長く働き続けられる病院です。
≪治療環境≫がん治療は、手術療法・放射線療法・化学療法の3本柱。最新の医療設備と、専門医の卓越した医術を提供しています。重粒子線治療施設を併設したがんセンタ-は世界初。
≪療養環境≫病棟は、一般病棟、無菌病棟、緩和ケア病棟、HCUがあります。一般病棟は、個室10室、大部屋10室(4人床)の50床。ベッド間隔にゆとりがあり、隣の患者に影響することなく車椅子移乗ができます。各階にディルームがあるほか、コンビニ・レストラン・コーヒーショップもあります。
≪職場環境≫看護師の平均年齢35.6歳。看護師経験は、0~3年32.4%・4~10年21.6%・11年~20年20.5%・20年以上が各25.1%とバランスよく構成されています。夜勤体制は、変則2交代(10病棟)で、病棟の状況に合わせた選択をしています。休日は週休完全2日。休暇は、年休、夏季休暇、慶弔休暇、産前産後休暇、育児休暇などがあります。敷地内に保育園があり、24時間保育を実施。病院から徒歩5分のところに独身寮があります。ワンルームマンション形式のフローリング8畳、風呂・トイレは別。月額利用料13,700円と、福利厚生が充実しています。
≪教育体制について≫
キャリア形成・支援システムがあり、クリニカルラダーを取り入れ、新人からベテランまで5段階で看護師像と到達目標を表しています。クリニカルラダーに沿った院内研修があり、そのほか院外研修・学術集会の参加など勤務時間扱いで受講できます。
新卒新採用者はプリセプターに、既卒採用者はフォローナースに、身近な相談から専門知識に至るまで幅広い支援を受けることができます。自己のペースに合った指導内容やペースで、セクション全員から支援を受けられます。
診療科目 呼吸器内科 呼吸器外科 消化器内科 消化器外科 循環器内科 形成外科 脳神経外科 婦人科 皮膚科 泌尿器科 リハビリテーション科 麻酔科 歯科口腔外科 東洋医学科 病理診断科
精神腫瘍内科、放射線治療科、乳腺内分泌外科、緩和ケア内科、がんゲノム診療科、頭頸部外科、骨軟部腫瘍外科、免疫療法科(がんワクチンセンター・免疫センター)、糖尿病内分泌内科、血液内科
開設年月日 昭和38年(1963年)4月(神奈川県立成人病センターとして開設、昭和61年4月にがんセンターに改名)
病床数 415床
職員数 1067人
看護師数 505人
院長 中山 治彦
看護部長(総師長) 齊木 由紀子
看護方式 チームナーシング及びプライマリーナーシング 一部PNS®
看護配置基準 7:1看護体制
外来患者数 約1006人/日
入院患者数 約375人/日
私らしく 輝ける場所 すべての看護師が看護の計画・実施・評価に関わるようにしています。毎日30分程度のチームカンファレンスを行い、看護の評価だけでなく、私たちが困っていることの話し合いも行っています。この時、ベテラン看護師からの奥深い患者さんの理解のしかたやアドバイスは、若い看護師の成長に大きくつながっています。
 当センターはチームナーシングと受け持ち看護制を併用しています。受け持ち患者さんについてじっくり考え、関わり、より個別性のある看護を提供できるように努力しています。がんと向き合う患者さんやご家族とのかかわりの中で、教えていただくことは多く、生きることについて、死生観について、真剣に考える機会を多く持ちます。看護師同士だけでなく医師ともその患者さんのことについてディスカッションしていくことで、もっといい看護がしたいという動機、看護のやりがいにつながっています。
看護局長からのメッセージ 「がんと共に今を生きる患者に寄り添い、その人らしさを大切にした最良の看護を提供します」を看護局のミッションにしています。
実践を通して成長できる素敵な仕事です。私たちと一緒に看護を語り、寄り添う看護を実践しませんか。学び舎キャリアをサポ-トします。
看護教育について 「がんと向き合う患者さんに寄り添う」そのためにはフィジカルな知識や技術が必要です。また人を全人的にとらえる力も必要です。継続教育では、このように、知識、技術、アセスメントする力、人を全人的にとらえる力、そういうことに段階を追ってステップアップできるような支援をしています。看護の基礎をしっかりと学べる環境です。

採用・待遇

雇用形態 正職員
募集職種(取得見込) 看護師
採用人数 40名程度(既卒含む)
募集対象 ・昭和38年4月2日以降に生まれた人で、看護師免許を有する人

・または、看護師国家試験で当該免許を取得見込みの人
 ただし、看護師国家試験の結果、免許を取得できないこととなった人は採用されません。

・夜勤を含む交代制勤務が可能な人
募集学部 看護系学部・学科
応募・選考方法 作文試験(1時間 600字程度)、人物試験(個別面接)
※応募時に希望病院を記載していただき、これを考慮して選定します。
 合格発表時に配属病院をお知らせします。
提出書類 次の書類をそれぞれの試験の締め切り日までに提出して下さい。
・採用試験申込書(受験案内に添付)
・必要書類(卒業(見込み)証明書、成績証明書等)

※詳細は、神奈川県立病院機構HPに掲載する受験案内をご確認ください。
初任給 2020 年 4月 実績
条件 合計 基本給 諸手当(一律)
専門学校卒(3年課程) 271,900円 232,600円 39,300円
大学卒(4年課程) 282,800円 243,000円 39,800円
専門学校卒(2年課程) 225,488円 192,400円 33,088円
諸手当内訳:諸手当内訳:地域手当(基本給×12%/月)、初任給調整手当(新卒の場合10,000円/月)
手当 ・夜間勤務手当(都度支給)
 例)月に夜勤回数8回(準夜勤4回+深夜勤4回)の場合、夜勤に係る手当額は約40,000円/月となります。
・住居手当(上限28,500円)
・通勤手当
・扶養手当
・時間外勤務手当
・専門看護手当(専門看護師月5,000円、認定看護師月3,000円)
昇給・賞与 ・昇給:勤務成績に基づく年1回の昇給(毎年1月)
・賞与:年2回(6月・12月)/年間4.45カ月(4月採用の場合2.89カ月)
 ※令和2年度実績
勤務地 神奈川県横浜市旭区中尾2-3-2
相鉄線「二俣川駅」から徒歩15分
無料送迎バス「二俣川駅」との間を往復
勤務形態 二交代制
○二交代制
・日勤  08:30 ~ 17:15(休憩1時間)
・ロング日勤  08:30 ~ 20:30(休憩1.25時間)
・夜勤  19:00 ~ 09:00(休憩・仮眠2時間)

※病院・病棟の状況により異なります。
4週間単位の変形労働時間制(週平均40時間以内)
休日・休暇制度 4週8休制

・祝日及び年末年始は休日(勤務した場合は別の日が休日)
・年次休暇(有給)20日/年(4月採用の場合15日)
 ※毎年1月1日に付与され、未取得分は繰越可能です。
・その他夏季休暇(5日)、産前産後休暇(8週間)、慶弔休暇 等
福利厚生・加入保険制度 地方職員共済組合、地方公務員災害補償基金、 雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険
(雇用保険に加入するほかは、基本的に神奈川県の公務員と同じ制度です。)

共済組合が行う各種給付制度や貸付、保養施設の利用等が可能。
退職金制度 あり
保育施設 あり / 
1歳から小学校就学前まで利用可能です(6時30分~22時00分)。
※夜勤帯においては、週2回程度の24時間保育を実施しています。
被服貸与 あり / 
クリーニング代は病院負担します。
看護宿舎 あり / 
対象は単身者のみ。月額使用料13,700円。所有物件のほか、近隣に賃借物件があります。
研修制度・教育制度 あり / 
日本看護協会「看護師のクリニカルラダ-」を組み入れて、「がんセンタ-キャリアラダ-」を改訂しました。がんセンターにおける、キャリア形成・支援システムとして集合、OJTで運用しています。
自己啓発支援 あり / 
日本看護協会の専門看護師、認定看護師、認定看護管理者の育成を推進し、多くのスペシャリストが臨床現場で活躍しています。
また、教員・教育担当者養成課程や助産師養成課程を派遣職員として1年間にわたって受講できる制度もあります。
メンター制度 あり / 
臨床心理士による定期的なカウンセリング及び、精神看護専門看護師によるカウンセリングを実施しています。
キャリアコンサルティング制度 あり / 
看護科長による、キャリアカウンセリングを年3回実施しています。
院内検定制度 あり / 
看護必要度評価者試験
看護師が行う静脈注射試験
専門・認定看護師の就業状況 専門看護師
・がん看護 9名
・精神看護 2名

認定看護師
・集中ケア 2名
・皮膚、排泄ケア 4名
・緩和ケア 4名
・感染管理 1名
・がん性疼痛看護 6名
・乳がん看護 3名
・手術看護 1名
・がん放射線療法看護 1名

認定看護管理者 3名
有給休暇取得日数※前年平均 8.6日(法人全体)
育休対象者および取得者数(男性/女性)※前年度 0名/19名(令和2年10月現在)
新卒採用者数と離職者数※過去3年間 新卒採用者
・令和 2年度 38名
・平成31年度 44名
・平成30年度 58名

離職者数
・令和 2年度 1名
・平成31年度 3名
・平成30年度 6名
新卒採用者数(男性/女性) ・令和 2年度 男性:1名 女性:37名
・平成31年度 男性:3名 女性:41名
・平成30年度 男性:3名 女性:55名
平均勤続年数 7.7年(2020年10月現在)
平均年齢 35.6歳(2020年10月現在)
前年度の採用実績数 42名(令和2年度実績)
採用実績校 神奈川県立よこはま看護専門学校、神奈川県立平塚看護専門学校、神奈川県立保健福祉大学、横浜市立大学、相模原看護専門学校、神奈川県立衛生看護専門学校、厚木看護専門学校、横浜市病院協会看護専門学校、横浜市医師会保土ヶ谷看護専門学校、横浜市医師会看護専門学校、武蔵野大学、昭和大学、北里看護専門学校、北里大学、高知県立大学、慶応義塾大学、県立広島大学、東海大学、新潟県立大学、東北福祉大学、聖マリアンナ医科大学看護専門学校、東京医療保健大学、東京女子医科大学、東京医科歯科大学、青森県立保健大学、帝京平成大学、岩手県立二戸高等看護学院、千葉医療センター千葉看護学校、医療法人立川メディカルセンター晴麗看護学校、関東学院大学、神奈川工科大学、山梨大学、山梨県立大学、長野県立看護大学、国際医療福祉大学、高知病院附属看護学校、新見公立大学、湘南医療大学、金沢大学、聖路加国際大学、札幌市立大学、福島県立大学、熊本看護専門学校
問い合わせ先 直接神奈川県立がんセンター看護教育科へお電話下さい
最新情報 ホームページをご確認下さい

病院基本情報

問い合わせ先 神奈川県立がんセンター看護局 看護教育科
住所

241-8515
横浜市旭区中尾 2-3-2

地図を確認する

アクセス 相鉄線「二俣川駅」から徒歩15分
無料送迎バス「二俣川駅」との間を往復
URL

病院TOPへ戻る

採用窓口を確認する

【採用窓口】地方独立行政法人神奈川県立病院機構