実習悩み相談室 こんな時、あなたならどう考える?

看護学生にとって自分の看護観を形作る重要な時間が「看護実習」。
とくに臨地実習では誰もが苦労や挫折を経験するようです。

この連載は実習での起こったトラブルとその対処方法を紹介します。
いま、この記事を読んでいるあなたならどう考えますか?たくさんの意見の中から自分なりの看護を考えてみましょう。

対看護師さん編 CASE4 病棟スタッフとのコミュニケーションに困りましたY(専門学校2年生)

病棟スタッフとのコミュニケーションに困りました

挨拶をしても返されない、話しかけても嫌そうな顔をされる、無視されるなど、病棟スタッフとのコミュニケーションに困りました。

病棟担当の私の学校の教員に相談したりもしましたが、解決せず、「もうここは自分で乗りきるしかない!」と覚悟を決め、嫌な顔をされようが自分から病棟スタッフの方にどんどん質問にいきました。

ただ、その質問が私の勉強不足からくるものだったときは、「どうしてそんなことも知らないんだ」ということを言われてしまったこともありました。

でもそのおかげで、次は言われないようにと家で必死に勉強してから病棟へ行き、また質問する、ということをしつこく繰り返し、頑張りました。

どうやって乗り切ったか

家での勉強が実を結びました!

努力が実って、だんだんやる気だけは認めてもらえるようになりました。

それに、最後の病棟反省会では、「その調子で立派な看護師になってください」と言っていただくことができました。

結果私は、受け持ち患者の疾患、症状、それに対する援助については詳しくなり、それはその後の自信にもつながっています。

また、この経験からメンタルも強くなりました!

多くの考えが挙がるとより参考になる! 匿名でつぶやいてみよう!(200文字以内)

みんなのつぶやき

私は無視されるとやっぱり辛いですが今は看護師さんも忙しかったのかもとか、声が小さかったのかなと思い込んで後でグループの子に話を聞いてもらいます。みんなで辛いことを共有できるだけで少しはすっきりしますよ。あと、どんなに無視されても辛い中で笑顔で接することができたら自分を褒めますね。

どんな時も笑顔と元気!あとは、今お時間よろしいですか?と、毎回聞きながら頑張って実習乗り切ってる最中です!

ポジティブシンキング!!!!

実習は修行だと思って耐えました。辛かったけどその緊張感があるから身に付くことが沢山あります。看護師さんも自分の業務をミスなくこなすのに集中してるから余裕ない人も結構います。とにかくさわやかにポジティブに笑顔で接しましょう!この子は元気がよくて可愛いと思われるくらいになると楽になれますよ!素直に学びたいと思えばその姿勢や想いは必ず相手に伝わります。

とりあえず挨拶はかかさない。

ご質問ありがとうございます。

Yさん、あなたは本当に強い!! よく頑張りましたね。

実習中は、病棟の看護師さん、医療スタッフの方々とのコミュニケーションが、時に看護計画よりも悩みの種になります。「挨拶を返してくれない」「質問しても露骨に嫌な顔をされる」「目を見て話くれない」「無視されてしまう」などなど。それらのことに悩む学生さんは本当に多く、実習に出ることが怖くなったり、質問れても萎縮してうまく答えられなくなってしまうケースも多くあります。

では、自分ではしっかりやっているつもりなのに、なぜそんな風にされてしまうことがあるのでしょうか?

たとえば、今回のようなケースは、患者さんを把握しようと一生懸命であるのに、はじめのうちは勉強不足でYさんはポイントが見えていませんでした。質問することはとても大切なことですが、まずは質問内容を事前に勉強してからその内容を補うための質問をしていれば、もっと快く教えていただけたかもしれません。

もちろん、できる限りのことを勉強し、実習に出ているはずですが、質問に答えられなかったり、根拠を理解していなかった場合、聞こうとしていた質問内容や何を一番聞きたかったのかわからなくなることなどありませんか? そして、それがわかるのは客観的に自分の言動、行動を振り返ったときなのです。

Yさんは、その悔しさをバネに勉強したからこそ、認めていただけたんだと思います。とても素晴らしいと思いますよ。

また、慌しく業務をこなす看護師さんや医療スタッフの方々への質問は、タイミングも重要です。「今なら大丈夫かな?」と思っても、看護師さんにしてみれば業務を止めてしまうことになりますから「自分だけではなく、周りを見る目」「配慮するタイミング」が必要なのです。

これからも臨床ではさまざまな人間関係があると思います。ですが、前向きに自分を見直すこと、そして努力を惜しまなければ、見てくれている人には必ず伝わります。

頑張ってくださいね。応援しています。

プロフィール

ナースいぶき

南国出身。看護学生時代は学費捻出のため、バイトに明け暮れる毎日。 (恥ずかしながら追試が多かった…(^_^;))
就職後、内科、循環器など、数々の科を経験。現在、仮面ライダーにハマっている夫、泣き虫な4歳の息子、おてんばな2歳の娘、おばあちゃん猫(♀)と暮しながら育児とナース、医療ライター業をこなすパワフルアラフォー。

バックナンバー

対患者さん編
対看護師さん編
対チームメンバー編
その他編